2008年02月05日

二十歳

こんにちは天然主婦ゆる子です。

昨日で仕事が終わり、ほっとひといきつきました。

すっかりひさびさの更新です。

一昨日は東京でも雪が降りましたが

この日も早朝から出勤、

それでも白く雪化粧した街もなかなかいいもので

通勤も苦になりませんでした。

入力の仕事も、最初こそあたふたしたものの

このそそっかしい私にしては、まずまず無事に済ませることもでき

最後は入学手続きの手伝いの仕事、

合格証を渡しておめでとうございますという、役得もあり

嬉しそうな笑顔に、思わずうるっとしそうな

ゆる子おばさんなのでした^^



昨日は立春、もう暦のうえでは春なのですね・・

気温こそ低いですが

やはり日ざしには春の気配が感じられるようになりました。

そんな今日は、まりもの二十歳の誕生日。

早いもので、晴れて大人の仲間入り、

幸多き、20代の幕開けとなってくれればと思います。


20年まえの今日、この世に生まれ出てくれたまりも。

昨日はちょうど初めての一歳の誕生日に作った

記念紙を開いていました。
(スマイリーにはありません、ほんと手抜きでスマん、スマ^^;)


544.jpg


好きなものの第三位に入っている白いご飯、


543.jpg


これが今でも一番好きなまりも

食事の時も、まず一番に箸をつけるのがご飯で

それを味わってから、おかずにうつります、

真っ白なご飯さえあれば幸せな子

ほんとうに三つ子の魂百までとはよく言ったものだと思います(笑)


それでも健やかにここまで成長してくれたことに感謝、

最近は母娘の会話も楽しくなり、

やさしい気づかいもしてくれたりするようになりました。

一昨日の雪の早朝出勤のときも、

ちょうど一日模試でお弁当持参のスマイリー、

お母さん忙しいだろうから、私がお弁当作っておくから大丈夫と

自分から声をかけてくれました。

ぶつかってばかりだった高校時代が懐かしくもあり

また大人になったなぁと実感する時でもあります。


今日は新しく始める大学のゼミの初顔合わせとかで

親しい友達は違うゼミのため、女子の知り合いは皆無とのこと

それでも自分がとりたかったゼミだからと決めたこと

新しい出会いも期待しつつ、

ちょっと緊張しているようでもありました。

これからもたくさんの出会いを積み重ね

すてきな大人の女性になっていってくれればと思います。



初めての子育て中に書いていたノートから

ちょうどまりもが2ヶ月の時に作った詩を転記して

まりもの二十歳の記念にしたいと思います。




545.jpg



生きている 生きている 生きている
息をし まばたきをし お乳をのみ
生きている


まぶたに浮かぶ うすむらさきの細い血管
小さな肩が 愛らしいほほの曲線が
呼吸のたびに ふっふっふっと規則的に上下する


どこから来たの?
ふと そう問いかけたくなる


この世に生まれ出てまだ二ヶ月
なのに必死に生きている
小さな指で私の胸にしがみつく
これからどんな人生を生きていくのだろう


こうして私の腕でまどろんだ日々は
あなたの記憶から消えてゆくのだろうけれど
自分の幼かった日々と 母の姿を
この子と自分に重ねながら
小さな あたたかい重みをうでに抱きとめる


生きているって すごいことだ


            1988.4.8 10時53分 雪










posted by ゆる子 at 12:30| Comment(20) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^
まりもさん 
20歳の誕生日おめでとうございます。

さすが ゆる子さん
1歳の記念紙を作って
ちゃんと 残してあるなんて。

まりもさん 見たら 喜ぶでしょうね。

2ヶ月の時の詩も じーんときました。
私まで 子どもが赤ちゃんだった時のこと
思い出しました。

ゆる子さんの背中を見て育った まりもさん
きっと ステキな女性 そして お母さんに
なられることと思います。

そして ゆる子さんも お母さんになって20歳
おめでとうございます♪
Posted by 優「 at 2008年02月05日 14:29
こんにちは!

