2006年07月12日

まりものワンピース

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

初お目見えのまりも

みなさんに可愛いと言っていただいて

とっても嬉しかったです、どうもありがとう^^

ゆる子は我が子にかぎらず

ふわふわと柔らかな小さな子供に弱いんです。

よその子でも、ひざに抱き上げてギュ〜ってしたくなって

その衝動を抑えるのに一苦労^^;

だからまりもや、スマイリーの小さかった頃を

思い出すだけで笑顔になってしまいます。

今まで、まりもとバトルになった時も

この思い出作戦で何とか乗り切ってこられました。

口げんかの後で、ちょっとムカムカしている時も

可愛かった幼いまりもの姿を思い出すと

不思議と気持ちがなごんでいきます。

まあ、生意気な口をきくようになったのも

大きくなった証拠、よしよし。。となるわけです。

難しい年頃のお子さんと喧嘩になったときはぜひ一度お試しアレ^^




ところで、今日は

前回記事の写真で、まりもが着ていたワンピースのお話をしようと思います。

実はこのワンピース、ゆる子の手作り子供服の

デビュー作なんです。

なんだ、子供服くらい誰でも作れるよ。。。

なんて思わないでね。



ゆる子は中学、高校通して、被服の時間が大の苦手。

調理の方は問題ないのですが、

被服といえば、まともなものを作ったためしがありません^^;

中学の時は、自分の作ったパジャマを修学旅行に持っていくという

とんでもない課題が与えられ

やっとできあがった『それ』はガタピシとゆがんで

とてもじゃないけれど、

ゆったりと眠りにつけるような代物ではありませんでした(笑)

高校の時のワンピースもしかり。

可愛いはずのパフスリーブもいびつだし

ウェストの切り替えもおかしくて、きれいなフレアがでません。

もうやだ!って思いながら作っているのだから

うまくいくはずもありません。


ところが。。。時は流れ。。。

わが子を持ったゆる子は、ある日突然

娘のまりもにワンピースを作ってみようと思い立ったのです。

これが始めてみると、楽しいのなんのって

あの昔の自分はなんだったんだろう。。。みたいな感じ。


この時に気づきました。

昔の自分は、授業でいやいや課題をこなしていたんだと。

これがひとたび、

可愛い娘に着せてみたいという思いを持ったとたん、

とっても楽しい仕事になるんですね^^

そうすれば、ちょっとやそっとぶきっちょでも

ぜ〜んぜん問題じゃありません。

こういう事って気持ちの持ち方ひとつで

まったく違った結果をもたらすということに気づいたのです。


できあがったワンピースは、確かに裏までひっくり返したら

減点ポイントはいっぱいなのですが

ちょっと見、なかなか可愛らしいし、

なんといっても、まりもが大喜びしてくれました。

そうなれば、気持ちに加速がつきます^^

スマイリーとお揃いを作ったり、いつの間にか

昔の被服の授業だいっきらいの自分はいなくなっていました。

幼稚園の頃は手芸が得意なお母さんを中心に

パッチワークなども教えてもらって

すっかり手作り大好き状態(笑)


手の込んだ冬服はやはり手が出ませんでしたが

ノースリーブのワンピースやスカートは

毎夏ごとに増えていきました。


ただ、最初に作った思い出いっぱいの大切な

水色のギンガムチェックのワンピースも

それから毎夏作った服たちも

探してみたら、いつの間にかなくなっていて

手元に残っているのはこの2着のみでした^^;

88.jpg

勝手になくなるはずはないわけで、

どう探してもないということは

どうやらお下がりで、誰かにあげてしまったみたい。。。

ぎゃくに考えれば、お下がりでひとさまにあげられるほど

腕もあがったということかもしれませんね^^


そして写真の白いレースのワンピースが最後の手作りワンピース。

小学校5年生の時のピアノの発表会のために作りました。

ちゃんと、袖までついているでしょ^^

ふんわりした、ペチコートをスカートの下にはけば

もう気分は『不思議の国のアリス』です!

