2007年09月17日

シェイシェイニー

こんにちは天然主婦ゆる子です。

すっかり更新も遅れ、みなさんのところもコメントに行けず

ほんとうにごめんなさい。

また今度お話しますが、今、子供たちが通っていた幼稚園の

55年記念誌の発行のお手伝いをしています。

こちらの方も追い込みに入り

仕事帰りに寄ったりと少しバタバタしていました。

これからは、もうちょっと遊びに行けると思います。



さて、そんな私の更新遅れで

なかなか深せんに辿り着かなかったフェリーですが

実際のマカオ深圳間は、フェリーでおよそ一時間半強です(笑)

外には茫洋とした鉛色の海が広がり

空が曇っているせいもあるのだろうけど、

こんな海の色初めて見るな・・・と思いました。

476.jpg

冬の日本海の暗い海も見たことがあるけれど

それとも違う、何かもっと、とろんと重たいような感じ、

時おり、貨物船だか、漁船だかわからない崩れそうな船と行き交い

その合い間に、

中華人民共和国の旗を掲げた監視船が数台浮かんでいたりします。

ああ、中国に近づいている、そう実感する風景。

しかし降り立った深せんは、鉛色の海を忘れるような明るい様子。


477.jpg



港で出迎えてくれたガイドさんは、中国は西安の出身と言う

30代半ばくらいのきれいな女性、姫さん。

たまたまこのオプショナルツアーの参加者が

ダディさんと私の二人だったため

まるで専属ガイドさんのようについて回ってくれました。

まずは小型のワゴン車で街を走りながら、

深圳の街のことを話してくれます、

深圳は、急速に発展した街で

小さな農村だった頃は人口が3万人くらいだったそうですが

その後、経済特別区になってからは

中国各地から若者が働きに来て

人口も膨らみ続け、今や1200万人と言っていました、

この中には戸籍を登録しないままで働く人も含まれ

そういう人たちは、いわゆる出稼ぎのようにしんせんに来て

ある程度お金をためたら故郷に帰るのだそうです。

ゆえに実際の戸籍人口とは違っているのですが、

労働者の平均年齢はなんと25歳

驚くほど若い街です、そして男女比が3対7、圧倒的に女性が多く、

男性は引く手あまた!

・・かどうかは、定かではありません(笑)


街並は美しく整い、高層ビルやマンションが立ち並び

道路は片側4車線ほどの広い道路も整備され、

まさに勢いのある街という印象があります。

ダディさんと二人で、ハ〜とかへ〜とか言いながら

流れる景色に見入っていました。


姫さんは、少したどたどしいながら、

自国で日本語を勉強したとのこと

車に乗っている間中、飽きないようにと話し続けてくれます

「すごい景色でしょう・・
 ただね、すぐそこに見える香港は遠い街なんですよ
 香港からは物価の安い深圳に皆買い物に来ますが、
 こちらからはなかなか通行許可がおりず行けません、
 すぐそこに見えるのに、
 私もまだ一度も行ったことがないのですよ」

川ひとつ隔てた香港は世界のビジネス都市

でも巨大な国中国には、まだまだお国の事情もあるようです。

ただ、深せんの若いパワーは、そんなもの何するものぞ

という気概にも満ちているように思いました。


いったん降りた植物園には、周りにライチの木がたくさんありました

深せんは、中国でも南に位置するため、南の果物も多く

特に楊貴妃が好んだというライチは

街や公園などあちこちで見かけることができるそうです。

後から中国式のお手前で、ライチのお茶もいただいたのですが

ほんのりと、自然の甘みがあって

ちょっぴりお砂糖を入れた紅茶のような味わいです。

478.jpg


ずっと話しながら歩くうちに、

姫さんとも以前からの知り合いのように打ち解けていきました。

顔つきも、からだつきも一緒、

同じアジアの血が流れていることを実感します。

国という垣根をとりはらうと、こんなに近い存在になるのです。

ここでは広東語を使うために

「ありがとう」はどう言うのですか?と尋ねると

「シェイシェイで、いいですよ、
 あなたにありがとう!と言うのならシェイシェイニーです」

そう言って、こぼれるような笑み、

可憐な花が咲いたようでした。

そして、この日最後に訪ねた中国民族文化村でも、

もうひとつの花に出会いました。



深せんでは写真が少ないです。
行く時からデジカメが少々不調、
この時も途中で撮影する画面がでなくなってしまって
(いや、これはホテルに帰ってから見たら、
 単純ミスだったのですが^^;)
保険にと持っていった、まりものデジカメも
動画をとってしまったので容量が少なく
他の画像を削除しながら使っていました、トホホ・・)




posted by ゆる子 at 06:56| Comment(16) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆる子さん おはようございます

忙しかったんですね。
調子はどうですか?ムリしないでくださいね。

海の色は、北海道だから3つの海がありますけど(へんな言い回しですね^^;)
日本海と太平洋では海の色が違って見えるのは、なぜだろうとずっと思ってました。
この写真の海は、日本海に近い風合いですよね。
不思議ですよね。