スゴイ、ゆる子サン。
1歳の記念紙なんて考え付きもしなかった・・・
それをちゃんと残してあるトコも
私には出来ない・・φ(-ω-。`)

まりもチャンの宝物になりますね。

お乳を吸っている時、
眠っている時、
寝てるのに私の服をつかんで話さない時、
大泣きしてたのに、私に抱かれて
  ピタっと泣き止んだ時・・・

本当に幸せな気持ちになります。
ゆる子サンの詩も
母の幸せが感じられる
素敵な詩ですね。

これから先、
まりもチャンの進む道に
幸多い事を祈ります。

まりもチャン、おめでとう!!
ゆる子サンも、おめでとうございます!!!



Posted by みぃ at 2008年02月05日 16:48
こんばんは^^

まりもちゃん誕生日おめでとうございます^^

今はビデオが普及してるので
映像で子供の成長を残している親が多いですけど
僕としてはゆる子さんのやってきたものの方が
愛情が感じられる気がします^^
勿論、映像も良いですけどね^^;

若い時は流されがちで友達と一緒に
いたがりますけど今回の決心は
良い方向に行くような気がします。

20歳の女性からみて36歳の男性は
どういう風に見えるんでしょうねぇ^^;
Posted by じゅん at 2008年02月05日 19:08
まりもちゃんお誕生日おめでとう!
大人の1歩を歩み始めましたね。まりもちゃんにとって素敵な年になりますように。

記念誌って素晴らしい!
良い想い出になりますよね〜。
でも小さい時に好きだったものは大きくなっても変わらないかも^^
(うちのランはパンが好きで、今でも大好きですもの)

そして関東地方の雪は大変でしたね〜?
それでもゆる子さんのお仕事は受験生の方たちの合格の喜びと出会えるのでやりがいがありますよね〜。
Posted by カカシ at 2008年02月05日 19:31
まりもちゃんお誕生日おめでとう。
現在、悩みながらそれでも信じた方向を選択する女の子
20年前の雪の日に必死で生きていた赤ちゃんと
ちっとも変わっていないんですね。
ゆる子さんも今でも
「あ、白いご飯に最初に箸をつけたな」
なんて観察しているんですねえ(しみじみ)

あら、梅の花もう咲きましたか?
青い空と調和して、凛としていて
まりもちゃんの成人式の着物みたいです。

お仕事もお疲れ様でした!
合格証を渡すなんていう役得があったんですね。
お給料も勿論嬉しいけど
こういうことがあると仕事やりがいがありますよね。
Posted by yuko at 2008年02月06日 02:05
まりもちゃん お誕生日おめでとうございます。( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )

いよいよ大人の仲間入りですね。
祝杯あげましたか^^
赤ちゃんの頃から今までのことを思うと、感慨深かったでしょう。
"もう新聞に名前が載るんだからね"と、母に言われたことを思い出します。
まりもちゃんも、何かしらの責任を感じているんでしょうね。

梅が咲いたのですか。
つい先日は積雪3cmでニュースになっていたのに。
ゆずは、「これでニュースになるの!」と驚いていましたよ^^
そして、4月にも雪が降ったんですね。
入学式の頃・・・こっちではよくあることなんですけど、びっくりしました。

そして、お仕事お疲れ様でした。
短くてもやりがいがありましたね。
喜びのお手伝いをできたなんて、なかなかできないことですよね。
私もゆる子さんも同じ時期に、同じように子供の成長を振り返れたなんて、ちょっとうれしいです。
Posted by ake at 2008年02月06日 07:29
ご無沙汰しています。
ようやく携帯でたどりつきました。

まりもちゃん、お誕生日おめでとうございます!
ゆる子さんもママになった記念日ですね(^-^)


