2007年05月18日

ひとくぎり

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

さて、突然なのですが、
このブログ、ひとまず、ここでひとくぎりにしようかと思います。
ひとくぎりといっても、やめるということではありません。

ほんとうのことをいえば、
この春くらいからずっと考えていたことでした。
迷って、迷って、どうしようかと思ってきたのですが
ダディさんの両親の法事を終えて、なんだか気持ちに区切りがついたみたいなので、大切な皆さんにお話しすることに決めました。

ここを始めたのは、去年の1月のこと。
一昨年の夏に、ダディさんのお母さんが亡くなって
介護を終えてできた時間で始めたことでした。
今までの天然家のことを含め、母の絵手紙を紹介したいという気持ちもありました。

母の絵手紙は、晩年の母の生きがいみたいなものでしたが
私はそれをずっと素敵だと思ってきました。
そして母なきあと、もっとたくさんの人に見てもらいたいと思ったのです。
母は、脳梗塞で倒れてからは、外に思うようにでかけることもままならず、そこでやっとみつけた楽しみ。それが絵手紙。
ちょうど家族のためだけに生きてきたような世代の母たちですが
これからやっと自分のために楽しむときだという頃に倒れてしまい、
結局ひっそりと家で過すことが増えた晩年、
だからこそ、母が存在したことを、そしてひとつひとつに想いをこめて描いた絵がここにあることを、もっとみんなに知ってもらえたらと思いました。
そんな絵手紙の紹介も、今回でひとくぎりしたように思います。
まだあるのですが、少し整理しないとなりません。

そしてちょうどまりもの大学受験の頃でもあったブログ開始時
母娘のぶつかりや、迷いもありました。
そんなまりもも、最近はすっかり大人になり、スマイリーもどんどん親離れしています。
これからは、少し自分と向き合っていきたいなぁと思っていた矢先
実は冬の仕事の暇な時期をみはからって受けた市の癌検診で
要精密検査の結果がでてしまったのです。
ここで心配されるといけないので、結論からいいますが
精査の結果はセーフでした。

ただ検査の性質上、再検査まで一ヶ月以上間を空けなくてはならず
宙ぶらりんの、ちょっと不安な待ち状態の時期がありました。
でもここで何か言えば、みんなに無駄に心配をかけてしまうので
結果が悪いものだったら、仕方ないので報告せざるを得ないなぁと思いつつ、それまでの自分の心の行き所として
ひとり言のつもりで始めたブログがあります。
誰に見られなくてもいい、むしろ見てもらいたくないと思って書いたものですが、次第に昔の自分と向き合う場所になっていきました。

ずっと以前から、幼い頃からの自分のこと、父や母のこと、祖母のこと、そして恋の話しなど書いてみたいと思いつつ
どこから手をつけていいやらということがあったのですが
たまたま始めたブログが、気がついてみれば
ある意味、ちょっとした自分史みたいになっていることに気づきました。

ちょうど私も、あと一年とちょっとで半世紀生きてきたことになってしまいます。
そろそろ、これからは自分のために、自分のやりたいことに向かって
好きなことからはじめてみてもいいかなぁと思ったりしています。

そしてひとくぎりついたことで、いったんここを閉めようかとも考えたのですが、やっぱりここが可愛くて、とてもやめられそうにもないということに気づきました。
ゆる子は、私の分身というか、私そのものであり、
家族のもろもろが、愛おしい日々がたっぷりつまっています。
そしてここを応援してくださるたくさんの方と出会った大切な大切な場所なんです。
そしてコメントこそなくても、毎日のように開いてくださっている方も思いのほか多いのです。

そんな私の大切な方たちへのメッセージだから正直にお話しますが
今現在、仕事をしながら、二つのブログを書いていくということが
かなりしんどくなってきました。
とはいっても、ここでも伝えていきたいことはまだまだあります。
もうひとつのブログが自分へ向かっていくブログなら
ここは家族と私のブログ、母として、妻としての元気な私がいる場所です。
もうひとつのブログもご紹介できればいいのですが、まだまだ未完成
未熟のかたまりみたいなものなので。。
どちらがほんとうで、どちらが嘘ということもありません。

ただこちらがひとくぎりついたような気持ちになっているということだけです。

そこでとうぶんのあいだ、ここは子供達のことや、下町散策いがいは
もうひとつのブログからの一部転載や、詩や短い文章などの
変則的なアップにしていこうと思います。
コメントのつけにくい内容になることもあるし、たくさん更新したりしばらくあいたり、
超マイペース超身勝手な更新になると思います。
ゆえに、しばらくのあいだ、コメント欄を閉じさせていただくことにしました。
ほんとうに勝手なことばかり言ってごめんなさい。
そう決めるまで、かなり、かなり悩みました。
私にとって、それほど大きな存在になっているここです。

そして皆さんからの温かなコメントが、どれほど私の励みになってきたかと思うと、そこを閉じるということは身を切られるような思いなのですが
不器用な私は、あっちこっち手一杯になってしまうんです。

身勝手ついでに少しゆっくりして、読みたい本を読む時間を作ったり
少し早めに寝るようにしたりして充電期間にあてる決心をしました。

今までにいただいたり、お返事したりしたコメント総数が2459。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。
私の大切な宝物です。

そして、ゆる子がいなくなったわけではないので
皆さんのところへも、遊びに行きます。
ここもたまに開いてみてくださるとうれしいです、
今までと違った私も発見してくださるかもしれません。

私にコメントをくださる皆さんは、ほとんど年下のお友達ばかり。
皆からいただいた元気は山ほどです。
そして誰もが大切な人であり、いつも応援しています。
今回は困った姉さんの我がままと思って許してください。
きっと寂しくなって、今夜は泣くかもしれません。
すぐに我慢しきれなくて、
コメント欄来月はついているかもしれません。

でも、今はとりあえず、ひとくぎりです。
ちょっぴりゆっくりします、
ほんとうにありがとうございました。



posted by ゆる子 at 21:53| ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

HOME ふるさと

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

週末にTSUTAYAに行って

アンジェラ・アキの 「サクラ色」 を借りてきました。

352.jpg

前から好きな曲だったのですが

3月の末にNHKで放送された 「春うた2007」 で

ピアノのみで歌われた 「サクラ色」 に、

すっかり魅せられてしまいました。

そして借りてきたCD。カップリングの曲も数曲あったのですが

その中で最後に収録されていたのが

2005年のデビュー曲、 「HOME」 のピアノバージョンです。


この曲がいいんです!

ボーナストラックなのですが、

ピアノだけのアコースティックな伴奏で歌いあげるアンジェラから

ふるさとへの想いが伝わってきます。

アンジェラ・アキは、父は日本人で母はイタリア系アメリカ人。

小学生時代を徳島県で過ごし、今も徳島弁で話したりしますが

15歳の時ハワイへ移住し、2004年に日本に帰国するまで、

アメリカ・ワシントンD.C.に住んでいたそうです。

この 「HOME」 は、そんなアンジェラのふるさと徳島への想いが

込められているそうです。


そして、この「HOME」と「サクラ色」歌詞とメロディが

一部重複しているのを私は今回初めて知りました。

サクラ色の中で出てくる

ふるさと
心の中で今でも優しく響くよ
そんな歌が聞こえる


というワンフレーズと

「HOME」に繰り返しでてくる

ふるさと 心の中で 今でも優しく響いてる


ここがリンクしています。

「サクラ色」は、ワシントンD.C.にいたときの、

ポトマック川の桜並木に寄せる思いもあるようですが

そこに日本のふるさとの桜も重ねているのだと思います。

いかにアンジェラが

ふるさとにこだわり、愛していたかがここからもわかります。

353.gif


ふるさとって何だろうと、考えてみました。

私にとってのふるさとは、もちろん一歳の時から住み親しみ

両親や祖母、友達との思い出がたくさんある

この地のことであると思っていますが、

思うに、ふるさとって離れてみて、はじめてありがたさや

大切さが身にしみてくるような気がするのです。

室生犀星が抒情小曲集に書いたように

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」が原点のような気がします。

そういう意味では、私にとっての大事な心のふるさとが

もうひとつあります。


それが北海道。

父が生まれ、母が生まれ、祖父母たちが生きてきたところ。

何度も訪れた北海道は、いつも優しく迎えてくれて

不思議なことに、行くというよりも、

帰ってきたという気持ちにさせてくれるところなのです。

青函連絡船や飛行機から北海道の地が見えてきたとき

なんともいえぬ懐かしさを感じ、

そして離れるときは寂しくて、離れがたくて。。

とくに母が生まれた静内をどうしても訪ねたくて

思い切って一人旅をした時は、帰りの列車で

車窓の左に広がる、深い藍色の海を見ながら

ぽろぽろと涙がこぼれてしまいました。

これは間違いなく、父や母から受け継がれたDNAが

ここは、ふるさとなんだよと教えてくれているようでした。


アンジェラの「HOME」を繰り返し聴きながら

そんな北の大地を想っていました。



イラスト mattarihonnpo



posted by ゆる子 at 07:18| Comment(14) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ももよ先生

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

まりもが大学の専攻別の新入生歓迎の合宿にでかけました。

まりもはしおり係、春休みずっと準備にとりかかりながら

自分なりに感慨深いものがあったのでしょう、

「早いな〜 もう新しい一年生がくるんだよ。。」

ほんと、この合宿に

「友達できるかなぁ」

と不安顔ででかけた一年前が、ついこのあいだのことのようです


そして、スマイリーも一昨日から新学年始業式。

これまたクラスはわかっているものの

「わぁ 担任誰だろ 去年良すぎたからなぁ。。」

と言いながらでかけていきました。

高2にもなって、今さら担任誰だろうもないと思うのですが

一年の時の担任の先生が、まだ25歳の熱血先生で

初の担任もちのせいか、すっごく張り切って

仲のいいクラス作りに熱心に取り組んでくださいました。

そんなのウザイとか言う子もいたことはいたらしいのですが

スマは大好きな先生だったのです。



帰ってきたスマイリー、

「新しい担任、数学科の先生、かすティーだよ!よかった〜」 

ちなみにこの「かすティー」というのは

名前の上をとって、ティーチャーということらしいです。

たとえば鈴木先生だったら、すずティーみたいな

最初に聞いたときはカスの先生という意味かと思い

なんて失礼な!とびっくりしました(笑)