まりもも、とっても気に入ってくれて大喜び。

その後、お友達二人からも、可愛いから貸してといわれて

ピアノの発表会は計3回経験したワンピです^^


その後は、ゆる子がパートを始めて忙しくなったこと

まりもも大きくなってもう手作り服っていう年頃じゃなくなったことなどで

打ち止めとなりましたが

私にもやればできるじゃない! って思わせてくれた

手作りワンピースたちでした^^


せっかく残っているこの2枚。

大切にとておいて、まりもやスマイリーに

女の子ができたら、ぜひ着てもらいたいな〜と夢見ています。











posted by ゆる子 at 06:39| Comment(10) | TrackBack(2) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

まりも大丈夫かな

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

娘のまりもは、ただ今パワー全開でアルバイトの日々です。

もちろん大学生活もエンジョイしていますが

来年から始まる一人暮らしに向け

資金を作るのだと、アルバイトに必死。

塾の先生とファストフードのお店を掛け持ち。


特にファストフードの方は、フロアから洗い物まで

立ちっぱなし、何でもござれのきつい職場らしく

『このところ毎晩足がっつっちゃう』と、かなりのお疲れモード。

さすがのまりもも、ちょっぴり弱音が見え隠れ。

体をこわしちゃ、元も子もないのよと

ついつい心配であれこれ言うのですが、

相変わらずの頑固ちゃんで

いったん決めて始めたことは、てこでも動きません


昨日も大学二年生からの3年間でかかると思われる費用から

奨学金の申請分

私達両親やじいじからの援助を差し引き

あといくら働けばいいか、あれこれ計算して

『よし! これで何とかなるぞ^^』と計画がたったようです。

アバウトな母とは似ても似つかぬ、しっかり者の娘です^^;



でも、小さな頃は幼稚園でもすぐにぽろっと涙がでてしまう

泣き虫さんでした。

とっても頑張りやゆえの、できない時の

悔しさや、それをはっきり伝えられない気持ちが涙になってしまうらしく

先生からは『泣き虫のまりもちゃん』でとおっていました。

それでも泣きながら、何でもやり通してしまう

芯の強さがまりもの持ち味です。

そして泣き虫も小学校にあがってらはすっかりなくなり

どんどん積極的になっていきました。


いちばん頑張ったのは、きっと高校3年間続けたボート部の

チーフマネージャーの仕事だったと思います。

ほんとうに縁の下の力持ち。

練習メニューの組み立てから、部員の体調管理

メンタル面のケアもすべてマネの仕事。

合宿の時の献立も、早朝の調理のしたごしらえなどなど。。

およそ、あらゆる雑務と言う雑務をこなしていました。



だから強いったらありゃしない^^;

家でもゆる子がひとつ注意しようものなら

その5倍くらいのパワーで言い返され

ゆる子も負けじと言い返すものだから

高校時代は母娘バトルが絶えませんでした、ほんと(笑)

外で頑張っているぶん、母親に甘えてのことと

わかっちゃいるが、私も大人げないんです。



やっとこの頃

母娘として、いろんな話ができるようになり

楽しい時間が増えてきたと思ったら

来年は手放すことになってしまい、母としては

寂しいかぎりなんです。


でも子供はいつかは親もとから巣立っていくもの

無事に送り出すことができるのなら

それは何よりの幸せなんでしょうね。


小さな頃の写真を探していたら

お気に入りのワンピースでおでかけ

ご機嫌でちょっとおすましのまりもが写っている一枚がありました。

まりも初おめみえです^^


93.jpg


このワンピースには色々思い入れがありまして。。^^



小さな頃のまりもは、ちょっと内弁慶。

家の中だとお茶目で、愛嬌があって

おかあさんといっしょとか見ながら

ルンルン踊ったり歌ったり。。可愛かったな〜

可愛かったな。。って言うと

必ず『今は?』って聞いてくるまりもです^^;

もちろん、可愛いですとも!


今朝も疲れた〜と言いながらでかけて行ったまりも。

ちょっとオーバーヒート気味が心配な母です。。



















posted by ゆる子 at 07:43| Comment(24) | TrackBack(1) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

小さかった娘へ、ごめんね


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、天然主婦ゆる子です。

いよいよサッカーワールドカップ開催ですね!

