2007年04月16日

HOME ふるさと

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

週末にTSUTAYAに行って

アンジェラ・アキの 「サクラ色」 を借りてきました。

352.jpg

前から好きな曲だったのですが

3月の末にNHKで放送された 「春うた2007」 で

ピアノのみで歌われた 「サクラ色」 に、

すっかり魅せられてしまいました。

そして借りてきたCD。カップリングの曲も数曲あったのですが

その中で最後に収録されていたのが

2005年のデビュー曲、 「HOME」 のピアノバージョンです。


この曲がいいんです!

ボーナストラックなのですが、

ピアノだけのアコースティックな伴奏で歌いあげるアンジェラから

ふるさとへの想いが伝わってきます。

アンジェラ・アキは、父は日本人で母はイタリア系アメリカ人。

小学生時代を徳島県で過ごし、今も徳島弁で話したりしますが

15歳の時ハワイへ移住し、2004年に日本に帰国するまで、

アメリカ・ワシントンD.C.に住んでいたそうです。

この 「HOME」 は、そんなアンジェラのふるさと徳島への想いが

込められているそうです。


そして、この「HOME」と「サクラ色」歌詞とメロディが

一部重複しているのを私は今回初めて知りました。

サクラ色の中で出てくる

ふるさと
心の中で今でも優しく響くよ
そんな歌が聞こえる


というワンフレーズと

「HOME」に繰り返しでてくる

ふるさと 心の中で 今でも優しく響いてる


ここがリンクしています。

「サクラ色」は、ワシントンD.C.にいたときの、

ポトマック川の桜並木に寄せる思いもあるようですが

そこに日本のふるさとの桜も重ねているのだと思います。

いかにアンジェラが

ふるさとにこだわり、愛していたかがここからもわかります。

353.gif


ふるさとって何だろうと、考えてみました。

私にとってのふるさとは、もちろん一歳の時から住み親しみ

両親や祖母、友達との思い出がたくさんある

この地のことであると思っていますが、

思うに、ふるさとって離れてみて、はじめてありがたさや

大切さが身にしみてくるような気がするのです。

室生犀星が抒情小曲集に書いたように

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」が原点のような気がします。

そういう意味では、私にとっての大事な心のふるさとが

もうひとつあります。


それが北海道。

父が生まれ、母が生まれ、祖父母たちが生きてきたところ。

何度も訪れた北海道は、いつも優しく迎えてくれて

不思議なことに、行くというよりも、

帰ってきたという気持ちにさせてくれるところなのです。

青函連絡船や飛行機から北海道の地が見えてきたとき

なんともいえぬ懐かしさを感じ、

そして離れるときは寂しくて、離れがたくて。。

とくに母が生まれた静内をどうしても訪ねたくて

思い切って一人旅をした時は、帰りの列車で

車窓の左に広がる、深い藍色の海を見ながら

ぽろぽろと涙がこぼれてしまいました。

これは間違いなく、父や母から受け継がれたDNAが

ここは、ふるさとなんだよと教えてくれているようでした。


アンジェラの「HOME」を繰り返し聴きながら

そんな北の大地を想っていました。



イラスト mattarihonnpo



posted by ゆる子 at 07:18| Comment(14) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
故郷って何でしょうね。
私は昔からどこへ行ってもよそ者でした。

以前訪問介護をしていた時に
私は誰もが嫌がるある街の担当になりました。
犯罪の多い貧民窟です。
何も知らない私は喜んでひきうけました。

そこで私は様々な人に出会い、
一生忘れられない素晴しい体験をしました。
一般の人には怖がられている街ですが
出会う人々は皆私を家族扱いしてくれました。
生まれて、あんなに温かい思いをしたのは初めてでした。
あれから10年以上たちましたが
今でもあの街へ行くと郷愁感におそわれます。
あの街が故郷になるのかもしれません。

アンジェラさんの歌、検索してみますね。
私の大好きなあの街に似合う曲をいつも探しているんです。
そうして編集したCDを聴きながら
あの街の中をゆっくり運転すると
北海道でのゆる子さんと同じように
涙がこぼれる時があります。
Posted by yuko at 2007年04月16日 16:26
■yukoさん、こんにちは^^

HOMEにyoutubeのリンクをつけてみましたから
音声は悪いかもしれませんけど聴けると思います。

ふるさとって、きっとみんなどこかわからないのかもしれません。
ある人にとっては、それは場所でなく人かもしれないし
それぞれ違っているのでしょうね。

yukoさんは、その街でいい出会いをしたのでしょうね。
思い出して心がほっと懐かしさでいっぱいになる場所。
誰もが嫌がる場所だって、誰かにとっては温かな場所になる。
yukoさんが感じたそれこそが、きっとふるさとなのかもしれません。