そして新しい先生といえば、なんといっても

桜咲いたら一年生♪ の小学生ですよね〜

どんな先生になるのかぁと、子供たちは

どきどきしながら学校の門をくぐるのでしょうね。

みなさんのブログでも、新学期、新入学、新しい先生などの

お話を読ませていただきながら

私も一年生の時の大好きだった先生を思い出していました。


若くて美人の、ももよ先生。

可愛らしいでしょ^^

でも可愛らしいというよりは、美人系。

肩までの髪がいつもきれいにカールして

ほんとうに桃色というか、桜色みたいなイメージでした。

いちばん印象に残っているのは

入学したての最初の挨拶のときに

「学校では、私が先生であり、みんなのお母さんでもあります。
 だから何でも言って、甘えてくださいね
 でも、悪いことをした時は、厳しく注意もしますよ」

みたいな話をされたことです。

わ〜こんなきれいな人が学校ではお母さんだなんて♪

もう天にも昇るような気持ちでした。

その言葉どおり、優しさの中にもきりっとした厳しさもあり

授業中の私語にも、ビシっと注意がとんだものですが

それでも大好き、

お洒落な先生が着てくる服も毎日の楽しみで

幼心にも、今日の服よく似合って素敵! とか思っていました。

ただゆる子は、子供の頃は人見知りするほうで

面と向かって甘えたり、おしゃべりしたりするのが苦手

当時は、大好きの気持ちを半分も言えませんでした。

その分、書くことがやはり好きだったのでしょう、

年賀状はもちろんのこと、暑中見舞いや何やかやと

手紙は頻繁に先生あてに書いていました。

そしてこの手紙の一番の嬉しさは

手紙の返事のときに、「ゆる子ちゃん」と呼んでくれることでした。

今は下の名前に君やちゃんをつける先生もめずらしくありませんが

当時は苗字で呼ばれることがほとんどでしたから

それが嬉しくて、うれしくて

きっと何度も手紙を書いたのだと思います。


ももよ先生には、小学校の2年間を担任してもらい

それから二年後くらいに赤ちゃんができて退職されました。

その後もしばらくは手紙のやりとりをしていたのですが

いつのまにか、手紙を出さなくなっていました。

今ごろどうされているなかな〜と懐かしく思いますが

ずっと会えずにいたからこそ

あの時のももよ先生は、そのままなんですよね。。


ピカピカの一年生を見ると、思い出す桜色の思い出です。
347.jpg



posted by ゆる子 at 05:20| Comment(16) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

ちょっと無理がある^^

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

345.jpg

先日の日曜日に、ダディさんと見てきた、入谷の桜です。

ここは上野に近い墓地なのですが、

桜並木や緑も多くて、少しも暗い感じのしない

散策コースになっています。

さて、そんな昨日の東京、雪が降って雷が鳴りました。

なんと19年ぶりの4月の花散らしの雪です。

この桜も散ってしまったでしょうか。

19年前といえば、まりもが生まれた年なのですが

その4月に雪が降ったこと、あまり憶えていないのですよね。。


さて、今日はバトンです。

そんな19年前のことも思い出せない私に

それ以上前の心境にならなければならないバトンを

じゅんさんからいただいてきました^^

いつもじゅんさんが、バトンを持って行ってくださるので

私も、いただきま〜すって言ったまでは、良かったのですが

よくよく見たら、私にとっては

タイムマシンが必要な問題が目白押し^^;

恋愛時代を思い出しながら答えてみようかと思います♪



346.gif


@デートの時、相手が理由もなく一時間遅刻をしたら?

理由もなくっていうのが、ちょっとね。。
でも大好きな人に、ぞっこんの時期なら待つかもしれません^^
ただし、度重なったら、信頼できなくなるし
自分のことなんて、どーでもいいんだろうな〜と思って
つきあうのをやめるかもしれません(涙)


デートの時、相手がありえない服装だったら?

う〜ん、ありえない服装ってどんなだろう?
服装っていうのだから、着ぐるみ系ではないだろうし
セーラー服とか着ていたら、いやだけど
まあ、一度くらいなら大目に見ましょう^^;


Bデートの時、相手が携帯ばかりいじって相手にしてもらえない。その時のあなたの一言は?


私の頃は携帯が無い時代のデートでしたからね。。
やっぱり、いやだな〜
デリカシーのない人だなぁと思ってしまいます。
でも実際時々みかけますから、今時の若者にはありなのでしょうか。

その時の一言は

「おひまな〜ら、きてよねぇ〜 私さびしいの〜〜♪」
とぼけてこれを歌って、それでもやめなければ、帰ちゃおうかなぁ


Cご飯を食べて会計へ行こうとした時、
 相手に「ちょっとトイレに行ってくるから先に行ってて」と
 言われました。どうする?


払っておきます^^
仕事を始めてからは、
相手がピンチのときは払うの平気でしたから^^
だって、男性が払うものって決め付けることないでしょ。
もちろん度重なればNGですけどね。。


D相手の人とお揃いの携帯にしたいと思った事はありますか?

自分は自分なので、おそろいにしたいとは思いません。
好きなものって違うでしょうからね^^

ただ、今はウィルコムとか、定額制で通話、メールともに無料とかいうプランがありますから
遠距離恋愛とかで、毎晩電話しないと気がすまない人には経済的な観点からみたら、いいかもしれませんね。



E付き合って一ヶ月。
親に紹介してほしいと言われたらどうする?


ほんとうに好きならまったく問題なしです、紹介します。
ダディさんを、父に紹介したのは、
たぶん出会って2ヶ月たっていなかったと思います^^



F大好きな人から結婚を申し込まれて
 即返事がほしいと言われました。どう答える?


もちろん「はい」です♪
もともと思慮深いタイプじゃありませんし
やらずに後悔するよりは、やって後悔したほうがいいと思っていますから^^




はあ、ちょっと時空を超えた回答で
トンチンカンなことありましたらご容赦くださいね

よろしければ、どうぞお持ち帰りください^^




posted by ゆる子 at 17:45| Comment(12) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

バトン その2

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

さて、それではさっそく昨日の続きを!



12.誰かを罵ってください。

こらっ、ポン子ちゃん!!
中学の頃の先生に、みんなよくこう言って叱られました。
ははっ^^罵っているという意味と違いますね。


13.人には理解されないんじゃないかっていうマニアックで地味な萌えポイントは?

美しい手の人には、よろっとします(笑)
まだ独身のころ、電車の中で難しそうな新書を持つ手に惹かれて
同じ駅に降りたところへ声をかけてしまったことがあります。
ひとつ年下の人でしたが、
それがきっかけで、お付き合いしたことがありました。
大胆不敵、我ながらびっくりです^^;


14.バトンをまわしてくれた人を食べ物にたとえると?

無添加自然食品って感じかな^^
もうひとつ、さわやかなオレンジでしょうか。

 
15.最近ハマってる場所は?

下町の路地裏♪


16.今、何を聞いてる?

今は何も聞いていません。
最近よくブログを書きながら聞くのは、サラ・ブライトマンです。
日本語の曲だと書いていて気が散るから(笑)


17.最近、感動した出来事は?

伏姫桜(ふせひめざくら)という、みごとな枝垂桜をみたことです


18.最近、怖かった出来事は?

能登半島の地震です。
ちょうど去年旅行をした場所でもありますし
しょっちゅう地震のある所でもないので、被害に遭われたかたも
まさか、ここで。。と思われたのではないでしょうか。
天災はこわいです。


19.今、行きたい場所は?

夜桜を見に行きたい。
目黒川というところの、両岸の桜がライトアップされてきれいだそうです。


20.明日の予定は?

まったく普段どおりの一日になりそうです。
家事をして、仕事をして、たぶん銀行に行ってくらいかな。


21.このブログを見ている皆様に一言。

いつも、温かなコメントをくださるみなさん
そしてコメントはなくても、いつも見てくださるみなさん
皆さんと出会えて、ほんとうによかった!


22.最近・・・恋してますか?

このところ、桜に恋しています。


23.車に乗ってる時、外に忍者が見えますか?

ハットリくんですか? 見えませんよぉ(笑)

24.今、どんな気分?

花粉症の薬を飲んでいるので、眠いです^^;


25.今、1番欲しいものは?

コブクロのベスト・アルバム ALL SINGLES BEST
私が買うのを、スマがねらっています^^;
蕾が入ってないのが残念なのですが。


26.異性の「ここだけは許せない」というポイントは?

許せないと言えるほど自分も立派じゃありませんから。
シチュエーションにも、よるでしょう。
ああ、そういえば、お茶で口をぶくぶくして、ごっくんって飲んじゃうの、あれは許しがたいものが(笑)


27.ここ最近の身の周りの出来事を漢字1文字で表すと?



最近は平穏な日々です。平凡という言葉を思い浮かべました。
凡の意味を調べてみたら、『はん』と読めば、いろいろ、おしなべてだし
『ぼん』と読めば 並、並のもの、平凡、普通でした。
可もなく不可もなく、平凡であたりまえのことが幸せな日々です^^


以上です、長文おつきあいいただき、ありがとうございました。



posted by ゆる子 at 08:11| Comment(21) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

長いバトンです^^

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

日曜日の朝、我が家がゆらゆらとわずかに揺れました。

あれ、地震?というほどの揺れだったのですが

間もなく能登半島で大きな地震があったとの一報。

よく見れば、ちょうど去年の夏にダディさんと旅したあたり

夕方のニュースでも、輪島、七尾あたりの被害が

いちばん大きかったとのこと。

泊まったり足を延ばしたりした、見覚えのあるところばかりです

ほんとうに風景が美しく人情も温かくて素敵なところなんです。

まだ余震が続いているようですが

どうぞこれ以上の被害がでませんようにと願うばかりです。



さて、今日はひさびさにバトンです。

たんぽぽのわた毛さんから先日バトンをまわしていただきました。

たんぽぽのわた毛さん、遅くなってお待たせいたしました。



1.まわしてくれた方の印象をどうぞ。

もちろん、ハンドルネームのとおり
ふんわりとした優しい雰囲気なのですが
しっかりとした、まっすぐなものも持っているように思えます。
最初に私のブログと同じデザインで、とても他人とは思えませんでした(笑)
掃除力の研究とともに、幸せになるための色々なアドバイスも聞かせてくださいます。

2.まわりから見た自分はどんな子だと思われてますか?