ダディさんはサッカーが大好きなんです。

また夜更かしになるんでしょうか。。。

ゆる子はおつきあい程度にしておきます。

もちろん日本戦は応援しますよ〜^^


きのう、昔のノートの整理をしていたら

子供達の成長のつどつどに書き留めた、ちょっとした

できごとノートが何冊かでてきました。

パラパラめくっていたら

ちょうどスマイリーが生まれた頃の一冊があり

ひとつの詩が目に付きました。



我が家は二番目の子のお産のときに

ダディさんのお母さんが倒れたあとだったり

ゆる子の母はもう亡くなっていたりで

夫婦ふたりで乗り切るしかありませんでした。

当時のまりもはやっと3歳になるところ

それでも忙しそうな、母親を見てか

一生懸命いいお姉さんになろうと頑張っていました。


ゆる子もそんな聞き分けのいいまりもにまで

なかなか目がいきとどかず

それどころか、まりもに甘えてさえいたのかもしれません。



やっとスマイリーが一ヶ月をすぎた2月のある日

少し余裕ができたので

スマイリーをベビーカーに寝かせて

まりもを連れてお散歩にでかけました。

その時に作った詩です。
(名前はまりもに置き換えました^^)




北風の中を まりもが走っていく
解き放たれた小鳥のように
軽々と走っていく
小さくなっていく うしろ姿に
なぜか胸がいたくなる

私は この小さなひとに
いったい何を要求しているのだろか
まだ生れ落ちて三年たったばかりの
この小さなひとに。。

「赤ちゃんがおきちゃうでしょ」
「もう 3つになったのだから しっかりしてよ」
「もう。。すぐ泣くんだから」

そんな言葉たちが 
強い北風にあおられて舞い散っていく

しかし、そんな母のとまどいなど
少しも意に介さないかのように
まりもは 軽やかに走っていく

そして 立ちどまると
振り向いて
「おかあさ〜ん」と呼ぶ

北風にまりもの髪が サラサラと舞い上がり
明るい 澄みきった笑顔がそこにあった



57.jpg
photo by MUSIC LIFE 



このころから少しずつ暖かくなり

やっと、まりもを外遊びにも連れていかれるようになり

私も余裕ができたと、時を同じくして

日記もぐっと減っていきました。

まりもの時はこまめに育児日記をつけていたのですが

スマイリーの記録はあんまりありません(笑)

二人の子育てで、それどころじゃなかったみたいです^^;

そして、母親としてもだんだん

心にゆとりを持って子供に接することができるようになりました。


あれから15年

この頃は、ゆる子がおこられていますが

しっかり者はあいかわらずのまりもです


ちょっと胸がいたむ母の思い出でした。。。




posted by ゆる子 at 12:40| Comment(15) | TrackBack(1) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

小さな花


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、天然主婦ゆる子です。

昨日、まりもの一人暮らしをめぐって

娘と喧嘩をしてしまったことを書いたら

皆さんから、たくさんコメントをいただきました。

おかげで、親の気持ち、子供の気持ちそれぞれの立場からの

コメントをいただき、

とっても、とってもよかったです。

お母さんの気持ちを読めば、『そうだよね』と心強く

子供の気持ちを聞けば、『そうだったんだ』と納得。

ゆる子もみなさんのおかげで、

すっきりとふっきれましたよ〜^^

今はひとり暮らしのことしか、眼中にないまりもですが

そのパワーを信じて、どこまで頑張れるか静観しつつ、

そっと応援していきます。

いつかは子供は巣立っていくものだし

離れて初めてお互いに見えてくるものもありそうですよね。

ここはジタバタしてもしょうがない。

まずは先立つものが必要でしょうから
(まりものバイトじゃとても追いつきませんものね)

ゆる子も元気で仕事に励みます。

そして私も自分の目標をかかげてがんばろっと!



ところでお話かわりますが、

この花の名前を知っているかたいらっしゃいますか?


ゆる子のプランター花壇には

ほったらかしのうちに、名も知らぬ花が咲きます。

ピンクの方は、花好きの友達が持ってきてくれたもので

紫蘭(シラン)だということは知っているのですが

小さな花が集まった紫の方はいつのまにか

毎年花を咲かせてくれるのに、名前を知りません。


41.jpg



あまり可愛かったので、このあいだ写真をとったら

急に名前を知りたくなりました。

どなたか知っていたら教えてくださるとうれしいです。


posted by ゆる子 at 01:02| Comment(13) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

