2007年03月22日

遠い雪の日

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

お彼岸の中日にダディさんと一緒に、お墓参りに行ってきました

お彼岸は道路が混雑するため、

都内にあって電車ででかけられる、ゆる子の実家のお墓参りを

先に済ませるのが天然家の恒例です。

そして、少し日をずらして天然家のお墓参りにでかけます。

ちょうど郊外の丘陵地にある公園墓地に桜が咲く頃、

4月初め頃になりそうです。


そんな昨日は、開花宣言のあったばかりの都内の桜も気になり

帰りに、上野公園と谷中墓地周辺の桜を見に寄りました。

おそらくゆる子たち同様、

桜めあてだろう人たちで賑わっていましたが

枝先にちょっぴりだけ開いた桜は数輪あれど

まだまだ大方の蕾は、ピンク色のまま開いていませんでした。

でも、日ざしはぽかぽかと暖かく、

道路わきには 花大根 の可憐な紫が群れ咲いていたり、

331.jpg

ソメイヨシノより少し早く開くかわいい 陽光桜 のピンクの花が

降りそそぐように開いていたりで、心もうきうき

谷中墓地までぶらぶらと歩いていくと

お墓参りの人たちで賑わっていました。

この谷中墓地を貫く桜並木はとても有名で見事なのですが

こちらも、まだ早かったようで

来週来られたら来て見ようね、ということで帰ってきました。


そんな春の一日を楽しんできた夜

日記を書くついでに、なんとなく昔の手帳を開いてみると、

ちょうど21年前の3月23日に

父と一緒に結婚準備の家具を見に行った時の気持ちを

書き付けたものをみつけました。

この日は、お彼岸も過ぎたというのに、

関東地方で記録的大雪と書かれています。

この時母はすでになく、父の仕事が休みの日曜日にでかけようと

あらかじめ予約してあったのでしょう。

大雪に交通機関もマヒ寸前だったみたいなのですが

予定通りでかけました。


降りしきる春の雪の中
父と二人で歩くみち
白く 白く雪は風に流され
父の背中と 雪に残る足跡をみながら歩いた

お父さん ありがとう
私はあなたをはじめ、多くの人に愛され
そして幸せな結婚をします

自分の幸福を間近にひかえ
うきたつ気持ちに気をとられて
あなたのさびしさを忘れていたことに、ふと気づきました。。




まだ続くのですが

そこには、結婚を喜ぶ父と

黙って歩く背中に見える寂しげな父のふたつの姿が書かれ

父と祖母の二人をおいて、家を出なければいけないことへの

後ろ髪をひかれるようなつらさと、

自分だけが幸せになってしまうようなうしろめたさ

でも、自分が幸せになることが、みんなの幸せにつながるはずだと

そう言い聞かせていた自分の気持ちが綴られていました。

それから4年後に、やっとみんなで一緒に住める

3世帯住宅を建てることができたのですが

その間に入院した祖母は

とうとうこの家に住むことはできずじまいでした。

あの時に背中を押して気持ちよく送り出してくれた、

父と祖母がいてくれたからこそ、今の自分があると思います。

あらためて、感謝の気持ちでいっぱいです。


今年は記録的な暖冬で、とうとう雪らしい雪は降らずじまいでした

真っ白な雪と、父の背中。。

そんな春の日も、遠い思い出の中、

愛らしい花びらの陽光桜がまぶしい今年の春も

また、別れと出会いと、新しいスタートの季節を迎えます。


332.jpg



posted by ゆる子 at 17:21| Comment(20) | TrackBack(0) | じいじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^

こっちでは所によっては
墓地が雪で埋まってるので
墓参りもひと苦労だったりします。
桜が咲く時期に墓参りというのも
良いですね^^
開花してすぐなので
少ないでしょうけども。

20年ぐらい前とは言え
そっちでもこの時期に大雪というのは
ちょっと以外でした。
そういう事もあったんですねぇ。

日記ってこういう時の為に
書いておくものなんでしょうね^^
Posted by じゅん at 2007年03月22日 18:59
ゆる子サンこんばんは。

旦那様の実家のお墓参りは毎年正月に、
我家の方は・・・もう何年も行ってない・・
ご先祖様には申し訳なく思います。
でもね、私は常々『忘れない事』が最高の
供養だと思ってるんです。
なくなった祖父のコトを思い出したり
祖父の話をする時、祖父だけでなく、
ご先祖様みんなの供養になってる・・・と。
自分勝手な考えかもしれませんが。

日記の文面、素敵ですね。
感謝の気持ちが現れています。
きちんと書いて取っておけば・・・と
思うのですが、出来ないのがこの私。
何でもかんでもスグ捨ててしまうのです・・・・