ははっ、失礼^^;
もう、子ではありませんので、あしからず。
そうですね。。以前も書いたことがありますが
一見しっかりしているように思われるようですが
付き合いの長い友達は、みな口をそろえて
『意外だったぁ〜〜』とよく言います。


3.自分の好きな人間性について5つ述べてください。

柔軟性のある考え方のできる人
大らかな人
誠実な人
前向きな人
これは人間性ということではないでしょうが
宇宙や、輪廻転生など、不思議な話もふつうにできる人


4.では、反対に嫌いなタイプは?

嫌いとかいうより、苦手なタイプですが

細かい人(自分が大雑把なので^^;)
潔癖症の人
すぐに人の批判をする人
泣き言ばかりの人(たまの泣き言はやさしく聞きますよ^^)
しつこい人


5.バトンタッチ5名

最近の私のバトンの決まりごとは、お持ち帰り自由とうことで
その恒例のとおりにさせていただきます^^


6.タイトルにまわす人の名前を書いてびっくりさせてください。 

これも上記の理由でパスです。


7.宝くじで3億円あたったらどうする?

う〜ん、一億使っても、まだ二億っていう、あれですね^^
自分には想像を超える金額なのですが
海外ではこの数百倍の賞金もあるそうですから驚きです。

まずはやはり3分の一くらいは寄付します。
そして、家の残りのローンを払い、子供達の教育費をキープしたら
何か起業してみたいです。なかったお金と思えば失敗して、もともと。
ダディさんと、やりがいのある仕事を一緒に始めてみたいです。

そうそう、アンティークの蒐集もしてみたいなぁ。
ブランド品には、さほど興味がないのですが、
アンティークは物語やロマンがあるようで好きです。


8.どんな告白をされたらグッときますか?

ダディさんからは、どんな告白されたかも思い出せないほど
ありきたりなプロポーズだったような気がするので
一生忘れられないような告白がいいですね。。
これは、プロポーズ大賞のドラマチック部門入選作なのですが

ぼ、僕とお付き合いを前提に結婚してください!!

こんな、いっぱいいっぱいの告白をされたら
笑ったあとに、グッときますね^^


9.こんな人が理想。

今さら。。って感じですが
自分のことはさし置いて言えるとなれば
見た目は竹野内豊で、ハートはフーテンの寅さんみたいな人。
いませんよね(笑)


10.異性のどんな仕草にグッとくる?

仕草と言われても。。
なんでも一生懸命な時かなぁ。
特に無心に真剣にスポーツをしている時の顔とか好きです。


11.自分を褒め称えてください。

困ったぞ^^;
といっても、実は家の中では
けっこう自画自賛していること多いのですよ(笑)
なんて料理上手なんでしょ!とか、
いつも前向きで明るいお母さんで、あななたち幸せね!とか^^

即、あきれられていますけど。。

まあ、こんな能天気な答えを書いたところで制限時間一杯。

長いバトンなので、続きは次回にさせていただきます^^



posted by ゆる子 at 08:40| Comment(13) | TrackBack(2) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ちょっと危ない

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

先週から期末試験のスマイリー、朝は6時前に家を出て行きます。

まりもも春休みで朝一番のバイトが続き、

このところ朝が早い天然家です。

328.gif

そして、そんな先週の土曜日のこと。

その数日前に、横浜に住む友達のあやちゃんから、

こんなメールがありました。

ゆるちゃんの家のそばで18日のマラソンのボランティアをします。
ついては、土曜日に泊めてもらえるとありがたいのですがご都合いかが?
急ですいません。


そこで日にちを見て土曜の夜と確認

何もできないけれど、泊まるくらいならどうぞ!と返事。

そして土曜日となりました。

朝からダディさんもかりだして、布団を干したり、掃除をしたり

午後からは何を作ってあげようかな〜とレシピの算段。。

そんな時に、じいじから電話で

『 札幌の伯父さんから、快気祝いの蟹が届いたよ 』

とのお知らせで、一階に下りてみると

活き蟹と活きホタテがたくさん送ってきていたのです。


ふふふっ^^ おいしそう〜〜 


ダデイさんの出張のお土産もあるし

もう北海道三昧の夕食になりそうだわ!ってことで

じいじの分も一緒に、まだ手足をバタバタさせている蟹さんを

ためらいながらも釜茹でに処し^^;

ほかにも、マリネや、ゴーヤチャンプルー、

お芋の煮っ転がしなど数品作って

さあ、そろそろ約束の5時だわ、準備万端整ったよ♪

と待っていたのですが

これが、待てど暮せど、友達がやってこないのです。

あれぇ〜 遠慮して少し遅らせているのかな?

家には何度か来ているから道がわからないわけないし、

万が一わからなくても電話くらいしてくるだろうし。。

そうこうしているうちに、6時になってしまい

そろそろ、暢気なゆる子もソワソワしてきました。

ダディさんも、あやちゃん遅いね。。と不思議そうな顔。

5時半くらいに、一度メールをしたのだけれど

返事はないままで

とうとうしびれがきれて、携帯に電話するも留守番電話。

ええ〜〜どうしちゃったんだろう。。

ダディさんからは、

『 おかあさん、時間とか日にち間違えてない? 』

と聞かれたけれど、

『 ううん、間違えてない、日曜日にマラソンだから
  土曜日に泊めてって言われたもん 』

ただ、な〜んとなく不安になり、キッチンのカレンダーを

じっと見つめると、

ええっ? もしかして来週の土曜日だった?

もう一度、最初にもらったメールを開いてみると

なんと、18日にマラソンがあって。。と書いてある

おおお! 間違えていたよ

急でごめん!という言葉で、

つい、直近の土曜日と思い込んでしまったようなんです。

言い訳、言い訳^^;

ダディさんに、ぜったい今夜だって言っちゃったし。。

まりもや、スマイリーにも言っておいたしなぁ

とはいえ、間違いを発表しないわけにもいかず

家族に言うと、みんな唖然とした後、大笑い^^


ああ、やっぱりお母さんだよ〜って、あきれられたり

妙に納得されたり^^;



その晩は茹でたての蟹と、

ダディさんのお土産の姫たらを、みんなで食べながら

さんざんその話題を蒸し返されて、笑われました(涙)


どうも、思い込みがはげしいというか、

何かを考えていると、ほかのことがこかへ飛んでいったり。。

そうそう、このあいだもアイロンがけをしなくちゃと思いつつ

階段に掃除機もかけなくちゃと考えていたら

『 さあっ!階段にアイロンかけちゃお! 』 って言ってましたぁ

階段の段差ものびて滑り台みたいになるかも(笑)

聞いていたまりもが笑い転げておりました。


ちょっと最近危ない、ゆる子さんです。

友達にもさっきのメールは間違いでした、来週でしたね。。

と、訂正のメールをしておいたのですが

やっと一連のメールを見た友達からまた返信。

もしかしてブログのネタかな? と書かれていました。

ふふふっ、ほんとに書いちゃった^^

あ〜あ

ひと足早く頭の中に桜が咲いちゃったような、ゆる子さんでした。。


327.gif



posted by ゆる子 at 15:20| Comment(20) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

札幌

こんにちは、天然主婦ゆる子です

ダディさんが、札幌出張から無事帰ってきました。

帰りの飛行機は、ちょっと遅れがでたようですが

寒波がきていたわりには、思ったよりスムーズに移動もでき

仕事も、番外編夜の札幌ツアーも無事終えたようです。

でもやはり関東とは寒さがぜんぜん違うそうですよ^^

出張の多いダディさんなので

その都度お土産はいらないから、と言ってあるのですが

時々買ってきてくれるんですよ。

ほんとうはちょっと楽しみだったりします。

昨日のお土産は、LeTAOのレアチョコレート、蟹ミソラーメン

イカと姫たらの一夜干し、いか刺し松前というおつまみ。。

チョコレートはさっそく子供たちの口へ

一夜干しは、明日友達が泊まりに来るので

一緒にいただこうと思っています。


札幌といえば、ゆる子にもゆかりの街なのです。

そう、札幌は北海道出身の両親が出会ったまちであり

そして父方の祖父母も住んでいたところでした。


325.jpg


ゆる子も子供の頃は、たびたびでかけましたが、

後に引っ越した郊外の家よりも、私が好きだったのは、

北大のそばの北一条というところにあった古い家でした。

ゆる子が小学校の頃は、飛行機で行くことよりも

列車と青函連絡船を乗り継いで行くことの方が多く

遠かったので、そう頻繁には行けませんでしたが

一番印象に残っているのは

小学校2年生の夏休み、

当時仕事を変えてしばらく休みがとれた父と

二人で2週間ほど札幌の祖父母のところへ行った時のことです。


一人っ子だったゆる子でしたから、長旅で退屈しないようにと

父は車窓を流れる風景をスケッチして描いてくれたり

乗り継ぎで時間がとれた青森ではいったん外へ行き

町を歩いて回ったり

函館からの列車では、大好きなサイダーを買ってくれたのですが

なぜか飲み慣れた 『三ツ矢サイダー』 ではなく

ライオンの絵のついたラベルのサイダーで

甘さが、ちょっとしつこく

少し口をつけたまま飲みきれなかったことを憶えています。

ずっと窓から入る風を受けながら外を流れる景色を見ていたこと

薄緑の瓶のサイダーがきれいだったこと

あんなに昔のことなのに、こんなにはっきり憶えているなんて

ほんとうに不思議です。


札幌での2週間は、古い家で過した最後の思い出になりました。

古い階段や使われていない二階の幾部屋かを見ながら

ここで若かった父や伯父、叔母たちが過したのかと思うと

幼いなりに感慨深かったような気がします。

当時近所に従姉妹もなく、父や祖母と一緒に

大通りや北大の植物園へ遊びに行ったりもしましたが

父が用事で出かけた日は、二階の部屋を独り占めして

大好きな本を飽きることなく一日中読んだり

近所のロバパンへお使いにいったり

そこのお店で、髪が長いのねぇとほめてもらったり

祖父の薬をとりに、小さな町医者までお使いにやらされたり

わくわくと楽しいことばかりの2週間でした。


ただ、その時にひとつだけ、

今もちょっと心にチクッとする思い出があります。

その頃ゆる子は、お尻に届きそうなほど髪が長かったのですが

その髪を祖母に三つ編みしてもらうのを嫌がったことです。

同居していた母方の祖母にはいつも結ってもらっていましたし

もしかしたら、一度結んでもらった時に

きつくて痛かったから、嫌になったような気もするのですが

つまらないことははっきり憶えているくせに、

この時のことだけはうろ覚えで、8歳の頭で何を思ったのか

今考えても、どうしてだかさっぱり理由はわかりません。

父に三つ編みにしてくれとせがみ、うまくできない父をみかねて

祖母がしてくれると言うのに、嫌だの一点張り

とうとう、長い髪をほどいたまま過したみたいです。

なんて可愛げのない、強情っぱり(笑)

