2007年09月23日

ふたつの花


こんにちは天然主婦ゆる子です。


この日最後に訪れた中国民族文化村

ここは中国少数民族の村を再現したり、

またその手工芸品を売っていたりするいわゆるテーマパーク。

そしてこの夜のここでのお目当ては、

ナイトファンタジーという

中国少数民族の歴史をテーマに描かれたショーを見ることでした。

このショーは野外ステージで行われるダイナミック、

かつ絢爛豪華なもので深せんの人たちの自慢のショーなのです。


写真はクリックすると大きくなります481.jpg


中国全土からスカウトされた選りすぐりの美男美女

そして華麗な踊りや雑技団のようなアクロバット技もあり

観客の目の前を十数頭もの馬が駆け抜けていく驚きの演出

大きな炎に顔が熱くなったり、ものすごい霧雨のような水しぶきが

見ている私たちまで濡らすような

それはそれはスケールの大きな叙事詩を描いたショーでした。


480.jpg


ぜひお国へ帰ってからこのショーの話しをしてくださいねと

ガイドの姫さんはじめ何人もの人に言われました。

はい、ここでしっかりお話させていただきましたよ、姫さん^^




そしてショーの前に、

お腹を満たしておこうということで向かったのが

中国料理のレストラン。

ガイドさん、

「まずはビールを飲みますか?」

「はい、もちろん^^」

出てきたのが、青島(チンタオ)ビール。

料理はあらかじめ予定されていたセットのようですが

二人では食べきれないほどの量、


482.jpg


こちらでは野菜は生で食べず、必ず火を通します

だから胡瓜もご覧のとおり、牛肉と一緒に炒められます、

でも美味しい。

そしてガイドさんは、出国の書類の用意に席をはずしてから

ダディさんが、紹興酒を少しだけ飲みたいねと言い出しました。

うん、うん、いいねと私も快諾(笑)

さて、ここでオーダーをどうしたものか・・

近くの女性に英語で話してみるものの、

いまひとつ英語は通じない模様(汗)

あれこれチャレンジするが老酒という響きにやっとにっこり、

そしていそいそと持ってきてくれたのがワインほどのボトル、

いや〜これはちょっと多い。

まだショーを見て、それから香港に帰る身としては

さすがの飲兵衛夫婦も二の足をふみました。

もうちょっと小さいものは、ないの?

それがまたまたなかなか通じない、

そこへやってきたのが、日本語を話せるという店の女性。

髪を後ろに束ねた彼女は、

まだ少女のような面影の残る年頃に見えるのです

「どうしましたか?」

そう言ってみせる人懐こい笑顔はまだあどけなさすら感じさせます。


事情を説明すると、困ったような顔をした後

「ごめんなさい、大きなボトルでしか頼めません」

と申し訳なさそうに言います。

残念ながらあきらめ、彼女とおしゃべりをしました、

名前は李さん、ガイドの姫さんと同じで日本語は

こちらの学校で勉強したとのこと、

いつかは日本に行って見たいとのこと

東京はもちろん、私の住む埼玉県もちゃんと知っていました。

とても勉強熱心の様子で、また人懐こいのか

たびたび私たちのテーブルにまわってきてはおしゃべりします。

しばらくして、また笑顔で近づいてきた彼女は

手に小さな入れ物を持っていました、

「これはサービスです」

きけば無理を言って、

紹興酒をほんの少しだけ持ってきてくれたらしいのです。

入っているのは、ほんの一合くらいなのですが

彼女の気持ちがありがたくて喜んでいただきました、

そしてその紹興酒入れ、日本ではあまりみかけない珍しい作りで

とても使い勝手もよさそう、

おまけに鶴のくちばしの注ぎ口と、亀の形の蓋のつまみ

何やら縁起もよさそう。

素敵だと褒めちぎったら、

もしよかったら買うことができますよという話し。

値段を訊いたら、日本円で1500円くらい

せっかくの記念だし、買っちゃおうかということでお買い上げ^^


ダディさんが会計に行ってるあいだも

日本語で色々話してみたいのか、

また彼女が近づいてきて、話しかけてきます。

「おねえさんは、子供はいるのですか?」

こちらではそう呼ぶのか、それとも社交辞令か知らないけれど

おねえさんと言われて、気分をよくしたゆる子さん

「いるのよ、ちょうどあなたと同じくらいだと思うのだけど、
 あなたはいくつ?」

そう尋ねると、

「二十歳です」とにっこり。

「ええっ、じゃあやっぱりうちの娘と一緒じゃない
 うちの子も、もうじき二十歳なんですよ」

そう言ったら、彼女も驚き、私もますます親近感がわき、可愛くて

つい二人で手を取り合って、はしゃいでしまいました。

戻ってきたダディさん、

どうしたの?? って顔(笑)

なんだか中国で可愛い我が子に会ったような気持ちでした。

「ぜひたくさん勉強をして、いつか日本に来てくださいね」

そう言いながら、さよなら。

最後にもちろん言いましたとも

「シェイシェイニー」



そして、実は日本に帰ってきてから後日談があるのです。

あの紹興酒入れ、


479.jpg


「おかあさん、さっそく飲んでみようよ」

そう言って、ダディさんがご機嫌で注いでみたら

なんと、中に仕込まれたコップ状の底から

ぽたっ、ぽたっと漏れてるじゃあーりませんか!

