2007年08月30日

ドキドキマカオ

こんにちは天然主婦ゆる子です。

今回は旅行記二回目、風景写真を少し大きくしました。

ただ横位置の写真は、そのままでは入らなかったので

クリックすると大きくして見れるようにしました^^

見えにくいものは、レッツ、クリック♪



さて香港二日目も、カーテンを開くと、

水蒸気たっぷりの雲が空を覆っていました。

8月といえば年間を通して一、二を争う降水量の月だとのことだから

降っていないだけまだまし、

そして不思議とそんな雲もこの街にはよく似合うとまで思えてしまう

そんな香港の朝なれど

この日は、しばし香港に別れを告げ、

駆け足でマカオ、中国本土の深せんを

まわることとなりました。

というのも、出発直前に申し込んでいた、

マカオ深せんのオプショナルツアー

あまりにも直前だったので
(ドタバタでとても旅気分じゃなかったゆえ)

現地入りしてから返事がくることになっていたのですが

前夜、食事を終えて帰ってくると、

幸い滑り込みで取れた旨連絡がありました。


457.jpg


早起きして、前夜コンビニで買い込んだサンドイッチと、

お部屋にサービスのフルーツで朝食を済ませると、いざ出発!


マカオは正式名称中華人民共和国マカオ特別行政区、

1999年にポルトガルから中国に返還され、

香港からは南西に70km離れており高速フェーリーで一時間ほどです。

返還されたとはいえ、

香港同様、返還から50年間は特別行政区ということで

一国二制度となり、香港からも出国手続きをしてからの出発

ポルトガルの植民地だった名残りが街のあちこちで感じられ、

香港とはまた違った、エキゾチックな香りがするところなのです。


さて、そんなロマンチックなマカオへのスタートで

早くもアクシデント発生^^;

この時も添乗員は港まで、あちらの港で待つガイドさんに会うまでは

自力で出国手続き、入国審査等を受けなければならず

一緒に参加した面々の中で数名が

「チェンジ、チェンジ」という船の誘導員のアバウトな誘導により

間違ったゲートから

違うフェリーに乗り込んでしまったらしいのです。

追いかけようにも、

顔も名前もわからないまま紛れ込んでしまった危うい道連れ

悲しいかな、なす術もありませんでした。

ここで残りの面々は、私たちだけでもしっかり行かなくては、

はぐれないでね!

とばかりに結束、おしゃべりなんかも始め、無事マカオ到着。

しかーし案の定、現地で待つ添乗員がいくら探しても数名だけ足りず

待てど暮せど来ない道連れ・・

このオプションの参加者中で、この後、深せんにいくのは、

私とダディさんの二人だけ・・

あとの皆さんは、カジノで遊んだ後香港へ引き返すチーム

カジノで遊ばず深せんに向かう私たちの

少ないマカオ滞在時間は、刻々と短くなっていくのです、あわわ・・

それから待つこと数十分、やっと間違えた組の船が着き

ほっと胸をなでおろしながら、

まさか、その後さらなるアクシデントが待っていようとは露知らず、

マカオ観光は始まったのです。


まずは、338mの高さを誇る2001年に建てられた

マカオのシンボル、マカオタワー

458.jpg

東洋のラスベガスと言われるカジノ地区を一望。

真ん中奥手に見える建設中の高層ビルが

またカジノとホテルになるらしい蓮の花を模ったという

黄金に輝くビル。

とにかくマカオや香港の建物は

ピカピカと全面鏡張りのように輝いています。

下がスケスケのガラスのフロアがあったのですが

どうしても怖ろしくて乗れなかった〜

459.jpg

若い頃はこんなのへっちゃらだったのになぁ、

パリンと割れたらと思うともう腰が引けてしまって、こわい(泣)


そこから街を通り抜け、
(ちょっと見ずらいけれど、標識には広東語と一緒にポルトガル語が書かれています)

460.jpg

航海の神様をまつるという媽閣廟、

マカオでも最も古い寺院と考えられ

当時中国人に“スイレン(睡蓮)半島”として知られていた半島に

ポルトガル人が最初に上陸したのは、

まさにこの地だったということです、

461.jpg

寺院が祀る女神「阿媽」の名にちなんで、この場所を“アマガオ”

(阿媽の湾)と呼ぶようになり、

それが時代とともに簡略化されマカオとなったとのこと。



くるくると渦巻くのは、お線香。

真っ直ぐの大きなお線香もたくさん焚かれ、

もうもうと煙があがっていました。

462.jpg


そして、ここからまだ世界遺産・マカオ歴史市街地区の散策は続き、

最後のアクシデントへとなだれ込んでいくのです^^;




posted by ゆる子 at 20:19| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああああ!明らかに何かあったような
終わり方だぁぁぁ!!^^

香港や上海は最近のイメージでは
大丈夫というか比較的気軽に行けるかも?と
思うんですけどマカオはまだまだ
怪しいイメージがあります。
カジノがそう思わせるのかも。

338mは山でしたら大した事は無いですけど
建物となればかなり怖いです。
下が見える床は反則ですよね。
東京タワーで味わいましたけど
キン○マが真面目にすくみました^^;
Posted by じゅん at 2007年08月30日 23:12
■じゅんさん、おはようございます^^