お仕事はどうですか?
お体と相談しながら、続けられるといいですね!
Posted by ぽっっぽ at 2008年02月06日 19:54
■優さん、こんにちは^^

ありがとうございます、
この記念紙、たま〜に取り出してながめることがあります、
いかにも大雑把な手作りで
継ぎ目のセロテープはかさかさになって、ちぎれています^^;
でもこんな時があったんだなぁって思うと
赤ちゃんだったまりもの愛おしさや
まだ初々しい母親だった自分のことなど色々思い出します。
2ヶ月の時も、お世話になっていた義母のところから帰り
ひとりの子育てが始まった頃
母はもう無く、正直手さぐりの不安もたくさんありました。
たぶん立ったままご飯をかき込んだり
泣き止まないまりもにこっちも泣きたくなったりしていた頃だと思います。

でもこんなふうに
腕にまどろむまりもを見てるときだけは、幸せな気持ちでした。
それからもう20年、早いものですよね・・

そそっかしいお母さんも、やっと二十歳です^^

Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 11:27
■みぃさん、こんにちは^^

あはは、そんなにほめてもらって照れちゃうな^^
何しろ書くことが好きなんですね、
妊娠中からつけていたノートも、一歳になるころはたぶん3冊目だったかな・・
だからそれから抜粋してまとめてみようと思い立ちました。
もし、まりもが子どもを授かるような時がきたら
渡してもいいかと思っています。
優等生な文章なら参考にならないでしょうが
何しろ泣きたくなったことや
嬉しかったこと、とまどいや愛しさでごちゃごちゃのノートや記念紙なので
何か励みになるはずだと思います^^

みぃさんも、二人目の今を満喫しているところですものね、
赤ちゃんを抱くときって、どうしてこんなに癒されるのかな。
若さまに、大きくならないで〜なんて言ってたりして(笑)
まりもにもそんな気持ち味わってほしいけど
さて、どうなることやら・・

みんなに祝福していただ嬉しいです、ありがとう^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 11:39
■じゅんさん、こんにちは^^

ありがとうございます、
そうですね、これはたまたまこういうことが好きだったのと
書き溜めたノートの整理の意味もありました、
でも今思うといい記念になりますね^^
まりもの時はビデオもたくさん撮りましたよ〜
スマイリーの時はぐっと少なくなって
お姉ちゃんのオマケみたいに映ってるのもあったりして(笑)
私も母を早くになくしているので
自分が赤ちゃんだった頃の話、あまり聞かずじまい
きっとお産の時や子育て中に
あなたはこんなだったのよ・・なんて話も出るのでしょうけどね。
だからまりもには、残してあげたかったという気持ちもあります^^

ゼミの初顔合わせは、まだ緊張して
互いに手さぐりだったようですが、いい選択だたっと思えればいいですね^^

36歳頃ってちょうどお兄さんっぽい人とおじさんぽい人と別れてくる頃のような・・
いつも鍛えてるじゅさんは、間違いなくお兄さんですよ^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 11:58
■カカシさん、こんにちは^^

ありがとうございます、やっと大人の一歩です。
10代最後の夜、大学のレポートに追われているまりもでしたが
ちょっとだけしみじみと話しをしました。
たった一日でどう変わるわけではないけれど
やはり10代のまりもをじっと見ておきたかった
そんな気持ちもありました^^

まりものご飯好きは、筋金入りなんですよ、
ラン君はパンですか、
好きなものってどうやって決まるのかちょっと興味がありますね。
まりもがいまだに苦手なのは、シイタケです(笑)

首都圏はちょっとの雪でも大騒ぎですものね
だから仕事の朝もだいぶ早く家をでました。
指先や鼻のあたまを赤くしながらも
合格証を嬉しそうに受け取る姿はジンとしてしまいます。
最近なんでもすぐに涙腺がゆるんでしまって・・
短い間でしたが、いい仕事に出会えて感謝です^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 12:07
■yukoさん、こんにちは^^