アンジェラ・アキの歌は、HOMEもサクラ色にしても
私は彼女のピアノの弾き語りが一番好きなんです。
ふるさとと一緒で、
私が感じたものがyukoさんの気持ちにぴったりするかどうかはわからないけれど
yukoさんの、ふるさとの歌もみつかるといいなと思っています^^
Posted by ゆる子 at 2007年04月16日 18:11
ゆる子さん、こんばんは^^

アンジェラ・アキの「サクラ色」。切ない歌詞が私もスキです。
誰もが桜にはいろいろな思い出がありますね。
いろいろな場所で桜を見ましたが、
やっぱり故郷で見た桜の思い出はいつまでたっても鮮明で忘れられません。
切ない思い出ではないですが、
ただただ夜に桜を見上げてるだけの記憶です。

ゆる子さんのDNAに刻まれた故郷の記憶。。
まぎれもなく北海道はゆる子さんの故郷なんですね^^
私も飛行機で北海道の大地が見えてきた時、
帰ってきたんだなって泣き出しそうになります。
この感動っていつも変わらないんですよ。

故郷は遠く思うほど愛おしさが増します。
帰りたいんじゃなくてただ懐かしくて、
故郷に会いに行きたくなります^^
Posted by ゆゆ at 2007年04月16日 18:55
こんばんは^^

北海道は海を渡るので
出る時の悲しさや
帰る時の懐かしさというのが
本州とはまた違うんでしょうね。
今は飛行機があるので味気無いかも
しれないですが。

東京とかに遊びにいっても
帰ってきて岩木山を見れば
ひと安心なので
ふるさとって凄いんだなと思います。

東京にいって歌舞伎町に行けば
「あ〜帰ってきた」と
ひと味違う感慨深さがありますけども^^;
Posted by じゅん at 2007年04月16日 19:31
アンジェラさんはほんと素敵な歌声ですよね!!
それに歌詞もいいし・・・
この間ランもアンジェラさんのCD買おうかな?って言ってました。

ふるさとか〜
やはり実家になりますかね?
普通の住宅地にある我が実家に戻っても、ふるさとって感じじゃないですね〜(苦笑)
北海道の大地はふるさとって感じがします・・。
Posted by カカシ at 2007年04月16日 21:39
■ゆゆさん、おはようございます^^

「サクラ色」ほんとうにいいですよね。
「サクラ色」も「HOME」も聴けば聴くほど
その歌詞もメロディーも好きになります。

ただただ夜に桜を見上げてるだけの記憶。
そんなふるさとを持っているゆゆさん、いいなぁ
ゆゆさんのふるさとでは、
まだこれから桜ですよね。
その時見上げた桜、
ゆゆさん、頑張ってね応援してるよって
今年も咲くのでしょうね。

ゆゆさんも、やっぱり北海道に帰るときに
そう思いますか。
ずっと幼い頃から育ってきた所だもの
なおさらですよね。
私はしばらく北海道には行ってないんですよ。
だから、あの懐かしさ、嬉しさはしばらく味わっていません。
でも、遠く思うからこその愛おしさもありますね。
歳を重ねてから会いに行くとまた違った感慨があるかもしれませんね。
ああ、行きたくなっちゃった^^

Posted by ゆる子 at 2007年04月17日 06:08
■じゅんさん、おはようございます^^

そうか〜
じゅんさんに言われて気づきました!
海を渡るっていうことが、
どこか切ない懐かしさに拍車をかけているかもしれませんね。
飛行機も、出かけるときは、けっこういいんですよ。
空から大きく大地が見えてくると感動します。
ただ帰りは、確かにあまりのスピードに
余韻を感じる時間がないですね。
新しい思い出も作ったばかりなのに
心だけがおいてきぼりになったような寂しさを感じます。
やっぱり津軽海峡を渡っていた頃が懐かしいな。

じゅんさんの心のふるさとは岩木山ですね^^
岩木山が見えて、林檎が実って、レスキューがいる。
ああ、完璧じゃないですか!
歌舞伎町も、わからないわけではないけれど(笑)
やっぱりレスキューにはかなわないでしょ^^
Posted by ゆる子 at 2007年04月17日 06:17
■カカシさん、おはようございます^^

アンジェラ・アキの歌声は素晴らしいですよね。
そうそう歌詞もいいんです。
ピアノだけで、感情豊かに歌うのを聴くと
思わず聞き入ってしまいます。
ラン君も、これから音楽にどんどん興味を持つお年頃ですね^^
スマも小学校の頃は、お姉ちゃんの歌うの聞いて
うるさいな〜としか思っていなかったみたいだけれど
今やTSUTSYAに一番通っているのはスマですから(笑)
まりもとも音楽の話になると盛り上がっています^^