娘の気持ち、母の気持ち


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで



こんにちは、天然主婦ゆる子です。

実は母の日に、娘のまりもと久々に喧嘩をしました

きっかけは、たあいもないことだったりするのですが

ダディさんにあきれられています^^;



今回はまりもの一人暮らし問題です。

まりもは、今大学まで片道2時間かけて通っています。

大変です。

これから学年が上がれば、教育実習もあり

とても通いきれないと、本人はいいます。

それについては、どうしても一人暮らしがしたいというので

ダディさんと三人で話しあい

今年一年は家から通学で頑張る、

そして忙しくなる来年からは一人暮らしをみとめることにしました。

一年といえば、まだまだ時間はあるのに

このところのまりもといえば

暇さえあれば、部屋探しやバイト探しに明け暮れ

来年のことしか眼中にありません。

『バイトをしまくって、資金を稼がなきゃ』と一心不乱です。

ゆる子はなんだか違うんじゃないの?

それじゃ大学に行った本来の目的と

一人暮らしをすることが本末転倒じゃないの?と

ひとこと言いたくなってしまいます。


もともとゆる子が子どもっぽい性格なうえ

まりもは人一倍気が強いので

そこで話し合っているうちに、ついつい口喧嘩になります。

でもあとから冷静になって考えてみると

どうも、まりもを手放したくないゆる子の思いが

そんな小言になっているような気もするのです。

我が家は宵越しの喧嘩はしない家族なので

(というより、みんな話したがりなのでど
ちらからともなくしゃべってしまう^^;)

その日も夕飯時にはもう仲直りをしていましたが

翌朝いつものreikoさんのブログ

ここだけ日記

『今日は母の日』という記事を読んで

なんだかまりもからのメッセージのような気がしました。

そうだよね、そうなんだ〜

と娘の気持ちが垣間見えたような気がしました。

かつては私も娘だったし、今も父親からみたら娘現役ですが

いつのまにか母親のゆる子が前面にでてしまい

子どもの気持ちになって考えてみることを忘れていたのかもしれません。


息子のスマイリーは

すっと素直に相手のふところに入ってくるのが得意です。

可愛がられ上手です。

その点、まりもは可愛がられ下手なんですが

そんなまりもが、ほんとうは可愛くてしょうがありません。



幸い我が家は、何でもとことん話しあいます。

これからもまりもの言うなりになるつもりはありませんが、

少し子離れして、ちょっと距離をおいて

ダディさんとふたりで見守っていかれたらと思っています。


もう子育てずっと先輩の『おかん』 さんからも

優しいアドバイスをいただきました。

いつもコメントくださる『まるき』さんも

今娘としてお母さまと、あたらためて素敵な関係を築いているみたいです。

みんながそれぞれの

親子関係を作って成長していってるのだなと感じます。

そしてみんなのブログやコメントから

いただくメッセージにあらためて感謝です。

















posted by ゆる子 at 08:35| Comment(15) | TrackBack(4) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

近頃のまりも


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで



こんにちは、天然主婦ゆる子です。

昨日は息子のスマイリーの学校で夕方から

野球部の保護者会があり

仕事をちょこっと早めにあがって行ってきました。

片道1時間はかかるし、6時からだったので

夕飯はどうしようかな〜

遅くなるけれど、何か買ってきちゃおうかなって

思案していたら

『私が作っておこうか?』

となんともありがたいお言葉。

そう、高校時代は母に反抗ばかりしていた

娘のまりもが、さらっとこう言ってくれたのです(涙)