ありがとうございます、
ふふっ、そっか、
いつも一生懸命な子、たしかにそんな気もします。
なんだか真面目すぎて不器用で貧乏くじひいちゃうようなところや
気が強くて自分の決めたことは曲げないところ
そんな気質はきっとずっと変わらないのでしょう。
だからこそ、そんなまりもが愛おしいと思うのでしょうね^^
最初の子って、どうしてもよくも悪くも親の注目を浴びています、
だからちょっと大げさかもしれないけれど赤ちゃんの頃のことも
まりものことは一部始終を記憶している感じ、
スマの時は気持ちにもゆとりができ、愛しさは一緒だけれど
だいぶ記憶から消えてることもあるんですよ^^;

梅がちょうどほころび始めました、
立春をすぎて迎えるまるもの誕生日の頃、大好きなんでですよ。

合格証、入力だけでなく締めくくりがこんな役得で
ほんとうに幸運でした、
たった二週間たらずのことでしたが、とてもいい経験ができました^^

Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 12:23
■akeさん、こんにちは^^

ありがとうございます、かんぱ〜い、カチッ♪
ってね、まだ祝杯はあげてません^^;
このところ毎日レポートの締め切りに追われ、昨日も完徹・・
それから塾で受け持ってる子の受験が目白押し、
なのでちょっとお預けです。
まりもがちょうど一年の実習のときに大学の梅の実で作った梅酒がいい色になってきました、
だからそれでまずは乾杯かな^^
実はダディさんの妹が、すごいワイン(ミシュランに出てる店^^;)を送ってくれたので
それも今度まりもも一緒に味わってみようかと思っています♪

梅がほころび始めたところです、
あはは、ゆずちゃんに笑われちゃうよね〜
お江戸は大騒ぎ(笑)
そうそう、4月の雪、たま〜にあります。
だからよけいにこの日の印象は残っているんですよ。
この詩を転記しながら、
りぃちゃんのこと思い浮かべていました、
なにかと誕生日がニアミスのakeさんち。
ちょうど一歳、母には何よりうれしい記念日でしたね^^

Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 12:44
■ぽっっぽさん、こんにちは^^

もしかして、今ごろおぎゃ〜なんてこと・・
安静第一の今、
まさに赤ちゃんすぐそこに来てますね^^
携帯でのアクセスありがとう
待ちに待った日、あともう少しだから
くれぐれも無理しないでくださいね。

ほんと、私にも記念日なんですね、
私は病院の都合で計画分娩でした
ちょうど妊娠中からつけていたノートに
ぎりぎりにきて、計画なことに疑問をいだき
何か不自然なことをしているような不安な気持ちを
あれこれ書いているのを読み返していました、
すっかり忘れていたけれど
誰しもお産の前は少なからず心配なことありますよね、
ぽっっぽさんも、そうだろうけれど
元気な声をきけば、みんなが笑顔、私も楽しみに待ってます^^

来月半ばからは通常の仕事も再開するので
それまではのんびりペースで
また単発の仕事が入ればやろうかと思ってます、
でもしばらくは休憩かな・・あわてずゆっくりいこうと思ってます、ありがとう^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月07日 12:55
ゆる子さん、こんにちは^^
単発のお仕事お疲れさまでした。

まりもちゃん、お誕生日おめでとうございます♪
この世ではじめてゆる子さんとまりもちゃんが出会った日におめでとうございます^^
記念誌の写真のまりもちゃんはちっちゃくてかわいいですね。
ゆる子さんとダディさんに見守られて毎日少しずつ大きくなって、
思い出も20年分たくさんあって、とても幸せな記念日ですね^^

1歳に記念誌を作るって、さすがゆる子さんです。
好きなものが今でも変わらないなんて、なんだか嬉しいですね。
生まれてはじめて食べた白いごはんがとってもおいしかったんだろうな^^
Posted by ゆゆ at 2008年02月07日 13:31
■ゆゆさん、こんにちは^^