私がその時の父ならば、

せっかくたまに会ったおばあちゃんなのだから

三つ編みしてもらいなさい、と言い聞かせるでしょうに

父からも、そのことで叱られた憶えはありません。

すっかりほどいた髪でニコニコと祖母と写っている写真はあるので

祖母が嫌いだとか、そういう理由ではなかったようです。


それからも数年に一回ずつでかけていましたが

新しい家になり、祖父母も伯父家族と同居になったりで

それほど印象深い思いはなくなっていました。



そして、小2の夏から10数年後の夏に

初の北海道一人旅をしました。

326.jpg


この一人旅は、母が亡くなったあとに

母が生まれた静内をどうしても訪ねたくてでかけたものです。

函館、静内を泊まり歩き

最後に千歳から飛行機で帰るという行程だったのですが

札幌に寄る時間はないからと祖母に連絡だけすると

当時80歳を過ぎていた祖母が、空港まで駆けつけてくれました。

気をつけて帰りなさいね、という祖母から渡されお土産は

なんと生ケーキの入った箱。

しばらくぶりに会う大人になった孫娘に

何をあげたらいいのかきっと迷った末のことでしょう

今から飛行機で帰るのに。。と思いつつ

祖母の気持ちがありがたくて、ありがたくて、

また三つ編み事件のことを思い出していました。


その翌年、ダディさんとの結婚を見届けに

東京まで出てきてくた祖母。

式の後に叔母や父たちとの温泉旅行を楽しみ、その4ヵ月後

あっというまに、遠くの国へ行ってしまいました。

とうとう、あの時はごめんなさいと言えずじまいでした。

父方の祖母のことを書いたのは初めてなのですが

おばあちゃん、あの時はごめんなさい、と

今ごろここで言ってみたりします。

そして懐かしい、札幌の古い家を思い出しています。



posted by ゆる子 at 16:02| Comment(27) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

宮ノ下セピア通り


こんにちは、天然主婦ゆる子です。


3回にわたった旅行記最終回、

おつきあいいただきありがとうございました^^

さて、なんとか無事宮ノ下に到着でき

季節柄なのか人気もまばらな駅からの坂道を下っていくと

セピア通り にぶつかります。

たぶんセピア通りとは、後から付けられた名前なのでしょうが

ちょっとレトロな雰囲気がある通りということらしく

箱根富士屋ホテル を中心として、

この通り沿いにたくさんの骨董屋さんやパン屋さん

お土産や甘味処などが並んでいます。

骨董屋さんをひやかして

店長さんから色んな豆知識を教えていただき

昭和初期のごく普通の家庭で使われていたコップが

今は8千円からの値で売れることや、興味深い話がきけました。

それから、通り沿いにぶらぶらお散歩していたら

テレビにも出たという

渡辺ベーカリー という、パン屋さんにバッタリ。

280.jpg

店先からはプーンと温かなシチューの

それはそれは良い匂いがしてきて、お腹がグ−でした。

温泉シチューパンというのが名物らしいです。


そして最後に富士屋ホテルでお楽しみのランチ^^

この箱根富士屋ホテルはとってもレトロでクラシックなお宿。

281.jpg

明治11年の創業以来、海外からもたくさんのお客さんがみえていて

すぐ近所に昔からある写真屋さん 島写真店 には

宿泊時のジョン・レノン、オノヨウコ夫妻の写真や

二代目当主・山口正造さんと並んだ喜劇王チャップリン氏の写真

が飾ってあります。

レノン夫妻と一緒のショーン君はまだ幼い面影。


283.jpg

富士屋ホテルをはじめ、箱根の地はたくさんの海外の有名人からも

愛され続けてきた場所のようです。

このホテルは宿泊しなくても

フロントに行くと、丁寧に書かれた案内図を渡してくださり

広い敷地内や歴史ある建物を見て歩くことができます。


285.jpg


資料館もあって、無料でこれらが楽しめるなんてちょっとお得な感じ。

親切な応対で、帰る頃は、もうすっかり宿泊したような気分でした。

ランチの最後のデザートは

充実した二日間の旅をしめくくるには、もってこいの春の味と香り。


284.jpg


ストロベリー、ラズベリーの甘酸っぱい美味しさにうっとり。

さあ、また明日から仕事に、家事に頑張ろうね、

そして2年後に、また元気で旅行しようねと話ながら

無事帰途につくことができました。




posted by ゆる子 at 18:10| Comment(12) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

箱根登山電車でハプニング

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

3連休前半飛ばしすぎたら、最終日に風邪をひきました^^;

めったに風邪をひかないので、

最初は花粉症がきたのかと思っていたのですが

そのうちに喉もヒリヒリして、寒気も。。昨日は早めに寝ました。

まだからだの芯はだるいのですが、ほぼ復活です^^


さて、箱根の旅二日目は、箱根登山鉄道に乗って

箱根の山登りです。

276.jpg

とはいっても、大涌谷や芦ノ湖はみんな何度か行ったこともあるし

スケジュール的にも時間がきついので、

今回は途中の宮ノ下まで行って、ぶらぶらすることにしました。


この箱根登山電車というのは スイッチバック という

珍しい走法で山を登っていく電車です。

スイッチバックには色々な定義もあるみたいなのですが

この箱根登山電車の場合は急勾配を緩和するために

本線上で列車の進行方向を逆転させるというもので

275.jpg
ウィキペディアより

この線路がZ状になっておりところで、進行方向を逆転させて

山を登っていきます。

スイッチバック地点では、運転手さんと車掌さんが交代するのに

ホームをとことこ歩いているのが見えます^^



ところで、旅行一日目はさしたる大きな失敗もなく
(小さなのは、数え切れませんので^^;)

無事すごせた4人組でしたが

このスイッチバックでまたしても、やってしまいました。

この方向転換がくせものなのですよねぇ。。



ちょうど、その前に湯本から一緒に乗り合わせていた

ゆる子たちの母親の年ごろとおぼしき3人組のおばさまたちが

『 わ〜乗り越しちゃった。。わっはっはっ! 』

と明るく話しかけてきたので

『 今日中に帰れればいいじゃないですか〜 』

なんて、こちらも暢気に笑いながら応対していたのですが

おばさん達が降りたのをいいことに、空いたボックス席に腰掛けて

すっかり話し込んでしまったのです。


もしや乗り越した?と慌てて停車駅の看板を見ると 大平台

277.jpg
に進んでいたので、宮ノ下が→こちらということは。。

たいへん!乗り越した!!

慌ててホームに降り立ち、

『 やだぁ、これじゃさっきのおばさん達を笑えないじゃない 』

なんて話していたら

どうもおかしいと思われたのでしょう

ホームに立っていた駅員さんから

『 どちらまで行かれますか? 』 と聞かれました。

『 はい、宮ノ下なんですけれど、乗り越してしまったらしくて 』

『 いえいえ、乗り越していませんよ、宮ノ下は次の駅です 』

えっ???  でも駅名の方向が。。

と思いきや、よくよく見ると、この大平台はスイッチバックの駅

278.jpg

進行方向が逆になるので、戻るように書かれていた駅名が

実は次の駅だったのです!!

確かに今までの進行方向は、行き止まりになっていて

もうこれ以上進めません(笑)

どうりで宮ノ下を通り過ぎたと言いながら慌てて降りた私たちを

怪訝な顔で車内から見ている人がいましたっけ。。

『 あなた達次ですよ、乗り越してなんかいませんよ 』

なんて思っていたのでしょうか。

あ〜あ、またやっちゃいました。。


せっかくだからと、見晴らしのいい大平台で記念撮影

スイッチバックの逆転地点もしっかりカメラに納めてきましたとも。

279.jpg


やっと辿り着いた、宮ノ下に降りて向かったのは セピア通り

長くなってしまったので、続きは明日にしましょう^^




posted by ゆる子 at 12:44| Comment(8) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

箱根の旅

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

さて先週末にでかけた友達との旅行、たぬきの会の珍道中のお話を

2回にわけて書かせていただこうと思います。

上から下まで年齢差8歳、4姉妹に例えるならば

どんと太っ腹な長女、おっとりだけどしっかり者の次女

好奇心旺盛でそそっかしい三女、甘えん坊でちゃっかりの四女

さて、ゆる子さんは?  はい、うっかり三女です(笑)

かしましい姉妹がいたならば

きっとこんな感じに違いないというような

気のおけないメンバーで、でかけた今回の旅行。


出発は、主婦ゆえ雑多な用事を片付けてからと言うことで

遅めの時間設定、10時をちょっとまわる新宿発の ロマンスカー で

一路箱根湯本をめざしました。

274.jpg
ロマンスカー50000形

箱根ご存知ですか? 

あのお正月の箱根駅伝で知っていらっしゃる方も多いかもしれませんね。

箱根湯本に着いたのがお昼前、まず向かったのが

箱根おもちゃ博物館

ここの館長さんは、ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として

世界的に知られている北原 照久さんです。

そして、ここには北原氏が収集した膨大なコレクションの中から

約3,000点のおもちゃが常設展示されています。

273.jpg
ミニチュアカーもいっぱいでしょ

中に入ると懐かしのおもちゃがいっぱい!

ブリキのロボットや戦闘機や金魚のジョーロなどなど

昔の着せ替え人形や、抱き人形も展示されていました。

268.jpg

世のおじさま方には

ブリキの戦車や車やロボットがたまらないのでしょうが

ゆる子達は、やはり人形に目が行きました。

ゆる子の時代は着せ替え人形といえばバービーやタミーちゃん。

リカちゃんはちょうど、まだ出始めた頃で、

持ってる子はうらやましがられたものですが

私は何となくアメリカの香りのする大柄なタミーちゃんが好きでした^^

272.jpg


そして一番懐かしいのは、抱き人形

寝かせたり起こしたりするたび、目がパチクリする

セルロイドの人形もありましたが

それよりもギュッと抱きしめるとふわふわする

愛らしい表情が描かれた、布でできたお人形が好きで

ゆる子も子供の頃に必ず一緒に寝る抱き人形を持っていました。

あまり抱きしめすぎて、中身がやぶけて修理もおぼつかなくなり

いつしか手元になくなっていたのですが

そんな愛くるしい姿の抱き人形のミニチュアが売っていたのです!