『えっ 明日帰り早いの? いいの? 助かるよ〜』

母感激の一瞬です。

最近は気がついたら洗い物がしてあったり

洗濯物が取り込んであったりします。


小さな頃から頑固ちゃんで、一度言いだしたら

テコでも動かない性格ゆえ

あまり器用に生きるタイプではないまりも。

笑顔で何となくうまいこと難局を乗り切っている弟スマイリーとは

まったく反対の性分です。

高校時代も部活のマネージャーひとすじで、

人一倍やっかいな仕事も黙々とこなしてきた姿は

母が見てもウルウルものでしたが

色々ストレス溜め込んでいたのか

家では不機嫌で、特に母には八つ当たりの嵐でした。

もちろん、ゆる子も負けていませんから

母娘バトルも一度や二度ではなく

けっこう激しかったしエネルギーが必要でした。。。



ところが大学に入ってからというもの

ぐっと肩の力も抜けたのか

それからやはり同じ目標を持った仲間に恵まれたのか

毎日が楽しくてしょうがないらしく

家でも笑顔でゴキゲンなことが増えました。

母の次にターゲットになって怒られることが多かった

スマイリーも

『お姉ちゃん、最近機嫌いいよね』

とついポロリ。。

どうやら最後の反抗期を乗り切ったということなのでしょうか。

これからは母と娘として、色々な話がしていけそうで

ちょっぴり楽しみにしています^^



入学当初はパワフルに友達との交流に飛び回っていましたが

ここのところ、アルバイトも決まって

少し生活が落ち着いてきたようす。



昨日は8時過ぎに家に帰ってきたのですが

玄関のドアをあけると、カレーのいい匂いが

ぷ〜んとして、お腹がぐ〜っとなりそう。

ああ幸せ。。。

もちろんとても美味しくできていました。


そうだたまにはお小遣いでもあげちゃおうかなと

考えていたその時

『あ、お母さん、これが母の日ってことでいいかな?』 だって^^;


は〜? 母の日の代わりだったのか。。

ちょっとガクっときましたが

それでも笑顔で食べたカレーとサラダの美味しさには変わりはなし

感謝、感謝です。






posted by ゆる子 at 08:33| Comment(14) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

プリンスエドワード島は遠く


はじめて、遊びにきてくださった方で、天然主婦ゆる子って誰よって方は
こちらを読んでいただければうれしいです。
波乱万丈の?ゆる子と天然家の今までをギュッとご紹介しています^^


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

さて、赤毛のアンを当時中学に上がったばかりのまりもに

どうしても読ませようと、ゆる子のとった作戦とは。。

29.jpg
アンの家のモデルになったモンゴメリーのいとこの家
(ウィキペディアより)


ちょっと短絡的だったんだけど

物でつっちゃいました^^;

そのころのまりもは、ちょうど中学生になるところで

おしゃれに興味が出はじめ、みんなはこんな服を着ているとか

こんなおしゃれな小物を持っているとか

うらやましそうに話すことが増えてきていたので

春休み中に、第一巻を読破したら

好きな洋服をひとつ買ってあげると約束しました。

目的のためには手段を選ばず(笑)

というか、いこじになっているまりもに

どうしてもアンの世界を知ってもらいたくて

これしか手はないと思ったのです。

案の定しぶしぶながら、まりもが赤毛のアンを読み始めました。

するとどうでしょう。。

いつのまにか、ゆる子の思う壺

まりもが『赤毛のアン』に熱中しはじめたのです。

村岡花子訳なので、ちょっと今の子には

言い回しが古めかしいかとも思ったのですが

そんな心配は不要でした。

いつのまにか、ゆる子ともアンの話がはずむようになって

春休み中に読みきったのは言うまでもなく、

その後もアンのシリーズ

アンの青春 (Anne of Avonlea)
アンの愛情 (Anne of the Island)
アンの幸福 (Anne of Windy Willows, Anne of Windy Poplars(米国))
アンの夢の家 (Anne's House of Dreams)
炉辺荘のアン (Anne of Ingleside)
虹の谷のアン (Rainbow Valley)


など、どんどん読みすすみ、すっかり愛読書になりました。


嬉しい副産物で、中学の時にチャレンジした

英検準2級の面接の時に

『ギリギリだから、たぶん無理だと思うよ。。』

と不安いっぱいででかけたまりもでしたが

好きな本は?と英語で質問され、

『Anne of Green Gables』と元気に答えたら

すっごくいい雰囲気になったそうです。

それで緊張もほぐれ、無事合格。

『どうよ!母おすすめのアンと出会っておいてよかったでしょう』

そういって恩をきせたのは、言うまでもありませんよね^^

そのころは、まりもが大学生になったら

二人でプリンスエドワード島に行きたいね

とよく話していたのですが。。。



はてさて、今まさに大学生になったまりもちゃん、

母には見向きもせず友達第一の日々です。

どうやらあの約束も忘れているもよう。

しかたがないので、写真集でも買って我慢しようかな〜


28.jpg
アンの家のモデルになったモンゴメリーのいとこの家の中
(ウィキペディアより)








posted by ゆる子 at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

まりもと赤毛のアン


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、天然主婦ゆる子です。

大学に入った娘のまりもはパワー全開です。

入学してまだ一ヶ月もたたないのに

友達とサークルの新人勧誘に行きまくり

土日も精力的に友達の輪を広げて

アルバイトも個別塾の先生を決めてきました。

楽しいのはいいけれど、息切れしないようにと

老婆心ながら(ゆる子はまだ老婆ではありませんが^^)