ありがとうございます、
お仕事もなんとか無事に終えました。
ゆゆさんや、みんなが応援していてくれたおかげか
大きなミスもなくすんでよかったです^^

まりもの誕生日、そうですね。
まりもに初めて会った日、今でもよく憶えています
母子同室でずっと一緒だったので
なんだかこわごわと覗き込んでは
動いた手を広げた、泣いたといっては
びっくりしたり、喜んだり。
まりもは特に小さかったの、
生まれたときは2500gしかありませんでした。
だから大きくしようとたくさん食べさせるのにやっき
だからご飯好きになったのかな(笑)

初々しかったお母さんも
そそっかしいところだけはそのままだけど
二十年選手になりました、
成人でおしまいじゃないのが親ってものらしいです
これからも心配したり、喜んだりしていきます、
30年、40年のお母さんめざして^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月08日 17:29
実は、4月に出産予定なので
ああ〜、もうすぐこんな気持ちになるんだよね〜ってしみじみ読ませて頂きました。
今は、お腹の中で暴れてます(*^_^*)

上の子とは随分年の離れた子供なんです。
久しぶりなので、もうすっかりと忘れていますが・・・
Posted by 幸せおまけ箱 at 2008年02月09日 11:32
ゆる子さん、こんばんは(#^^#)
遅くなりましたが、まりもさん20歳のお誕生日おめでとうございます☆今日も雪が降りましたね。夜出かけていたので、雪に覆われた道をぺたっぺたっと歩いて来ました♪
白いご飯わたしも大好きです。お父さんの炊くご飯がお母さんが炊くごはんよりもほっかほかになるので大好きです(^^*)☆★同じ炊飯器で炊いているのに不思議です。

そして、ゆる子さんがまりもさんが2か月の時に書いた詩とっても素敵です(*^^*)
雪が降っている寒い日ですが、心は温まりました。
Posted by hope at 2008年02月09日 22:56
■ 幸せおまけ箱さん、おおお!!
そうでしたか!

:*:★;:*:。・☆.:*:・★・:*:.☆・。:*:;★:*:
   おめでとうございます〜♪
:*:★;:*:。・☆.:*:・★・:*:.☆・。:*:;★:*:

思いがけないプレゼントをいただいたみたいに
私まで嬉しくなってしまいました^^
お姉さんになるお嬢さんも、それは喜んでいることでしょね、
もちろん久しぶりに赤ちゃんのパパになる
安吉さんも!
あともう少しですね〜
春の訪れとともに誕生する命、なんてうれしいのでしょう。
ひさびさでしばらくは、みんな赤ちゃんに夢中になりそうですね。
おからだ大切にしてください、私も楽しみにしています^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月10日 09:33
■hopeちゃん、こんにちは^^

ありがとうございます^^
まりもがずっと忙しかったので、今夜お祝いをしようかと思っています♪

雪が降りましたね・・
hopeちゃんと一緒、私も雪の中でかけていました、
お店から出たら真っ白になっていたので、びっくり。
でもちょっと嬉しくなりましたよ♪
ぺたっぺたっと歩くhopeちゃんの姿も
寒くても楽しそうに思えてしまいます^^

ふふっ、hopeちゃんに美味しいと言われて
お父さんますます張り切っちゃうかな、
不思議ね・・
ゆっくり愛情たっぷりに炊き上げるからでしょうか、
お母さんは忙しいし、毎日のことだものね。
お父さんのご飯、私もお味見してみたなぁ^^

4月の雪、この日のことはよく憶えているのですが
静かな春の雪でした。
赤ちゃんのまりもを腕に抱きながら
ほんとうに小さな命が生きてるのがね
腕の重さや温かさに感じられました。
hopeちゃんも、きっとそんなふうに育ってきたのだと思いますよ^^
Posted by ゆる子 at 2008年02月10日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。