思わず、まりものお土産に買ってしまいました^^

269.jpg

ぜったい好きだと思ったら、案の定、まりも歓喜(笑)

今は携帯につけて喜んでいます^^


さてそこでおもちゃを堪能してから、ベゴニアガーデン に移動

270.jpg
しだれ状に咲く種類のベゴニア


温室に咲き誇る色とりどりのベゴニアに

まさるとも劣らぬ美しさを競った、おばさん4人組は

その日の宿へと向かいました。

そしてそれからが、本日のお楽しみ

ゆる子さん人生初のエステ体験、

このお宿ホテル 『はつはな』 は女性客への優しさを売りにしていて

エステが組み込まれたパックやら、

デザート満載の食事まで、女性にっこりのプランが色々あるようです。

今回はデコルテまでマッサージしてくれる60分のフェイシャルコース

自家源泉を使ったフェイスマスクや植物から抽出した天然由来のエッセンスやオイルなど、大地の恵みとエネルギーをお肌全体に取り込みながら、セラピストの温かな手だけでおこなうトリートメントです。

とのこと、甘〜い香りに、つい 『これ何塗っているのですか?』

と目をつぶったまま聞いたら 『プルーンとはちみつでございます。。』

すっかりケーキになったような(笑)

でもね、おかげでお肌ぷるんぷるん、ほんとうにしっとりしました。

ウトウトしながらの60分は至福の時。

それから女性専用スパの露天風呂3種をめぐり

271.jpg

山あいの川のせせらぎを聞きながら

風にザワザワとなびく竹の緑の清々しさを見上げると

その隙間から、夕暮れのうすくれないの空が見えました。

聞こえてくるのは、川の音と木の葉をわたる風の音だけ。


お風呂あがったら、美味しいご馳走とビールが待ってます♪

しばし浮世を忘れての〜んびり気分です。


次回は、めずらしいスイッチバックで山登りする

箱根登山電車 のことも紹介しますね^^



posted by ゆる子 at 08:35| Comment(18) | TrackBack(1) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

たぬきの会♪

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

明日は 節分 ですね、節分が終わると 立春 いよいよ春です。

鬼がいるからこそ、福の有難みもわかろうというものですが。

追い出された鬼は、いったいどこへいくのやら。

でも、縁起物ですから我が家も 豆まき 毎年していますよ^^

264.jpg

善光寺でご祈祷した豆だそうですが
これから豆をぶつけられるとうのに、鬼がやけにうれしそうです^^


さて、そんな節分なのですが、ゆる子は一泊旅行にでかけてきます。

ダディさんとかって?

いえいえ、今回はお母さん友達4人と一緒です。

ほんとうは5人のメンバーがいるのですが

一人インフルエンザでキャンセル、旅行の段取りしてくれたしっかりものが

なんと直前リタイアとなってしまったのですが

いまさら全員キャンセルもできないので

4人ででかけることになりました。

名づけて 『たぬきの会』 

なぜタヌキかというと。。

初回の旅行の時、泊まった旅館が

夜のタヌキウォッチングがあったのです^^

そのうえ、部屋付きの仲居さんのかもし出す雰囲気が。。


いやいや失礼とは思いつつ、言わせていただくと

私たちが、おしゃべりしながら、ご飯を食べている横に付きっ切りで

これこれは〜○○でございますぅ  これこれは〜○○でございますぅと

聞いてもないことまで、色々説明のあらし^^;

さりげなく、あとはもう大丈夫ですからと告げても、

にっこり笑顔でどこ吹く風

やっといなくなったねぇ。。と話していると

すっーっとふすまがあいて現れます(笑)

チェックアウト後の出発の時は、ちぎれんばかりに手を振り続けてくれました。

私たちの中では、あの仲居さんは、庭のタヌキが化けているに決まってる!

そう意見が一致しました^^

そんなわけで、不思議な愛着を覚えた仲居さんにあやかって

『たぬきの会』 となったわけです。



この 『たぬきの会』 のメンバーは

もともとは子供達が幼稚園の時のお母さん友達です。

そろそろ子離れの時期を迎えて、

旅行にでもいきたいね^^ という話になったのですが

主婦にとって一度に数万円飛んでいくというのはつらいもの、

そこでコツコツと積み立てを始めたのです。

毎月2000円ずつ、ボーナス月は5000円

ささやかな、やりくりで実現できるでしょ^^

およそ二年に一度の計画で、ちょっとリッチに遊んできます。

積み立てから宿泊代、交通費、お小遣いまで出るから

ほとんど臨時出費なしで行ってくることができます。

今回は、なんと初のエステも体験してくるんですよ〜

これ以上きれいになったら、どうしましょ(笑)



ただ、ひとつだけ心配事が。。

ゆる子は、前回2回ともお恥ずかしい失敗をやらかしています。

ます初回のときは、

気持ちよく温泉つかったあと、さて体にバスタオルを巻いて。。と思いきや

やけに短くてからだに巻きつきません

この温泉は部屋に備え付けてあるバスタオルを

洗面所から持っていくシステムだったのですが

なんと同じところに置いてあった真っ白いバスマットを

バスタオルと間違って持ってきてしまったのです。

そりゃ、いくらスリムなゆる子さんでも?? 巻きつきませんて。

もう、みんなに笑われることったら。。


そして二回目の京都のときは

着いた時はあいにくの雨降り、とりあえずお昼をとって外に出たら

幸運にも雨があがっていたのです

あら〜良かったね! と外に出たとたん天地がさかさまになりました。

空に気を取られて、段差を踏み外したのです。

あまりの恥ずかしさに、速攻立ち上がって体勢を立て直したものの

しっかり膝をすりむいて、おまけにタイツに穴が!

ブーツとスカートの間からちょうど見え隠れする大穴

まだこれから観光という、しょっぱなにこの惨状です。

近くにコンビニらしきものもなく、バッグで膝をかくしつつ

『哲学の道』 を歩いたことは忘れられない思い出です。


今年の年賀状にも、友達のひとりから

ゆる子ママが、また何をするか今から楽しみです♪

なんて書かれてしまいました。


二度あることは三度あるなんて言わないでくださいね

明日の朝、自分の分だけひっそり豆まきしたら

あとはダディさんにお願いして、行ってまいります^^



263.gif


posted by ゆる子 at 15:06| Comment(14) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

初めの一歩


こんにちは、天然主婦ゆる子です。


昨日はブログを始めて一周年の記念日でした^^

去年の三月に満開だった シクラメン のつぼみがまた大きくなってきました。

251.jpg



ああ、やっぱり一年たったのだなぁ。。と^^


最初は仕事が比較的暇なこの時期に、ふっと思いついて始めたブログです。

正直言って、こんなに続くとは思っていなかったのですが

振り返ってみれば、一年という足跡がついていました。

時々このブログを読んでいる、息子のスマイリーが

毎月の更新回数を見て

『 お母さん、これまずいんじゃない? 更新回数減る一方だよ。。
  このペースでいったら、消滅しちゃうかも 』

はははっ^^

たしかに。。

始めた頃を見ると、ほとんど毎日更新していましたね。。

でもね、

更新回数とは反比例するように、ゆる子にとって

このブログが、どんどん大切な存在になってきています。

そして、今日からまた新しいスタートのつもりで書いていこうと思っています。


新しい初めの一歩です。


一年間の天然家のいろいろを応援してくださったみなさん

ほんとうにありがとうございました。


始めた時は、ブログを通してまさかこんなにたくさんの出会いがあるとは

思ってもみませんでした。

ここでコメントくだささる皆さんは、ほとんどがゆる子より年下

子供っぽい私より、よっぽどしっかりしたみんなに

励まされたり、また応援したりするうちに

ひとりひとりが、ほんとうに愛しくて大切になっていきました。


出会いもあれば、別れもあるのが人生だから

またさよならもあるでしょうけれど

この一年間の出会いは記憶から消えないでしょう。


私は人と出会うことが大好きです

でも、10代の頃はむしろ人見知りが強いほうで

友達関係も、広く浅くより、せまく深くという方でした。

器用じゃないから、あちらもこちらもと思っていると

あちらも、こちらも疎かになってしまうんですね^^;

今も基本である核の部分は変わらないと思いますが

いつしか、自分のとても好奇心旺盛で怖いもの知らずの部分に気づき

そうしたら、思い切って人とぶつかることもできるようになりました。

そして、そこから出会いがたくさん生まれていきました。


またこれからどんな出会いがあるかと思うと

ちょっと楽しみな気がします。


皆さんの頭の中の一年ってどんなイメージですか?

私の中では、大きく円を描くリボンみたいなイメージがあるのです。

春が来て、夏、秋、そして冬がきて。。ぐるっと

その巨大なリボンが一巡りして、またもとの所に戻って一年

でも、戻ったようで実はちょっと上に昇ってる

ゆるやかな らせん を描いています。

そして今までのらせんが積みあがって大きな螺旋階段みたいになってる。

この円筒形に見えるリボンのらせんがどこまで描けるかは

誰にもわからないけれど

ゆっくり少しずつでも上昇していきたい。。そう願っています。




昨日は友達からいただいた日本酒で、ささやかに乾杯しました。

この日本酒は 出羽桜のとび六 という 微発泡のにごり酒 で

山形のお酒です。254.jpg


晩酌好きのゆる子ですが、日本酒は翌日に残るのでちょっと苦手。

ただ、にごり酒だけは好きなのだという話をしたら

ブログとは関係ないのですが

あるひょんなことから出会った、ゆる子よりうんと年下の友達が、

ゆる子さんが好きそうなのみつけたから送りますねって、

二本も送ってくださいました。

これも出会いがあったからいただけたお酒です。

シュワっとした飲み口と、ほんのりした甘さがあって

さながら日本酒のシャンパンみたいです。

253.jpg


あまりの飲み口の良さと、美味しさに

ついつい飲み過ぎそうになるのには、ご用心^^



さてさて、また初めの一歩、どんな一年が書きあがることか。。

スマイリーの心配するとおり、消滅する時がくるかもしれませんが

できれば、ブログのらせんもつなげていきたいと思っています。

いずれにしても、風の吹くまま気の向くまま、

ゆる子タイムでやっていくつもりです。

こんな私ですが、これからもどうぞよろしく^^



posted by ゆる子 at 16:15| Comment(22) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

サラダになった日

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

今日のタイトル、サラダになった日、ちょっとおしゃれ♪ それとも意味不明?