ちょっと心配な母です。


ところで、ゆる子が少女時代に大好きだった本に

モンゴメリの赤毛のアンがあります。

特に村岡花子の訳した『赤毛のアン』が大好きで

まだ見ぬカナダのプリンスエドワード島に憧れました。

一時代前の女の子なら

赤毛のアンを知らない人はいなかったでしょうが

今はどうなのかな。。。

『赤毛のアン』
(原題:Anne of Green Gables、グリーンゲーブルズのアン)は、

カナダの作家ルーシー・M・モンゴメリーが

1908年に発表した長編小説です。

彼女は自分自身がプリンス・エドワード島の田舎で育った

少女時代も作品に投影しました。

孤児院暮らしだったアン・シャーリーが、

11歳でアヴォンリーのカスバート家(グリーンゲーブルズ)

に引き取られてからクィーン学院を卒業するまでの5年間

を描いています。

もう発表されてから100年以上たつというのに

その魅力は少しも変わることがありません。

夢見がちで多感な少女アンの世界の何よりの魅力は

プリンスエドワード島の美しい自然です。

りんごの花が咲き乱れる果樹園や

輝く湖水、一面の真っ白な雪景色

読みすすむうちに、どんどんその世界にひきこまれていきます。

そしてくじけそうになりながらも

いつも前向きでポジティブに考えることが得意なアン

明日はまだ何も失敗していない新しい日

そんな言葉をアンがよく言っていたように

記憶しているのですが

この言葉にゆる子もずいぶん励まされてきました。


そこで娘のまりもが中学にあがった時に

どうしてもこのアンの魅力を知ってほしくて

読んでみてね、とすすめたのですが

これが反抗期に入ったばかりのまりもに

素直に受け入れられるはずもありません。

お母さんが読んでいたそんな古臭い本なんて

ぜったいに読まない!

しかしここで、やすやすとひきさがるゆる子でもなかったんです。

ここでとったゆる子の作戦とは。。。


この続きは週末ゆっくりと。。









posted by ゆる子 at 08:34| Comment(4) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

まりもの入学式


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、天然主婦ゆる子です。

今日は寒かったですぅ

気温が一ヶ月逆戻りしてしまいました。

そんなうす曇りの冷たい風に、名残りのが舞い散る中

娘のまりもの大学の入学式がありました。



大学の入学式って親も行くものなの?と

職場でも聞かれたんですが

ゆる子にとっては我が子の初の大学入学式なので

興味津々、どんなものだか見てこようという好奇心もありました^^

まりもにも『え〜、お母さん来るの?』

なんて言われちゃいましたが、知らんぷりでついていきました(笑)

二千数百人の新入生が一同に会するのですから

若い熱気にあふれ、少しばかり寒さも和らぎました。

思いのほか、保護者の方もおおぜい来ていて

ご両親さま、ご家族さま総出の家族もいて微笑ましかったです。

中にはこれから一人暮らしが始まる門出を

見とどけにきた親御さんもいることでしょう。

元気でやっていけるかしら。。。

友達はできるかしら。。。

一人でちゃんとご飯を食べるだろうか。。。

病気なんかしないだろうか。。。


親の心配はつきないでしょう。

ゆる子のお友達で、まりもと同い年の長男を

福井から名古屋にこの春送りだすお母さんがいますが

今、寂しくてしょうがないそうです。

まだ下に二人お子さんがいるし

一番下のチビちゃんはまだまだ手のかかる年頃なのですが

それでも寂しくて、しばらくはブルーになっちゃいそうだと

メールがありました。

ゆる子も同じ立場なら、きっと心配でたまらなかったと思います。

親の心配をよそに、子供達の顔は輝いていましたが

子供達は子供達なりに、やはり新しい生活に

期待と不安でいっぱいになっているのかもしれません。

早く友達作らなくちゃ!と

さっそくあちこちで声かけあって友達作りに一生懸命です。

まりもも新しくできた友達と一緒に

大学へ行って学生証をもらってくるねと、ゆる子とは別行動。

まりもと別れ、ひとりでゴトゴト電車にゆられて帰ってきましたが

朝が早かったので、爆睡してしまい、

あやうく乗り越すところでした〜 (;^_^A



まりもは明日から、さっそく泊まりで

オリエンテーションをかねた研修合宿があるとのこと(忙し!)