25歳って、凄いことですね。
目の前の街に、どんどん遊びにというか、刺激もうけれるだろうに、思うようにいけないというのは、こちらでは考えられないことですが、それがその国なんでしょうね。
視野を海外にむけると、いろいろ考えることもありますね。

ライチはそのへんになるんですね!
不思議な感じです。

"シェイシェイニー"(・o・)ゞ了解!です。
でも、使える友人が転勤でこの春に引越ししちゃったんですよ(T^T)
でも、何かのときに^^
Posted by ake at 2007年09月17日 08:01
すぐそこに見えてるのに
そこに行けない・・・なんて
日本では考えられないことですよね

それに、平均年齢25歳。
そんなに若い方たちが出稼ぎなんて・・・
本当に、日本って恵まれてますよね〜
Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年09月17日 13:16
ゆる子さん、こんにちは^^

ああ。お忙しそうですね。
記念誌作りって楽しそうだけど大変そうです。
無理しちゃだめですよ。

深せんの労働者の平均年齢はなんと25歳ですか!若い!
活気ある街なんですね。
いつかまた深せんに来た時にはまったく違った街に発展してそうです。
近くて遠い街香港。
見えてるほど近いのにいけないなんて、ジレンマを感じますね。
いつかきっと!その精神が深せんをもっともっと豊かにさせていきそうです。

ライチの樹が街中にあるんですか。
季節になるとライチをもいで食べたりできるのかな〜。
季節になるとあの実がなってると思うとかわいいです^^

シェイシェイニー。私も覚えました。
いい言葉ですね^^
Posted by ゆゆ at 2007年09月17日 15:17
こんにちは^^

ゆる子さん 幼稚園のお手伝い ご苦労様〜
卒園してからも だいぶ立つのに
お手伝いするなんて すごいですねー

見えてるのに なかなかいけないなんて
そういうことも 外国ではあるんですね
びっくりです。

ガイドさんも 感じの良い方のようで
3人の いい雰囲気が 伝わってきます。
楽しい 深せんの旅だった事でしょう
Posted by 優 at 2007年09月17日 16:11
ゆる子さん、こんばんは^^。
毎日お疲れ様です。これからもまた、大変なのでしょうか?頑張ってください☆

そして、記事を通してたくさん学ぶことがありました**すぐそこに見えるのに、行けない。悲しく、可哀相です。香港は別世界になっているのですね。

ライチのお茶、どんな味がするのか気になります☆
ほんのり、ライチの香りも香ってみたいです(^▽^*)

「シェイシェイニー」香港に行く機会があれば使ってみたいと思います^^。感謝を表すのも大切ですね。
Posted by hope at 2007年09月17日 19:50
卒園した幼稚園の記念誌ですか〜
お子さんが何年も前に卒園しているのに・・ゆる子さんを尊敬します!
私の幼稚園は園長先生が亡くなって、幼稚園が無くなってしまいました。
そう思うと55年って凄いですね〜。

旅行は色んなハプニングがあり・・・
そして色んな出会いがあり・・・
素敵な旅行でしたね!

ライチ自体をそんなに食べたこと無いので・ライチ茶って想像がつかないわ〜?


Posted by カカシ at 2007年09月17日 22:13
こんばんは^^

四方が海に囲まれてるので
国境なんてのはイマイチピンと来ないのが
正直なところです。
なので、そぐそこにある所へ
行けないというのが凄い話と言いますか
複雑なお国事情を表してますねぇ。
傍目から見ても厄介な国と感じますけど
内情はもっとドロドロしてそうです。

とはいえ、旅行で行くには
欧米と違って気楽に歩けそうな
感じはします。
ライチのお茶って僕も
イメージが湧かないです^^;
Posted by じゅん at 2007年09月17日 22:39
■akeさん、こんばんは^^

心配ありがとうね、大丈夫、
今は無理しなくなったから、だから更新もゆっくり^^;

そうか〜
北海道は3つの海に面しているのね
気づきそうで、気づかなかった・・
なぜ違うのか、不思議ですね
確かに冬の日本海にも近いけど、雪もないし蒸し暑い中だからか、妙にどんよりとして
だけど不思議に惹きこまれる風景でした。

25歳、若いですよ^^
エネルギッシュな街、中国全土からこの深せんに来て
働いて故郷にお金を送る若者がたくさんです。
日本では忘れてしまった姿かもしれないね。

ライチは公園や街にもたくさんあるらしいです。
やはり南国なんでしょう、
工場もたくさんあるのに、緑も多かったように思います。

"シェイシェイニー"、なんだかいい響きでしょ。
ちょっとはまってます^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 19:09
■幸せおまけ箱さん、こんばんは^^

そうですね、すぐ目の前にあるところなのに
容易には行けない。
そして反対側からは来ることができる
そんな矛盾を抱えたところはまだまだ世界にも
たくさんあるのだと思います。

日本では、なかなかこういう状況というのは
理解できませんよね、
そして家族のために出稼ぎも今はほとんどないでしょう
以前は集団就職という時代もあったけど
今は恵まれていますものね、自分の楽しみでいっぱい。
でも、逆に言うと、そんな時代の日本も伸び盛りの勢いのある時だったかもしれませんね、
今の深せんのように^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 19:19
■ゆゆさん、こんばんは^^