そういえば、ゆる子がまだ若かりし頃

俵万智さんの 『サラダ記念日』 という歌集が流行ったことがありました。

表題作の

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

この歌がきっかけで、七月六日はほんとうにサラダ記念日になったそうです^^

さて、今回はそんなロマンチックなサラダ記念日とは、まるで関係ない

ゆる子の サラダになった日


それは、先週の土曜日のこと、夜に友人と会う約束をしていた私は

でかける前に夕飯の用意をしていました。

ダディさんの晩酌のつまみは準備オッケー

子供たちも部活やバイトで帰りが遅いから、カレーでいいやと

大鍋にたっぷりカレーを作り、サラダも準備万端ととのって

あとは、ドレッシングを作ればいいだけ。


時計を見ると、そろそろ着替えの支度をしないと。。という時間

そこでドレッシングは後回しにして

洋服をチョイス、念入りに^^; メイクして、髪をととのえ

携帯よし、お財布よし、その他もろもろ。。すべてよ〜し!

バスの時間を確認してから


ドレッシング、ドレッシング♪


アバウトで有名なゆる子さんは、いつも適当なものを合わせて

とーってもテキトウなドレッシングを作ります^^

オイルはもちろんのこと、醤油、かけポン、ゴマ、レモン汁、塩コショウ

配分もその日のサラダに合わせて、気分次第。。

この時もキッチンに戻ってエプロンだけかぶって

材料をドレッシングボトルに入れて、元気よくフリッ!フリッ!

その途端!


ポン!ジャバッ!。。。。。。。。



う、う、うそ。。。。


一瞬固まった後、



『わ〜ダディさん!! どうしよ〜〜』



髪の毛から顔にポタポタとドレッシングが落ちてきました。

もちろんエプロンから出ているセーターの胸元にも。。


飛んできたダディさんも、もちろん固まった。。(笑)

『。。どうしちゃったの??』

まさか、香水代わりにドレッシングかぶったわけじゃあるまいし。。

ダディさんも、わけわからん状態で呆然とゆる子を見ているだけ^^;


なんともそそっかしい、ゆる子さん!


ドレッシングを混ぜた時、不覚にも蓋がきちんとしまっていないまま

おまけに蓋を押さえずフリフリしてしまったのです。。。

かくかくしかじかと話すも、事情が飲み込めない様子のダディさん

そんなこと言っている暇はないのだとさとったゆる子は

キッチンの床をダディさんにお願いして

とりあえず、熱々の濡れタオルでぬぐってみたけれど

ぜんぜん歯がたたないことが判明。

このままでは、セーターがだめになってしまうので

手早く脱いで、洗濯機に放り込み、お家クリーニングモードにかけました。

あれだけ選んだセーターの組み合わせは、もはや、これにて終了。。

急きょ違う服に変更しましたが


一番の問題は髪の毛なのであります^^;


もちろん洗えばいいのだけど、そんな時間はありません。

タオルで何度もふいてみたものの、オイルのベトベト感はぬけません。

やむなく、一番かかってしまった前髪だけシャンプーつけて部分洗い、

それから ブォ〜〜 ブォ〜〜 とドライヤーかけて(それでもちょっとにおう)

落ちたメイクを手直しして、悲劇からこの間20分。

やれやれと思ったけれど、時計を見ると

まずい!バスに間に合わない! (そりゃそーだ)

そして振り返るとダディさんが、しょーがないな、という顔で


『駅まで送ってあげるから大丈夫^^』

と笑ってくれました。。

『ほっんとうにっ申し訳ない!ありがとうございます!』

感謝感激するゆる子を見ながら

さすがのダディさんも、ちょっとあきれ顔であったことは付け加えておきます^^;

ダディさんのおかげで、約束に間に合ったゆる子さんが

友達にその惨劇の様子をくまなく話したことは言うまでもありませんが

家では帰って来た子供たちに、ダディさんがゆる子の失態を

しっかり話していたそうです^^;

まりもも、スマイリーも同じように

『やっぱりお母さんらしいや。。』 

と口をそろえたそうな。。


しかし、いくら粗忽もののゆる子さんでも、

これほどの大失態は久しぶりのこと(笑)

ちょっとお醤油の残り香のする髪のまま、


サラダの気分を味わった夜でした^^;




posted by ゆる子 at 17:26| Comment(22) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

携帯メモリーバトン♪


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

昨日の夕方、こんな空が見えました。

西の空へ、飛行機雲が伸びている。。ように見えたのですが

それとも変わった形の、ほんものの雲なのかなぁ

223.jpg


そして空をよく見上げる、5%の憂鬱の ゆゆさん から 

携帯メモリーバトン  をいただきました、ありがとうございます^^


ルールは回ってきた5文字を携帯の記憶している変換機能で1文字ずつ変換

その変換候補に出ている上位5つを惜しげもなく公開!

そして次に廻す人に新たな5文字を指定する。

そして、残りのいくつかの質問にも答えるようです^^




今回ゆゆさんからいただいたお題は 『ふゆやすみ』

もう冬休みも目の前。

子供たちは、クリスマスにお正月と、お楽しみイベントがめじろ押しです♪

私も楽しみにしていた頃があったな〜と思いつつ。。

というか、私も来週から長い冬休みに入ります^^  

冬眠 に入るんです。。




な〜んてわけありません^^;

実はゆる子の勤める職場は冬場仕事が少なくなるため、毎年パートさんは、

しばらくお休みに入ります。

ですから、年末の忙しさを乗り切れば、しばらくゆったりモードです。

肩の不調もあるので、正直助かりますし、やりたいことも山盛りあるので

今から楽しみなんですよ、冬休み^^



さて、それでは本題に!



ふ   振り込んだ フロア 復活 二人の 夫婦 

ゆ   ゆ ゆっくり

や   やっぱり やってほしいわ 約束は やってみれば

す   すみ すっかり すぐには ステップ 推薦

み   右 見ました 右側です 水入らず 未定



やはり携帯メール使用率低いので 『ゆ』 の変換2個しかありませんでした〜
おまけに、ひとつは ただの ゆ だし。。(笑)
ゆる子 とか、バトンをくださった ゆゆさん とか出てくれば、よかったんですけどねぇ 
ご期待に添えず^^

ゆっくりとか、復活とか、右側です とかは
たぶん、先日の肩の不調を心配してくれた友達への返信です。
このブログ読んでくれている、ゆる子の友達は、みんなコメントしないで、携帯にメールくれます(笑)
今回も何人かの友達が、心配してメールくれました、ありがとう!


さて、それでは、次なる質問へ。。

1)回してくれた方の印象をどうぞ
 
ある時は、童話作家。ある時は、シュールレアリスト。ある時は吟遊詩人。
そしてある時は、美味しいもの大好き少女^^
いくつもの顔を、短い文章にぎゅっと濃縮して届けてくれる素敵なひとです♪
寒いのがちょっと苦手なのは有名^^;


2)周りから見た自分はどんな人だと思われてますか?
 5つ述べてください


しっかりもの   悲しいかな、一見でしかありません。

実はおとぼけ   一緒に住んだり、仕事したりするとわかるみたいです。
 
上の空      ちゃんと話聞いてる? と言われること多々あり。。
 
話しやすそう   顔に緊張感がないのか、旅先でもよく道を尋ねられます(笑)

酒豪       イメージ先行です。実はそれほど強くありません、ほんとです。



3)自分の好きなタイプを述べてください

 昔からまず、手に目がいきます^^;
 華奢な手というわけではなく、その人を語っているような
 表情のある手の人が好きです。
 そして、共感できるひと。



4)では反対に嫌いなタイプは?

 ナルシスト。
 それから、3の共感できる人の補足のようなものですが、
 私の場合いくらカッコよくても、語り合えない人は三日であきると思います。



5)自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

 ハワイでフラダンスを踊ってるゆる子さん^^
 本格的に フラ を習いたいという夢があります。
 そして南の島で自然とひとつになって踊れたらサイコー♪


 
6)自分の事を慕ってくれている人に叫んで下さい

  ありがとう!!


7)大好きな人にバトンタッチ!(5名 印象つき)

 み〜んな大好き! ですけれど
 ここのところ、ずっと指名はしていないので今回も同じくです^^

 やってみようという方へのお題は

 ありがとう でお願いします。
 今年もたくさんありがとう!の思いを込めて^^ 



posted by ゆる子 at 06:57| Comment(20) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

頚肩腕症候群だそうです

こんにちは、天然主婦ゆる子です。


風邪ひとつひかない、元気だけがとりえのゆる子なのですが

二週間ほど前から、首から右肩、右腕にかけて

痛みがでてしまい、上を向くことができず、

鈍痛がズッシリ状態になってしまいました。

上が向けないから、この季節なのに、うがいもできません^^;


一時良くなったので安心していたら、また数日前からぶりかえし

昨日は胸にかけても痛みが走るようになって

これはさすがにまずいと思い、病院へ行ってきました。

いただいた、病名が 頚肩腕症候群

同じ姿勢での長時間の作業によっておきるらしいです。

もともと頚椎が真っ直ぐに近いため

ちょっと無理すると出ていた症状なのですが

ブログを始めてからは、初めてのこと。

先生からも、ちょっとひどくしているからこれ以上負担はかけないように

毎日通うようにときつく言われてしまいました。

風邪や、内臓の病気ではないので、食欲はあるのですが。。(笑)

そうはいっても、さすがに15分もタイピングしていると

首や肩から腕にかけてずっしりと痛み、気持ち悪くなってしまいます^^;


ただでさえ主婦は大忙しの歳の瀬、大掃除もあるし、

早いとこ治してしまわないといけないのですが

仕事や家事は休むわけにもいかないので

今週だけ、やむなくブログを全面休業することに決めました(涙)

もともと更新頻度はゆっくりなのですが

皆さんのブログへのコメントもお休みいたします。ごめんなさい。

でも、記事だけ読ませていただきますから^^

そして短期集中でしかっり休んで、来週早々には復帰できる予定でいます。





皆さんからいただく暖かいコメントが何よりの楽しみなのですが

今回はお返事できないと思いますので

皆さんも、どうぞ読み流してくださいね、お願いします。


寒さもいよいよ本格的になってきましたね

みなさんも、風邪などひかれませんように、ご自愛ください^^

そして、いつもありがとうございます!



posted by ゆる子 at 17:33| Comment(18) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

「ゴレンジャーバトン」


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

すっかり遅くなってしまったのですが

じゅんさんakeさん

からいただいてきた「ゴレンジャーバトン」に挑戦です^^

みなさん言ってますが、何ゆえ「ゴレンジャー」なのかは

だ〜れも知りませんから、つっこまいないでください(笑)



@はじまりの合図

それいけ!トッピー

母がよく言ってたのですが、出自は不明です^^;
誰か知ってます?