良い出会いがたくさんある、

素敵な4年間にしてほしいなと願う母でした。















posted by ゆる子 at 18:25| Comment(4) | TrackBack(1) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ホテルの怪しい泥棒


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、ゆる子です。

娘のまりもが昨日関西旅行から無事帰ってきました。

途中で大雨が降ったりで、大変だったようですが、

楽しかったよ〜とゴキゲンでした。

『食い倒れてきたの?』と聞いたら

『もちろん、思いっきり!』と元気のいい返事。

最後の日は神戸も寄ってくると言っていたので

神戸の感想はいかが?(ゆる子もまだ行ったことないから興味津々)

と聞いたら、ちょっと浮かない顔で

『それが神戸には行けなかったんだ〜
それどころじゃなかったんだもの。。。』と、まりも。








続きを読む
posted by ゆる子 at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

後期試験発表日


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、ゆる子です。

今日はまりもの大学の合格発表がありました。

私立の滑り止めは受験せず。

前期日程試験、不合格。

まさに、崖っぷちの状態で迎えた今日の発表。

ゆる子も発表のある11時半まで

平常心、平常心と呪文のように心の中で唱えるものの

家事も上の空、時計の針ばかりが気になっていました。

いよいよ運命のお時間!と思ったとたん電話が鳴り、

飛び込んできた、まりもの明るい声

『お母さん、合格したよ!』

『えっ! ほんとっ?
 おめでとう、おめでとう、良かったね〜
 いや〜、ほんとうに良かったね〜』

ゆる子もほっとして、肩の力がいっきに抜けていきました。

思えば、高校の3年間ボートひとすじ

勉強も遊びも二の次、三の次で部活に明け暮れていたので、

大学受験はまりもにとって、なかなか厳しいものでした。

そうかといって、もう親の言うことをだまって聞く年頃でもなく

ダディさんと、ゆる子はじっと見守ることしかできませんでした。

こんな事で、受験はどうするのだろう

勉強から逃げているのじゃないのかな。。。

ゆる子も心配になることがありましたが

ある時、まりもの中学時代の友達のお母さんから

同期の子はもちろん、後輩からも絶大な信頼があるらしいよ、

との、思いがけない話を聞きました。

親の見えないところで、ずいぶん頑張っていたんだ。

そんなまりもの事を知り

成長してくれたんだな〜と、とても嬉しく

あとは、まりもに任せてみようと思えるようになりました。



子供達がうんと小さい頃

ある新聞の記事に、はっとするものがあり

切り抜いて冷蔵庫に貼りつけて、事あるごとに

読み返していた言葉があります。

『長い目でみましょうね、子供は信頼して見守っていれば
必ず立派に成長してくれます。信頼できる親になりましょうね。
逆に、疑い焦り、干渉すれば、混乱は深まるばかりですよ』


今では古くなってしすっかり変色してしまった記事ですが

まだ冷蔵庫に貼り付けたままでした。

たぶんこの記事を切り抜いた頃のゆる子は

きっと手のかかる子育て真っ最中で、

些細なことを他の子と比べて焦ったり

ちゃんと躾けなくちゃとやっきになって

あれこれ口やかましく子供達と奮闘していたのかもしれません。

そんな時にこの言葉に出会い

余裕を持って、子供を待てることの大切さを教えられました。

子育ってって、ほんと子供との根比べみたいなものだと思います。

これで、まりももゆる子も

親離れ子離れがますます加速していくのでしょうが

いつでも、疲れた時はほっと癒してあげられる居場所だけは

用意して待っていてあげたいです。

ゆる子もそろそろ、自分磨きかな?