カカシさんにとっては、
やっぱりお母さんが待っててくださるところですよね。
思うに、私が北海道に感じる郷愁も
もちろん大きな大地の素晴らしさや優しさもあるけれど
母とリンクする場所というのが大きな意味があると感じています。
やはりなき母への想いがさらに懐かしさを増すのだと思うんですよね^^
Posted by ゆる子 at 2007年04月17日 06:26
ふるさと・・・
そうですね〜。私にとってのふるさとは
ここ熊本ですが・・・
生まれてから小学校に上がるまでは奈良〜大阪に住んでいましたので、そこでもありますね(*^_^*)
熊本に来てからも関西弁で話す私。
めずらしかったのでしょう、ずいぶんいじめられましたが
いつからかすっかり熊本弁になり、熊本の人になってしまいました。
でも、今でもテレビなどで関西弁を聞くと
安心するんですよね(^^♪
Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年04月17日 20:01
■ 幸せおまけ箱さん、おはようございます^^

ああ、 幸せおまけ箱さんは、ずっと熊本育ちなのかと思っていました。
熊本も、関西も方言ははっきりした地域ですものね
それはきっと物珍しさも手伝ってしまったのでしょう。
ダディさんも、関東から兵庫県の西宮に引っ越した小学生の時に
ずいぶんいじめられたと言っていました。
子供って残酷なところもあるけれど
また不思議といったん打ち解けると急速に仲良しになったりしますよね。

幼い頃の記憶の中とはいえ、関西弁を聞くと安心する。
ふたつの大事なふるさとがあって
幸せですね^^
Posted by ゆる子 at 2007年04月18日 07:48
ゆる子さん ご無沙汰してます
ゆる子さんのルーツ^^北海道からですが、やっと春らしくなってきましたよ〜〜〜

ふるさとから出て生活したことがないので、『帰省』という言葉にすごく憧れていますが、ある意味そのままいるってことは、恵まれているのかもしれませんね。
それでも、道内で遠出して、札幌のにぎやかな灯りが見えてくると、「帰って来たなぁ」とほっとする気持ちはありますが^^

サクラ色はじっくり聞いたことがなかったので、今度きちんときいてみようと思います。
Posted by ake at 2007年04月19日 08:23
■akeさん、こちらにまでコメントありがとう^^

北海道も、もうじき桜かな?
じゅんさんのところあたりまで
そろそろきたみたいですね^^

そうかぁ、私には遠くて懐かしいふるさとみたいなところだけど
akeさんには、ずっと生活しながら愛してきた場所なんですよね。
でもやっぱり札幌は素敵な街だと思いますよ。
そんな街で過せるakeさんが、ちょっぴりうらやましいです。
これからも大切にしてね^^

サクラ色、そしてHOME、ほんとうにいいですよ。
私が歳を重ねたせいかなぁ
でも機会があったら聴いてみて^^
Posted by ゆる子 at 2007年04月20日 08:13
アンジェラ・アキさんは
私も大好きです。
あの人の歌声、心に染み渡ります。

私のふるさとってどこなんだろうって
ふと思います。
子どもの頃父親の転勤であちこち
行きましたから。

第一のふるさとは
夏休みや春休みごとに訪れた
両親の実家のある岡山かな。

第二のふるさとは
関西地方かな。兵庫県、大阪、奈良と
幅広いけど、人生の大部分をすごしてます。

どっちにしても
「こち亀」の両津みたいに
実家に戻ったら、自分の子どもの頃を知ってる
近所のおばちゃんがいたり、幼馴染がいたりする
故郷は私にはないんですよね。
そういう故郷のある人、うらやましいです。
Posted by あげは at 2007年04月21日 20:46
■あげはさん、おはようございます^^

アンジェラ・アキさんは、いいですよね〜
HOME今回、サクラ色から、たまたま出会ったわけですが
昨日は追っかけしてアルバムも借りてきてしまいました。
HOMEのピアノバージョンと聴き比べてみたかったのです。
やっぱりピアノバージョンがいいみたい、
ほんとうに、染み渡るという感じでした。

ふるさとはここです。
ってはっきり言える人は少ないのかもしれません。
私も同じですよ、小さな頃を知っていてくれる
おばちゃん達がいるここは、もちろん大切な場所ですけど
ずっとここだから実感がわかなくて。贅沢なことは重々承知なのですが
やっぱり遠く離れてみて、初めて有難みがわかるのかもしれません。
そして北海道にも郷愁を感じる。

心の中で懐かしく想う場所がふるさとなのかもしれませんね。
それは、時にお母さんだったり、お父さんだったりするかもしれないし^^
Posted by ゆる子 at 2007年04月22日 07:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38762901

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。