A身長は?

157センチ。
2ミリほど縮みました。これからますます^^;

B身長に比べて体重は多い方だと思いますか?

akeさんのところにおもしろいものが紹介されていたので私も拝借^^

BMI(肥満度)計算ツール です。

私は19.88 で、マイナスをキープしていますが、
ここ数年ジワジワと更新中なので
ここで踏みとどまらなくてはと、ふんばっています(笑)


C体型はどうですか?

残念ながら胸は大きくありません。。
ウェストはくびれていると思い込んでいましたが
ただおしりが大きいだけだということに、やっと最近気づきました^^;
要するに比較の問題でくびれてると錯覚していたというわけ。。


D髪質はどうですか?

柔らかい、こしが無い、茶色い。。
若い頃から染めてる?ってよく聞かれました^^;
サラサラして茶色くていいな〜と昔はよく言われましたが
こしがないので嫌いな髪でした。
ところが、ほんとうに染め始めたらちょっとこしが出てきました!
ていうか染め剤でコートしたぶん髪が太くなったような気がします^^


E目について語ってください。

目は茶色です。髪の色に反応するのでしょうか。。
ただ最近めじりの小じわが。。あ!目と関係ないですね、思わず^^;


F顔についてどう思いますか?

う〜ん、どちらかというとやや童顔でしょうか。
その分歳より若く見られるのは得しています^^
私は鼻筋の通ったきれいなたまご型だと思っていますが
ダディさんがよく、私のことを 「おっぺちゃんこ」 とよびます。
最初は意味がわかりませんでしたが、
ハナペチャという意味だそうな。。。なんて失礼なっ!


G誰に似てると言われますか?

お父さんです!!

あれ?こんな回答ではだめですか??
ほんとにたま〜に言われるのは、久保純子さん です。
ちなみに家族からは全否定、年齢も違いますので。。
ゆる子さんち鏡あります??って突っ込まないで忘れてください^^;


H好みのものをたくさんあげて下さい。

晩酌  ゆったりおしゃべりしながらの楽しいお酒が好きです

本   最近はバタンキューで読む時間があまりとれませんが
     本がそばにあれば幸せです

魚介類 中でも貝類が好きです 
     帆立 赤貝 牡蠣 サザエ アワビ(うわっよだれが。。^^;)
     牡蠣は子供の頃は気持ち悪くて手も出せませんでしたが
     大人になったとたん磯の香りがたまらなくなりました!
     一度あたったことがありましたが、それでもやめられません(笑)

赤毛のアン 少女趣味と笑われそうですが
       あふれる自然の美しさとアンの前向きな生き方が好きです
       プリンスエドワード島に行くのが夢です^^

ヒノキの香り ヒノキに限らず木の香りが好きです 
        ヒノキ風呂が我が家にあればと夢想しています     
     

I嫌いなものをたくさんあげて下さい

ガラスにフォークをたてた音  想像しただけで。。

たばこ  お酒は好きなので、吸うひとの気持ちは理解できますが
      煙がどうにもだめなんです。。

水曜日  週中、ちょっと気力が必要。。

早く起きなければならない週末  部活の予定を聞いてがっかりします



J涙を流す(流しそうになる)もの

玉ねぎ刻む時! なんとかなりませんか?これ。。

そして子供の笑顔や、子供が悲しい思いをする状況には
もう涙腺があっというまに、ゆるんでしまいますねぇ

それから杉田かおるさんの「鳥の詩」はまともに聴けたことがありません。
この歌を聴くと、ゆる子が21の時に亡くなった母が思い出されて
あっという間に胸がいっぱいになってしまいます。

あなたがいた頃は 笑いさざめき
誰もが幸福に見えていたけど
人は人と別れてあとで何を想う。。

あなたはいつの日か 巣立つ私を
静かな微笑でみつめてくれる。。


今歌詞をみただけで、もうだめです。
母親の存在ってこんなにも大きなものなのですね。。


K自分の心に響いたお話は?

それはこの夏のこと
友達のだんな様が病に倒れました。働き盛り、子供は3人
いちばん下の子はまだ小学生。
心もからだもボロボロになったお父さん
退院後の薬が合わず、ある晩とつぜんベランダから身を乗り出しそうになりました。
長男と母が必死に支えご近所にも助けを求めて大騒ぎになったそうです。
そしてその時次男君の姿が見えず。。
後から母があの大変な時にいったいどこにいたの? ちょっと責める口調で問い詰めてしまったらしい。
やっと口を開いた次男君、マンションの下へ駆け下りていたそうな。
『家族のためにも僕より、お父さんの命が大切』
お父さんが落ちてきたら、下で受け止めようと思ったらしいのです。
この話を聞いたときは、胸がキュッとしめつけられるようでした。

現在お父さんは元気を取り戻しつつあり、
仕事にも様子をみながら復帰されました。
妻である友達もほんとうに必死でだんな様を支え、家族で取り戻した健康だと思います、ほんとうに心に響いたできごとでした。



L1日で一番好きな時間は?

ぬくぬくとお布団にすべりこんだとき^^


M自分ってどんな人に見えると思いますか?

しっかり者で、一見しとやか?に見えるらしいです
ところがどっこい
ゆえに、よく意外だった〜とか (お酒好きも含め)
得してるね〜とか言われます(ある意味損してる気もするんですが。。)
かめばかむほど味が出るといわれたこともありますが
それはどうだかわからないけれど
そんな 昆布みたいな人でいたい とは思っています。。


気が向いたら、ご自由にお持ち帰りください^^


posted by ゆる子 at 07:53| Comment(29) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

お酒バトン


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

10月半ばに、じゅんさん から

いただいていきま〜すと言ってもらったバトン

もう11月になっちゃいましたね。。

じゅんさん、ながらくお待たせいたしたっ^^



我が家の一階、じいじの庭にある 金木犀 です。
今は花は咲いていません。おとなりの柿がちょっと見えますね^^

185.jpg

お酒バトンなにのに、なんでこの木がでてくるかって?

それはあとからのお楽しみ^^


それでは、「お酒」バトンいってみましょう♪

@好きな酒
醸造酒系はちょっと残るところが苦手で焼酎、特に 麦焼酎 が好きなのですが
このあいだ、友達家族が来たときいただいた
マッコリ という醸造の韓国のお酒は美味しかったです〜
今若い女性にも人気らしいのですが、ほのかな甘みと酸味があって(ちょっと甘くない乳酸菌飲料みたい)飲みやすいです^^



A嫌いな酒・苦手な酒

醸造酒系(日本酒、ワインなど)は大好きだったのですが
最近は翌日に残るのがきつくて敬遠ぎみです。

まあ、どうしてもと言われれば好きなので飲んじゃいますが^^;

B誰と飲みますか?

普段は、ダディさんが一番多いですね^^
もちろん、じいじも一緒のことよくあります。

あとは、お母さん仲間や、昔からの友達とねっ!

C泣き上戸?笑い上戸?

なんだろう?
泣き上戸ではないけれど、感情の起伏は豊かになって
赤ちゃんが笑っただけで泣けます^^;
しゃべり上戸かも。。
子供たちにしゃべりすぎだと指摘をうけることも、しばしばです(笑)


D酔いが顔に出る方ですか?

ほとんど出ません(スイマセン)


E記憶を無くした事は?

若い頃は、時々ありました。
駅のベンチで寝ていたことはありませんが
気が付いたら友達の家で寝ていたことはあります。。


F今まで一番楽しかった酒は?

楽しいとはちょっと違うかもしれませんけれど
一番忘れがたいのは、私の大好きな沖縄でのこと。
お酒というと、どうも夜のイメージが強いですが
太陽がふりそそぐなか、青い海をみて、風に吹かれて飲んだ泡盛のロックは忘れられません。
泡盛っていうと、みなさんヒエ〜って思うかも知れませんが
コップに一杯だけ、しかも氷を溶かしながら、ゆっくり飲めば大丈夫ですよ^^
ほんとうに爽やかで、沖縄の海にこれほど似合うお酒はないと思います。


G一番思い出したくない酒は?

それほど嫌な思いではないんですよね〜
失恋の時のお酒も、やけ酒にはなりませんでした(笑)
ちょっと切なくなって、ポロリとするくらいでしたから。。

一度だけ、どうしても自転車に乗れなくなったことがあります^^;
乗ろうとすると、バタンッ!  もういっかいチャレンジすれど、バタンッ!
一部始終、ちゃんと憶えているし、友達とも話しているのですが

『この自転車おかしいよ〜〜』 とブツブツ。。

みんな優しいので、
『おかしのは、ゆる子でしょ』 とはつっこまれませんでした(笑)
ちょっと恥ずかしくて、思い出したくありませんね。。



H彼氏、彼女と飲む酒は好き?

好きです^^ ダディさんはもちろんのこと
むか〜しお付き合いした人も、みんなお酒が飲める人でしたから
一緒に飲むのは楽しかったし好きでした^^


I酒を飲んだ勢いでケンカした事は?

外でお酒飲んで喧嘩したことは、ありません^^

あんがいお酒を飲んでないときのほうが、友達とも喧嘩しましたね^^;
ただ、父親とはたま〜に口げんかになることがあります。
お互い譲らない性質なので、ダディさんが仲裁で苦労するはめに。。
それも気の毒なので、最近は私が折れるようになりました^^
大人になったわね〜


Jお酒は好き?お酒の場が好き?