おっと、いけない。

まだおっちょこちょいの極楽トンボ息子のスマイリーがいたんだ。

あと一息、ゆる子も頑張ります。














posted by ゆる子 at 13:28| Comment(2) | TrackBack(2) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

まりも、教習所初日


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、ゆる子です。

今日、ゆる子の街は南風強し。

今年の春一番です。

暖かな南風にのって、花粉が飛んでいるのが見えそう

きゃ〜、花粉症の人は要注意日です。

天然家も娘のまりもが、かなりきつい花粉症です。

今年は受験で家にいることが多いけど

去年はかつてない大量のスギ花粉の中

春休みは毎日朝から晩までボート部で花粉を浴び続け

もうスギの飛散で悲惨なことになっていました ┐(´〜`;)┌

実はゆる子もかなり年季の入った花粉症人間なのですが

この数年それほど症状が強くでません。

そう、とうとうスギ花粉に打ち勝って克服したのです!

な〜んて、喜んでいたら、

「年取って感度が落ちただけだと思うよ」

と友達に、あっさり否定されました(妙に納得)

でも理由はどうあれ、辛くないに越したことはないって

呑気なゆる子は思いま〜す。



さて突然ですが、まりもは今日から運転免許を取得するべく

教習所に通い始めました。

昨日見学にでかけ、即日登録、

もう学科の勉強もしてきちゃいました(早すぎない?)

ゆる子も決めたら早いのですが

まりもの方がもっと上手でした。

最短だと今月中には免許が取れるそうです。

2月に18歳になったばかりの、まりもですが

我が家にもう一人ドライバーが増えるということは

大変重宝であります。

ゆる子も運転はするのですが

車線変更いや、高速道路いや、右折きらい

前に大きなトラックがいると何も見えなくてウンザリ。。


早い話が車の運転はあまり好きではありません。

もっぱら、近場のアッシー君に専念しています。

教習所では、女の子としては3時間オーバーでとれたので

「へたっぴ」ではなかったはずだし

坂道発進なんてチョイチョイ〜ってなもんだったのですが

(もちろんマニュアル運転で)

なぜか、運転は好きじゃありません。

そういえば友達で

免許取るまで半年かかって、やっとぎりぎりセーフだった子がいるのですが

今では車でどこへでもバリバリでかけてしまいます。

きっと車の運転は、上手下手もさることながら

やはり、好きか嫌いかということになるのかもしれませんね。


さて、まりもはどうなるのかな?

今日の初乗りの感想を楽しみにしています^^






























posted by ゆる子 at 12:24| Comment(2) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

まりものブログ【愛しのボート部 -paddle rate13】


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、ゆる子です。

春になって雨降りがふえましたね。

大地もたくさん水分をふくんで

木の芽もふっくりしてきたみたいです。

ゆる子はいつもながら感心するのだけれど



続きを読む
posted by ゆる子 at 14:46| Comment(5) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

ありがとうトリノオリンピック

はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、ゆる子です。


始まったばかりだと思っていたトリノオリンピック

もう終わりに近づいていますね。

昨日は朝からフィギュアスケートのエキシビションに

じっくに見入ってしまいました。

やっぱり金メダルはすごい!

荒川静香さんももちろんだけど

ほかの人たちも

メダルをとった人の

演技の美しさには

あらためて驚ろきました。

特に男子の金メダルをとった続きを読む
posted by ゆる子 at 09:14| Comment(4) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

天然記念物 まりもちゃん

こんにちは、ゆる子です。 

今日は、バレンタインデーですね。

我が家の子供たちは、それぞれ女子高と男子校だから

悲しいかな、あまり関係ないかも。

去年までは、スマイリーの幼なじみが

手作りチョコレートを持って来てくれてたんだけれど

もう15歳だし、幼なじみの気遣いチョコは

今年はないかもしれないな〜

母の予感。。。

ダディさんには、もちろん日本酒をプレゼントです。

好きなもの作ろうと思って買い物してきたんだけれど

好きなもの、好きなもの。。。

と考えていたら、結局しめ鯖のおつくりと

ゆる子特製のたっぷりお野菜入り、「もつ煮込み」になちゃった

少しもバレンタインメニューじゃないし

子供たちからは、ブーイングがきそうです。

いいの、いいの。

今日はダディさんのために作ったんだから。。。ね


さて、今日は娘のまりもをご紹介します。

現在、花の女子高生。

続きを読む
posted by ゆる子 at 17:51| Comment(3) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。