あああ、そうなんですよ〜〜ふふっ^^
タイトルがちょっとヒントになっています
いっきに書こうとも思ったのだけどなるべく写真を入れたくて
そうすると、けっこう長くなってしまう・・
なので二回に分けました。

そうか、確かにカジノというと日本人には馴染みがないので
ちょっぴり怪しい雰囲気を感じるかもしれませんね、
ただラスベガスにつぐカジノの観光で街を盛り立てようとしているので
世界中からお客さんを呼びたいでしょうから
治安なども気をつけているはず
ポルトガル時代の名残りもただよう街は
思いのほか、素朴でカトリックの教会なども多く
親しみやすい雰囲気もあります^^

このスケスケは怖かったよ〜
東京タワーにもあるとは知りませなんだ!
そうそうこれは反則、おっ、でもじゅんさん、ちゃんと乗ったんだ、
そういえば若い男の子ひとり、この上でジャンプしてた、
顔がちょっとひきつってたけど(笑)
Posted by ゆる子 at 2007年08月31日 07:24
あ〜〜早く次が読みたいです・・・(笑)

ほんと東京よりも高層ビルが多いんじゃない?ってくらい都会ですね。
ぐるぐるお線香ってみんな火がついているんですか?
前に台北に行った時もあちらの方たちは熱心にお線香をたいて、お参りしていました。
そんな感じなのでしょうか?
下が透けて見えるのも・・怖いですよね〜。
でも私安定している場所なら大丈夫です^^(つり橋とかはダメだな〜)
Posted by カカシ at 2007年08月31日 07:53
■カカシさん、こんばんは^^

すいません、ひっぱっちゃって・・
いっきに書いてしまおうかとも思ったのですが
写真が多いので
ちょっといっぱいいっぱいになってしまうかなと思い、
次回ということにしました。
待っててくださくださいね^^

香港は何しろ高層ビル、そして高層マンションが多いです。
街づくりにひとつのポリシーがあるように思いますね。
ぐるぐるお線香、見たときは火がついていました、
台北に行かれたことがあるのですか!
きっと同じような光景だと思いますよ、膝まづいたり胡坐をかいたりして祈る姿がありました。

スケスケはね、見てるうちはいいのだけど
いざ自分が乗るとなると躊躇してしまいます(笑)
確かにつり橋みたいに揺れないのだし
よほど安心なのだけど、それも重々知っているのだけど
ちと不安になってしまうのです^^;
Posted by ゆる子 at 2007年09月01日 00:42
ゆる子さん こんばんは

時間のルーズさは、価値観が違うことがありますよね。
私は旅の数は多くは無いですが、お国柄によっては、守らなくてもあんまりピンと来てない様な遅刻常習者(しかも幼稚園バス)、「お金貰ってるでしょ!」と、プロに120%以上の仕事を要求するお方...様々です。

私は「高所恐怖症じゃない」と思っていましたが、10階以上のベランダにでると、怖いです。
ガラス張りは、きっと怖いだろうな...

いつも思うんですけど、海外の写真の色って、空気の色のせいかなんだか日本で撮るのと違いませんか?
マカオははじめてみましたけど、またこう感じてしまいましや。
次の騒動はなんでしょう...
まぁ、ゆっくりしたためてください^^
Posted by ake at 2007年09月02日 00:59
■akeさん、こんにちは^^

時間に対しては、このたび色々考えましたね
実はこの後の話でもその時間に対する観念というか
お国柄がよく出たアクシデントが待っているのですが
そんな色々な価値観を知ることもでき
世界は広いぞって思いました。
きっと同じ日本だってまだまだ知らないことがいっぱいあると思う。
ブログを通して色々な人に出会うのも、ひとつの旅のようなものだと思います^^

スケスケフロア、どういうわけだか
やけに変な妄想がふくらんじゃってね・・
ありえないことが次々浮かびだすと、もう怖くって(笑)

写真の色、そうですか〜
やっぱり空気や光の具合が微妙に違うのかな、
そう考える面白い!
香港なんか湿度90パーセントというのだからびっくりしますよね
クーラーの効いたお店から出てカメラを出すと
レンズがくもってしばらく写真が撮れないのよ
ああ、さすがにすごい湿度なんだなって実感しました^^;
Posted by ゆる子 at 2007年09月02日 11:51
フルーツとってもおいしそうです^^。
お腹が空いてきました。**

マカオタワーから素敵な香港の景色が一望できて良いですね☆「下がスケスケのガラス。」ガラスがあると分かっていても、勇気が入りますよね(*^^*)
その上に乗るのが怖いですよね。
東京タワー1度だけ行った事があるのですが、そこにもあったり、八景島シーパラダイスに行く途中の橋に確か「下がスケスケのガラス。」がありました。シーパラダイスのはまだ普通に上を歩けますが、東京タワーのはほんとう、怖かったのを思い出しました^^。
Posted by hope at 2007年09月02日 23:12
■hopeちゃん、おはようございます^^