好きです!
きっと、お婆ちゃんになっても、晩酌してると思います^^
好きなお酒を、ほんの少し、
美味しいものをいただきながら品よくたしなむ。。(笑)
そんな大人な飲み方ができるようになりたいですね^^


ここで、おまけのゆる子果実酒コレクション♪

季節、季節の果物を使って作る果実酒は、だんだん美味しくできあがっていく楽しみもくれるんですよね〜
氷砂糖の加減もできるので、甘すぎず、とっておきのお酒になっていきます。


184.jpg
左からまりもが大学の梅で作った梅酒、びわ、金木犀です


代表的なところでは、梅酒 が有名ですが
ゆる子は、ほかにも、びわ、かりん、プラムなどで作ります。
琥珀色になった秘蔵の プラム酒 は
最後の何杯分かを、風邪をひいた友達に去年わけて

おしまいになってしまいました。。美味しかったのよ〜

今の一番のご自慢は、 金木犀のお酒 です。
去年枝をはらってしまって、すっかり小さくなってしまった金木犀ですが
その前は、枝もたわわに、花が咲いて甘い香りをふりまいていました。

その花を見たとき、これでお酒が作れないかな。。と思ったわけです。
中国のお酒に 桂花陳酒(けいかちんしゅ) という白ワインに
金木犀を漬け込んだ甘いお酒があり
その真似して、果実酒みたいにしたら。。と挑戦^^

じいじに手伝ってもらって、新聞紙を広げて木を揺さぶります

ザワザワ。。^^;

落ちてきた花を集め、きれいに洗ってから、いったんよく乾かして
だしをとるような、袋につめて (この容器でだしパックふたつ分) ホワイトリカーに氷砂糖と一緒に漬け込みます。(ほかの果実酒と一緒です)
酸味づけに、レモンの輪切りも一緒にチャポン♪
レモンは皮をむいて、白いとこを取って
皮と実を別々に入れ、皮だけは一週間でひきあげてください^^
一ヶ月くらいで、レモンもひきあげ、3ヶ月くらいしたら花もひきあげて
あとはいったん濾してから、保存です^^

じ〜っくり待った方が、色も美しく美味しくなり、金木犀のお酒のできあがり♪

お酒の苦手な人も、

氷でわってほんのひとくち、寝る前に楽しむのも素敵。

いい夢が見れそうでしょ!


あ、そうそうバトンでしたね〜
お酒飲まない方には、ちょっと厳しいバトンでしょうから
お酒の好きな方、秋の夜長にでも気が向いたらいかがでしょうか^^




posted by ゆる子 at 06:20| Comment(18) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

色バトンみたいな、祖母の思いで


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

さて、今月の始め頃、まりりんさんのブログから

かってにいただきま〜す、ってもらってきた 色バトン

すっかり遅くなりましたが、ちょっぴり私流に変えて

書いてみようかと思いました。

だからバトンのようで、バトンじゃない。。我が儘をお許しください^^;




それでは、はじめま〜す!

好きな色は?

好きな色か〜
なんでしょう(笑)
この色が好きって色は正直言ってないんですよね^^;
身につけるもの、まわりに置くものをみても
あまりポリシーが感じられない。
その時々のこれだっ!て色を選んでしまっているんです。

夕焼けの茜色、すいこまれそうな海の青、
朝顔のむらさき、アジアンタムのうす緑

こんな色も、大好きなのですが色と定義していいかどうか。。

やっぱり答えになってないな〜(笑)


嫌いな色は?

嫌いってわけではないのですが、見ていてちょっとつまらないのは
やはり、黒 や 灰色 や こげ茶。
でも、不思議不思議、着ている服にはこんな色けっこうあります。

ふんわり柔らかな、 グレーのセーター なんて大好き^^
 も奥が深いと思うしね。。

ただ年齢を重ねるにつれ、
きれいな色も身につけるようにしていくといいのでしょうね。。
気持ちも明るくなるかも^^



携帯の色は何色?

シルバー
もう使い始めて4年目の年季が入った貴重品です(笑)



ところで、さっき書いた茜色で思ったのですが
日本古来の伝統色って素晴らしいと思うのですよね〜

よく聞くところで
亜麻色(あまいろ)琥珀色(こはくいろ)抹茶色(まっちゃいろ)
浅葱色(あさぎいろ)瑠璃色(るりいろ)茜色(あかねいろ)


興味があったので調べてみたら251くらいあるみたいです。

せっかくの色バトンなので
ここから、日本の伝統色 シリーズです。

ちなみに、日本の伝統色は こちら で見ることができます。


あなたの心の色は

水色かな。。

色んなものを映して、色の変わる水の色です^^

子供たちにも選んでもらったら、菜の花色でした。
菜の花色っていうと、優しげですが
なんか 黄色い イメージだそうで。。(笑)
まりりんさんが、選んでくださった オレンジ とも通じるところがありますね^^


回してくれた人の心の色は?

桜色^^

まりりんさんの好きな色が白
そして、お友達が選んだまりりんさんのイメージが赤
なので、中をとって、桜色

いつもふゎっと華やかなところもぴったりだと思うのですが^^


この後に、バトンを送る項目があるのですが
今回は勝手にここを割愛して、
ちょうど、秋のこの季節の色にまつわる思い出をひとつ。。


日本の伝統色といって、思い出すものに着物があります。

ちょうど、週末に虫干しをしました。

私は和服はいっさい着ないのですが

母と祖母が好きだったので、思い出したときに虫干しだけしています。

180.jpg
親戚のお姉さんからいただいた、お下がりの銘仙の着物と三尺。
まりもにも、着せました^^



ゆる子がずっと子供の頃一緒に住んでいた母方の祖母は

明治生まれの リサイクル名人

派手になってしまったり、擦り切れた着物は

こんな秋の爽やかなお日様のもと

みんなほどいて、洗い張り をします。

様々な大きさに切られた、色とりどりの端布(ハギレ)は

縁側から庭へ斜めに立てかけた張り板に、

糊をつけて、手際よく貼り付けられていきます。

張り板とは、ちょうど滑り台くらいの幅で、長さが2,3メートルくらいの木の板。

実際この張り板を滑り台にして、遊んだりしたものです^^

すっかり渇いたハギレは、ピンと生まれ変わって

色々なものに、変身していきます。

あるものは、ゆる子のお手玉に、

また、あるものはパッチワークのようにつなげられて敷布団に変身。

なかでも子供心に一番すごいな〜と思ったのは

綿入れ丹前 に生まれ変わった時です。

綿入れ丹前とは
寒い風土で考え出された「綿入丹前」は普通の丹前の中に木綿わたを入れて仕立て、風呂上りには浴衣代わりとして、寝る時は毛布代わりにと大変便利な寝具です。

今はすっかり影を潜めてしまった、寝具ですが

北海道出身の祖母や両親にとって、この綿入れ丹前は必需品。

実家では、この丹前をかけて寝るのがあたりまえでした。

寒い夜も、本を読むのに手を出しても袖から出せるので

うでが冷えないという、すぐれものなのですよ^^


この丹前をハギレを集めて祖母がきれいに仕立てていきます。

父のものは、父らしいこげ茶や藍色を集め。

母のものは、母らしくえんじや海老茶

そして、ゆる子の綿入れ丹前は、桃色や茜色の花柄などの明るい色を集めて

仕立ててくれます。

色とりどりの布を器用につなげて、丹前をしたて

真綿を敷いて、ふかふかの軽い綿入れ丹前ができあがってくるのを

じっと見ているのは心躍る時間でした。

寒い夜に布団に入って本を読むときに、いつも思い出すのが

祖母の綿入れ丹前なんです。

そして、穏やかな秋の陽に華やかに並んだ、色様々なハギレ のこと。

丁寧に生きていた時代だったのだな。。と思います^^


posted by ゆる子 at 17:58| Comment(18) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

時間飛行 前世、現世、来世診断

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

日本ハムファイターズ、パリーグ優勝 です!

とってもいい試合でした〜

昨年もパリーグ一位になりながら、プレーオフで涙をのんだ

ソフトバンクも勝たせてあがたかったけれど

道産子DNA100パーセントの、ゆる子は文句なくうれしいです^^

『シンジラレナ〜イ』^^

北の大地で4年目、そして25年ぶりの優勝おめでとうございます!




さて、おととい ぽっっぽさんのブログ でおもしろいものをみつけました^^


前世・現世・来世 性格診断 時間飛行 というものです。

さっそくやってみたら、これが面白い!!

今までも、占いや性格診楽しいものがありましたが

これは、コピーペーストしなくても、そのままサイトに入れるので

アップしてみました。


やってみたい方は、こちらへどうぞ^^

http://www.jikanhikou.jp/


ちなみに、私の総合診断結果は


『やることはやる! サザエさん』 でした(笑)


私の診断結果はこちらです^^

http://www.jikanhikou.jp/result.php?uid=00050122


楽観的、悲観的 の項目では

超お気楽ノー天気人生 とでてしまって。。^^;

針も左に振り切れ、自分でも、まさかここまでとは思っていませんでした。。


あなたの前世のところは 「人魚」 です

あら、可愛い!! なんて思って読んでみたら

こりゃまた、ずいぶん薄情というか

いやいや薄情なんてものじゃない、非情な人魚でした。。(涙)

そのカルマを相殺すべく、来世で「青年海外協力隊」なんでしょうか。

でも、来世では男の人になっているみたいです^^;



さっそく娘のまりもに教えたら

『やるやる!!』 って朝の忙しい時間にパパッとやっていました^^

総合診断結果は 

「Theバント職人」^^

たとえ自分の身を削ろうとも人に貢献する。そんなあなたの生き様は、
まるでギネスブックにも記録された川相昌弘(2006年現在中日、元巨人)。
目立たずともあなたのことを周りは認めています。
ただ、あなたの普段と違った一面にも期待しているようです。
意外にも川相選手もサヨナラヒットを打っているのです。



直感的な母と、論理的な娘

自己中気味な母と、自己犠牲派の娘 

これだもの、親子喧嘩にもなるはずです(笑)

まあまあ、トムとジェリー、仲良く喧嘩しな♪  です^^


ちなみに、まりもの前世は「ナルシスト」来世は「安易な大統領」でした(笑)

サヨナラヒット期待してるよ! まりも^^


友達にも教えたら、前世、来世はけっこうみんな違う答えがでて

かぶっている人は無し。

いくパターンもあるみたいです^^

まあ、お遊びだと思って楽しんでみてください!

難しく考えずに直感的に答えるのがこつみたい。

その日の気分次第で答えも変わってきそうだし。。


週末に、ちょっと時間旅行楽しんでみては、いかがでしょう^^



posted by ゆる子 at 08:05| Comment(16) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。