ゆゆさんありがとう、
記念誌は大変だけどやりがいもあります
つい夢中になるけれど、無理しないようにしますね^^

そうですね、ゆゆさんの言うとおり
いつかきっと!
そんな気持ちをもって働いている若者がたくさんいるのでしょう。
中国全土から見ても、所得は高い方で
ここに来て働くのが若い人の夢みたいです。
すぐそこに見える香港を眺めながら
どこまで発展するか気になるところです。

ふふっ、ライチをもいで食べたいね〜
ちょっと調べたのですが
ライチの花ってそんなに派手じゃないんですよ
実はかたまって生っています。
プチってもいで、食べ放題♪なんてできればいいのにな^^

はい、ゆゆさんもシェイシェイニー使ってみてください、
ありがとうって、どこの国でもいい言葉ですね^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 19:30
■優さん、こんばんは^^

はい、幼稚園とはすっかり遠ざかっていたのに
今さらまた通っています(笑)
こういうことって、不思議なご縁なんですよね
でも昔を紐解いて、資料の整理も楽しいです。
ついつい資料に見入って作業がお留守な〜んてこともあります^^;

香港が特別行政区ということもあるのでしょうが
反対の香港側からは来れるのだから
やっぱりちょっと矛盾を感じますね・・

ガイドさん、きれいな人でした^^
清楚なのに大人っぽい、私とはだいぶ違います
ははっ、もともと歳も違うのだけどね(笑)
国が違っても、通うものはあるんですよね
そういう意味でも言葉って大切だなって思いました。
意志の疎通ができると、お互い理解が深まる。
語学って大事なんですね^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 19:41
■hopeちゃん、こんばんは^^

hopeちゃんに頑張ってと言われると勇気百倍です、
無理せず、でもしっかりお仕事しますね^^

そうね、世界は広いです。
色々な国の事情もあるのでしょう、
すぐそこに見える香港は遠い街
でもね、この街は活気があるところです
hopeちゃんといくつも違わない人も
きっとたくさんいると思います、
hopeちゃんもこれから色々勉強して
世界に目を向けてみてください、
きっと色んな気づきがあると思います^^

ライチのお茶、
hopeちゃんにも飲ませてあげたかったですね、
ほんのり甘いです♪
シェイシェイニー
ありがとうは、ほんとうに大切な言葉ですね^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 19:55
■カカシさん、こんばんは^^

いえいえ、尊敬だなんて〜
たまたまご縁があっただけなんですよ。
カカシさんの幼稚園、なくなってしまったというのは淋しいですね。
実はね、この幼稚園、
子供たちだけでなく、私も卒園したところなんです。
だから私が過した頃のことなんかも出てくるわけで
なかなか楽しい作業です、これからも続いてくれればいけれど、
少子化で厳しいところもありますね。
時間さえあったら、もっとゆっくり専念できるのだけど
なんせみんな本業と掛け持ちなんで忙しいです^^;

ライチって、私も昔はまったく知らない果物でした、
初めて食べた時は不思議な感じだったなぁ(笑)
そういえば、キウイとかマンゴなんていうのも子供の頃は食べたことがなかったな・・
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 20:04
■じゅんさん、こんばんは^^

そうですね、今回の旅では
結局日本→香港→マカオ→深せん→香港→日本
どこでも出入国手続きが必要でした。
香港も、マカオも、深せんもみんな中国なんですけどね・・
パスポートを見ると、いったい何カ国行ったのという感じ
そこらへんが中国のお国事情を物語っているようにも思います。
日本じゃわからない世界。
これから本格的に返還される時には
また色々な軋轢もあることでしょうね。

欧米よりは、たしかに・・
っていうか、民族が同じ系なんで
やはりビジュアル的にも安心感がありますね^^
ライチのお茶はちょっとお砂糖の入った紅茶というか、
フレバリィティーっていう感じです、
う〜ん、うまく説明できないぞ^^;
Posted by ゆる子 at 2007年09月18日 20:16
ゆるこさん、もうコメントしてもだいじょうぶかな、と思って。いつもコメントが押し寄せているから、たいへんだな、と思って遠慮してました。
まだまだ暑いですね。おからだをだいじにしてください。
Posted by まつゆきてる at 2007年09月20日 23:39
■まつゆきてるさん、おはようございます^^

すっかりお返事が遅くなってしまい
ほんとうにごめんなさい!
はい、大丈夫です、元気にしていますよ〜
でもちょっぴり忙しくて
昨日も仕事帰りに幼稚園に行ってきました。

しばらくこんな調子で更新も遅れますが
ぼちぼちとマイペースです^^

ほんとうに秋はどこへ行ってしまったのかというような暑さですね。
朝晩のちょっとした風の中に感じることができるばかりです。
まつゆきてるさんも、お元気でしたか?
私も遊びにいかれずごめんなさい、
あとで、ゆっくり伺いますね、いつもありがとう^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月21日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。