2007年12月09日

心配かけました

昨日は、ほんとうにご心配をかけました、
入院でもしたならいざしらず、今ここに元気でいるので
心配かけっぱなしじゃ、いけないと思い、書いています。

しばらく更新できない情況になるといけないと思い昨日は書いたけど、
やっぱり書いてから、ああ、これじゃただ心配かけっぱなしじゃないか、と反省していました。
事後報告でもよかったなぁと。
そして幸いここに元気にしている私がいるので、ご報告までです。
結論は、軽い狭心症の発作らしいとのことでした。

一昨日の晩、お風呂で髪を洗っているときに
なんだか胸騒ぎのように、胸に重いかたまりができ、あたまがぼーっとしてきました
まずい、脳貧血かなと思ったのですが、ぜんぜん未経験の感覚で
頭から血の気が引いていくようなそれとは、あきらかにちがい
かえって胸の重苦しさが、だんだん肩から頸にかけのぼっていくのがわかります。
やばい、このままのぼって頭でゆきどまって破裂しちゃうかも・・
そんな今まで感じたことのない危機感や不安感でいっぱいになりました。
ぼーっとしていく頭でどうしよう、どうしよう・・
このままじゃ、すっぽんぽんで、髪はシャンプーだらけだ・・
なぜかそんなあられもない姿で救急車に乗る自分が頭をかけめぐりました。
頭はパニックになりながら、深呼吸をして
しめつけられるように痛む頸にシャワーをかけ続けました。
とにかくここから出て横になりたい。
ちゃんと髪を流したかもわからない状態でリビングへ行ったとき
まりもが目を点にして、おかあさんどうしたの、そのかっこう・・
と言うのに、
なんだかおかしいの。
そういうのが精一杯でした。

それからソファーにくずれたまま横になり
第二波、第三波と胸から肩、頸への痛みの波がくりかえしつつ
少しずつ弱くなりながら、だんだんおさまっていきました。
その間家族も青い顔、
おさまってきているから大丈夫という私をみながら
時間にすればものの15分くらいことだったのですが
生きた心地がしなかったようです。

そして昨日の病院。
やはり情況をきいて、早急に検査をしてくれましたが、
それでも9時について終わったのが4時間後のこと、
心臓疾患の元凶ともなる、肥満も高脂血症も高血圧もなし、
成人病とは無縁とすっかり安心していたのですが
私の場合は父がこの狭心症の持病があること、
そしてこのところ睡眠不足が続いて、4時間を切る日もあったこと
またちょうど前々記事で書いた上司と行き違いがあったこと
そしてちょうど時を同じくして、
ダディさんの会社でのあれやこれやが重なったこと。
そんなもろもろが一過性の高血圧や、
心臓の変化を起こしていた可能性もあるらしく
また左の肋骨がひとつ無いことも、
心臓に見えない形で負荷をかけることもあるとのこと
そんなこともしっかり原因になるということでした。

今度は心臓に負荷をかけた検査もするということですが
情況としては、もうすっかりおさまっていて、元気です。
ただ、処方されたニトロペンという薬の袋には
胸が苦しい時、と但し書きがされ、
いつも携帯するようにとの注意もされました。
それを見れば、これくらいで済んでくれてよかった
という気持ちもあらためてするのです。

喫煙は厳禁。
はい、吸いませんから大丈夫。
で、お酒は? すかさず訊いた私(笑)
そうね、体調が悪いときでなければ軽い晩酌くらいなら、
むしろいいかもしれません、もちろんがぶ飲み厳禁ですよ。
はい、わかりました^^
と、いかにも私らしい結末となりましたが、
やはり忙しすぎる情況はからだにいいわけはないということで
仕事も家事も立て込む今月いっぱいは、
ブログは休んでくれというダディさんの希望も素直に受け入れることにしました。
かなり心配かけましたのでね。

もちろん年末のご挨拶はしますし、
みなさんのブログも楽しみに読ませていただきますが、
今月は体調重視で動きます。
やっぱり歳なのかなぁと実感した今回のこと、
昨日はとにかく眠りに眠りました。
みなさんも、他人事でなく、ほんとうに気をつけてくださいね、
さて、こそっと更新も、これでしばらくお休みします。

ここで出会ったやくさんの方、心配してくださったみなさんに、
心からありがとう。





posted by ゆる子 at 11:04| ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。