香港は中国でもずっと南に位置しているせいか
フルーツも豊富で美味しいですよ、
hopeちゃんにもご馳走したかったな〜
これぜんぶ食べたら朝ごはんにじゅうぶんでした^^

スケスケガラスはけっこうあちこちにあるのですね
私も東京タワーは何度か行ったことがあるのに
気がつかなかった〜
そう、あの高さがいけません(笑)
吸い込まれそうなほど高いのだもの
つい変な想像力が働いてしまってね・・

それでも高いところから見下ろす景色は素敵ですね
だから人はタワーとか
展望台などから、街や下界を見下ろすのでしょう。
そこに大勢の人がいるのだと思うと
ちょっとワクワクしてきます^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月03日 07:20
ゆる子さん、こんばんは^^

サービスのフルーツに桃まであるんですか。美味しそうです。
お花も置いてあってかわいいお部屋ですね^^

絶対割れないって言われても、すけすけのガラスの上に立つのは私もダメです。
東京タワーにあるのにも立てなかったです(笑)
338mは高いですね!
100m走を約3つ分を縦にして…と考えるだけで、また目眩が…。

ぐるぐるのお線香、不思議な形ですね。
お線香が天井から吊るされてるなんて不思議な光景です。
灰が上から落ちてくるのかな?

またまたアクシデントは続くんですね!
続きを楽しみに?!してます(笑)
Posted by ゆゆ at 2007年09月03日 21:30
■ゆゆさん、こんばんは^^

ゆゆさんも、フルーツが好きそうですね♪
ここにはないのですが
この次に行った中国本土の深せんには、
ライチの木がたくさんありました、やはり南方なんでしょうね
ライチのお茶もご馳走になって
美味しかったのでお土産に買いました^^

ふふっ、そうそう割れるわけないのは
重々承知なんです、それでもだめっていうのは
ゆゆさんも、私も想像力ありすぎ?
っていうか、ただの怖がりかな(笑)

ぐるぐるのお線香、
所変われば、品変わるですね〜
なんとなく見たことはある光景ですが
実際目の当たりにすると
やはりエキゾチックな感じがします、
お線香の灰ね、どうなってたかよく覚えてないんです、
これだとふつうはポトリと頭に落ちてくるよね
そしてそこら中が灰だらけ、
でもきれいだったと思うのです、う〜んますますわからん^^;
Posted by ゆる子 at 2007年09月04日 17:45
やはり海外旅行にはアクシデントがつきものなんですね・・・
国内ならまだしも、言葉の通じない海外だと
ハラハラしますよね(>_<)

実は昔、海外旅行に行った際
同じツアーの方の荷物がなくなったって事が
ありました。
飛行機の荷物受け取りの場でなくなったらしくて・・・
あの大きな荷物が・・・
それも良くあることです。なんて言われて
恐ろしくなりました(>_<)
途方にくれてらして、本当に可哀想でした。

Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年09月05日 09:46
ゆる子さん こんにちは
おひさです。
どたばた・・・またやっちゃったんですね。(^^)v
あの、スケベのいや、スケスケのフロア、上がれなかったのは、怖いからじゃなく、パ○ツを見られたくなかったからじゃ ないんですか??^m^で、オカマいやもといマカオ(誰かさんみたい)って都会なんですね。
あんなに 高いタワーがあるなんて。

前の記事から読ませていただいて、私も行きたくなってしまいました。
Posted by chirumegu at 2007年09月05日 13:42
■ 幸せおまけ箱さん、こんばんは^^

ハラハラドキドキは、どうも私についてまわります(笑)
まして海外じゃ、そのドキドキ度もアップ!
でもこんなことがあるから旅も楽しいし
思い出にもなるような気がするから暢気ですね〜

ああ、荷物は困りますね!
旅で必要なものが全部入っているのだもの
そりゃ途方に暮れちゃいます・・
だけど、荷物の迷子けっこうあるらしいですね
特に乗り継ぎなんかがある遠くは
気をつけなくちゃいけないらしいです
だから初日の荷物くらいは手持ちで持ってたほうがいいって^^;

幸せおまけ箱さんは、どちらへ行かれたのかな〜
旅はいつも未知との遭遇、いいですよね^^


Posted by ゆる子 at 2007年09月05日 19:18
■chirumeguさん、こんばんは^^

ははっ、なんだかドタバタはいつものこと
内緒だったけど、実は旅行当日の朝もギリギリまでバタバタして
子ども達に伝言したり、その日の夕飯の段取りしたりしてたら
化粧ポーチの中身の半分を家に置きっぱなし、
で、結局空港で少しだけ買いました^^;
何やってんだかね(笑)

あ、スケスケフロアもばれてた?
そうそう、そうなの〜下から見られたら大変!
って、chirumeguさん何言わせてんのよぉ^^
マカオは素朴な街並とともに
今や東洋のラスベガスと呼ばれるカジノも盛ん、
建設ラッシュです、もっとできたらゆっくり見たかったな〜と思います。
チャーハンも美味しかったよ、chirumeguさんならよだれがジュルッ^^
Posted by ゆる子 at 2007年09月05日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53298284

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。