あ〜あ、とため息・・

でも今さらクレームも返品も無理。

なんだか可笑しくて笑ってしまいました。


でもあの時の流れからいって

彼女が私たちを騙したわけではなく、むしろ好意から始まったこと

とうぜん腹もたちません。

ぽたり、ぽたりと落ちる紹興酒をみながら

なぜか美しいガイドの姫さん、レストランで会った可愛い李さん

ふたりの笑顔と、手のぬくもりが甦りました。


不思議とめでたし、めでたしの気分だった、暢気な夫婦です^^










posted by ゆる子 at 08:54| Comment(14) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^

たまに テレビで雑技団の演技を見ますが
練習の賜物というか 技が光ってます。
雑技団では ないのでしょうが 
同じ中国のショー きっと すばらしいものだったでしょうね

レストランのお話 楽しそうな いい雰囲気が伝わってきます。
国が違っても あったかさや 優しさは 変わりませんね〜♪

キュウリに火を通す。。。どんな 味がするんでしょう。
毎年 夏に 近所から どっさりのキュウリ。。。
サラダ以外に 火を通して 食べる事ができたらいいなって思ってたんです。

お話は まだまだ 続くのですね。。。
楽しみにまってまーす。 

Posted by 優 at 2007年09月23日 13:45
こんばんは、ゆる子さん^^。
お料理、とってもおいしそうです。
全部名前が分かりませんでしたが、全部食べてみたいです。
ちゃんと拡大して見ました(*^▽^*)♪ほんとう、たくさんありますね☆

そして、とっても優しい方ともあえて良かったですね。
少しだけでも、李さんのくれた気持ちが嬉しいですね**
わたしも嬉しくなりました^^。
Posted by hope at 2007年09月23日 20:39
こんばんは^^

何だかんだ言っても
一般市民レベルでは反日感情というのは
無いんだろうな〜と思います。

中国雑技団をテレビでしか見た事が
無いんですけど良い意味で恐ろしいまでの
完璧さと言いましょうか
凄さを感じます。
それを目の前で見たとは!^^

改めて充実の旅行だったんだなと
羨ましくなりました^^
Posted by じゅん at 2007年09月23日 20:59
■優さん、おはようございます^^

最初は私もふつうのよくあるショーだと思っていたのですが
見てみると、その演出や豪華さに目を見張りました。
特に離れ業をする中には、まだ少年少女のような姿もあって
健気に、しかし驚くような技にびっくりでした^^

この旅のあちこちで感じたことは
国は違っても人はそれほど変わらない
気持ちは通じるのだなということでした。
今回はいい出会いに恵まれて嬉しかったです^^

キュウリはね乱切りしてから
胡麻油やサラダオイルの強火で、ザッと炒めた感じです。
牛肉との組み合わせが多かったですよ、
優さんも、ぜひ一度お試しあれ^^

お話は、まだまだ続きます、
なんだか一ヶ月くらい旅したみたいよね(笑)
ゆっくりお付き合いくださいませ^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月24日 07:15
■hopeちゃん、おはようございます^^

大きくして見てくださったのですね
いっぱいあるでしょう!
hopeちゃんを呼べたらよかったくらいです^^
お料理は、キャベツの炒め物
酢豚、キュウリと牛肉の炒め物、チャーハン
そしてスープでした。
一皿の量が多いのでね、あとひとりくらいいても
充分な感じでしたよ^^

李さんは、とっても笑顔が可愛らしい女の子でした。
日本語の上手さと勉強熱心なことには驚きました。
ちょっと見幼い感じなので、高校生くらいに見えます。
でも細やかな気配りとやさしい気遣いに感激でした、
こんな出会いがあるから旅は素敵ですよね^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月24日 07:26
■じゅんさん、こんばんは^^

一般市民レベルでは反日感情、
確かに今回の旅では感じることはありませんでした。
ただ香港マカオも観光地、
深せんもこれから観光にも力を入れるはず。
だからほんとうの意味での中国を見たのかはわかりません。

政治の中心地付近ではどうなのでしょうね・・
まだ根深いというか、教育もそちらへ持って行きたいという話しもきくので
今回、自国で日本語を学ぶ機会にも恵まれているという話にも正直驚きました。
でもこの旅での出会いには、ほんとうに恵まれたと思っています。
人の温かさや、気持ちの通じた嬉しさをたっぷり味わえました。
そんな出会いには心から感謝です^^

ショーからは、中国の底知れぬパワーみたいなものを感じました。
このままオリンピックにも行かれちゃう!
みたいな技もあるものね、
どこにもこれからだな〜という力を感じます^^

Posted by ゆる子 at 2007年09月24日 07:41
眩いくらいのショーだったんでしょうね。
民族衣装というのは、色がキレイですからね〜
その辺見るだけでも、全然違いますよね。
日本の着物とは、また違う色使いですから^^

お料理、お手伝いしたのに(='m') ウププ
そちらの国は、食べきれないほど出すのが"おもてなしの心"なんですよね?
こちらはどんどん次から次へと出すと"早く帰れ"みたいな意味合いになるっていうことなかったでしたか?
またまた、曖昧情報ですけど^^;

いい出会いができてよかったですね。
それが、旅の成功に繋がることだし、イイ思い出にもなりますから。
暢気なんかじゃないですよ^^
Posted by ake at 2007年09月24日 18:45
■akeさん、おはようございます^^

確かに色使いが違いますね、
向こうでは赤が元気の色だそうで
お寺も赤がふんだんに使われてます
日本のお寺だと黒っぽいイメージだけどね。
しっとりと控えめな色使いの日本と比べると
元気で鮮やかなイメージですね^^

食べきれないほどが、おもてなし
そっか〜
ああ、これもお国柄かな^^
また日本でも色々なしきたりがありますよね
知ってると、ああそうかって思えるけど
知らないとトンチンカンになるしね
またそのへんが奥が深くて面白いともいえる^^

私は独身の頃から、よく一人旅もしたので
旅先での出会いが何よりの楽しみでした
もう二度と会うことがなくても
そこでの出会いを忘れられなくて。
だからこそ旅っていいな〜って思います^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月25日 05:41
素敵なショーだったのですね〜!
写真を見ただけでも、色鮮やかな衣装なので・・実際に見たら本当に素敵なのでしょうね!

お料理も沢山の種類があって美味しそう!
紹興酒の入れ物は漏れちゃって残念でしたけど、でもその娘さんの優しい気持ちに出会って想い出残る旅でしたね!
Posted by カカシ at 2007年09月25日 07:54
■カカシさん、こんばんは^^

もう、風邪ひいてる時くらいゆっくりしてくださいね。
私は更新ゆっくりだから
コメントはいつでもいいので、今度からは無理しちゃだめですよ^^

ショーはスケールが大きいというか
野外ということもあるのですが
実際に馬が次々と走り抜けたり
滝のように水が落ちてきたり、そりゃ〜もう大騒ぎ(笑)
でも、ほんとうにきれいでした。
あれだけの踊りや演技を見せるのには
どれくらい演習を積むのかとため息がでるほどです。

たくさんの料理も、漏れちゃう紹興酒入れも、
温かな出会いもみんなみんなひっくるめて
いい思い出となりました。
思い出して笑顔になれるのなら結果オーライですね^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月25日 19:52
とても良い出会いをされたんですね〜。
旅先での、そんな温かい出会いは
旅の思い出を何倍にも良くしてくれますよね(*^_^*)

紹興酒入れも、なんだか面白い形をしていて
いい感じですね。
使えなくても、お飾りでいいかもですね(^_^)v

読んでいたら、私もどこかに旅行したくなってきました。
Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年09月26日 16:23
■幸せおまけ箱さん、こんばんは^^

はい、今回は出会いに恵まれました、
あちらに着いてからもスリにはくれぐれも気をつけてと言われていたので
ちょっと心配をしていたのですが
そんな心配はひとつもないほど温かな人との出会いがありました^^
今思い出しても、風景より鮮明に思い出すのが
出会った人たちです。
実はマカオに向かう船で一緒になった日本のご夫婦とも仲良しになり
お嬢さんが東京でやっているカフェを教えてもらいました。
先日ダディさんとでかけてきたのですが
これも出会いがあったからこその楽しみですものね。

紹興酒入れ、そうですね
思い出に飾っておくのも素敵ですね!
見るたび、李さんの笑顔を思い出しようです^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月27日 19:10
ゆる子さん、こんにちは^^

紹興酒入れ、かわいい形ですね。
紹興酒と聞いて壷っぽいのを想像してました。
漏ってしまったのは残念だけど、
それもまた楽しい旅の思い出のひとつですね^^

青島ビールはどうでしたか?
中国のお土産話では必ず青島ビールが美味しかった!と聞きます。
それにしても豪華なディナーですね。
全部食べたらショーの間眠ってしまいそうです(笑)
旅での出会いっていいですね^^
李さんの優しさが嬉しいです。
Posted by ゆゆ at 2007年09月28日 15:38
■ゆゆさん、こんばんは^^

はい、私たちもこの形が気に入りました♪
そうね、壷みたいなものもあるのでしょうが
これは中にコップ状の器があり
周りにお湯が入れられるようになっています。
早い話が、この入れ物ひとつでお燗ができるって感じかな^^
その中のコップみたいのが漏れちゃったのよ(泣)
でも不思議と可笑しくて怒る気がしませんでした。
これが日本で買ったお土産なら、即刻クレームの電話してたかもしれませんね(笑)
今となっては楽しい旅のエピソードです。

青島ビールは美味しいですよ^^
さっぱり爽やか系かな・・
まぁ、私たちは何でも美味しいと思ってしまうのかもしれませんが(笑)
ディナーは量が多いです、
ほんとお腹の皮が張ると、目の皮がたるむってよく母が言ってたっけな^^;
出会いがあってこその旅、そんな機会に恵まれた旅に感謝ですね。
Posted by ゆる子 at 2007年09月28日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56563541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。