Posted by みぃ at 2007年03月22日 19:12
ゆる子さん、こんばんは^^

桜の季節にお墓参りですかぁ^^
まだ少し早い桜の木を見上げながら二人で歩くのも
風情があっていいですね。

21年前の昨日は大雪だったんですか!
お父様の背中を見ながら歩くゆる子さん、
背中に感じるゆる子さんを思いながら歩くお父様。。
季節外れの雪がまるで桜の花びらみたいに
白く白く舞っていたのかなぁ。
ゆる子さんの日記は本当に宝物ですね^^
この数行を読んでいるだけで胸がきゅーっと
締め付けられるような感じがしました。
Posted by ゆゆ at 2007年03月22日 20:47
お彼岸は 両方とも近くにお墓があるので 
しょっちゅう行けます
おばーちゃんは 何かあるたびに 
お墓へ行ってお参りしています。。。と言うか お墓へ行かないと落ち着かないみたいです^^;

日記っていいですね
21年前に 気持ちがタイムスリップしたみたいですね
私まで なんかじーんとしました

桜のピンク 可愛い〜^^

Posted by のんのん at 2007年03月23日 00:25
ゆる子さん、お久しぶりです。
じいじはお元気ですか。
来週は桜を見に是非お出かけ下さい。
お花を背景にした思い出を、じいじと沢山作って下さい。
桜が散って、地面が桜色の絨毯になる時期も良いですよね。

お彼岸のことすっかり忘れてました。
深川不動尊参道にある「ふじや」という仏具店、
そこでしこたま買ったお線香を今日は焚くことにします。
ゆる子さんも「ふじや」ご存知ですよね。
いつもおまけのお線香を一箱くれます。

私がゆる子さんの日記を読んだ時の気持ちって
お線香の香りを嗅いだ時の気持ちと似てます。
のんのんさんの仰る通り
タイムスリップして、それからじーんとなります。
Posted by yuko at 2007年03月23日 03:13
■じゅんさん、おはようございます^^

そっかぁ、お彼岸といっても
じゅんさんのところでは、
お墓も今ごろはまだ雪の中ですね〜
それは大変でしょう。。
今年の桜は暖冬だったので
かなり早いと思っていたのですが
例年よりは少し早めとはいえ
日記を見ると、かなり寒かったという去年と比べても
開花宣言たった一日違いなんですよね。。

桜も寒い冬を越して初めて暖かさを知り花を開かせるみたいです。
だから今年の桜は、ぱーっといっきに咲かないですね。。

関東地方では、たまに春の大雪があります。
でも今年は、さすがにもう無理でしょうねぇ。
この頃は、日記と言っても仕事の手帳に走り書きしていました^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月23日 07:35
■みぃさん、おはようございます^^

お墓参りも気持ちがこもってなければ
なんにもなりませんよね。
遠かったり、なかなか行けなかったしても
いつも思い出して、懐かしむのが
私も一番の供養になると思っています^^

お爺様は奄美大島の方でしたよね。
みぃさんが、大らかで優しかった
大好きなお爺様を思い出してお話する時に
ご先祖様たちも、きっとにこにこ喜んでいるはずです。
私もぜったいそう思いますよ^^

あの頃に書いたものは、とても日記などと呼べる代物ではありませんでした。
ただ仕事のスケジュール手帳の余白に
思いつくまま書き留めたりしていたものです。
この年は、結婚を間近にひかえて
あれこれ思うことも多かったようです^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月23日 07:46
■ゆゆさん、おはようございます^^

今年は桜の開花とお彼岸が重なったけれど
まだぼちぼちしか咲いていませんでした。。
ただこの写真のような、陽光桜という種類だけ
きれいに開いて、とっても可愛いのよ^^

21年前の大雪は関東でも記録的って書いてあります。
きっとこの季節としてはってことでしょうけどね。
ただ春の大雪だったので
かえってこの日のことは忘れられない思い出になりました。
ふつなら並んで歩くところだけど
雪がかなりひどくて、傘を広げて父の後ろから歩いた情景は
今でもはっきり憶えています。
白いはなびらかぁ。。
ゆゆさんらしいなぁ、とってもきれいね。
あの頃は、思いつくまま気の向くままに
手帳に書きつけたものでしたが
私にとっても、大事な宝物になりました^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月23日 07:55
ゆる子さんおはようございます!

私も21日にお墓参り行ってきました。(すごく近いのですよ!)
この日はランと父ちゃんは用事があって行けなかったので、
お義母さん、私、さくらの3人で行きました。
実家のお墓は五反田にあるので、お正月帰ったときにしか行けないのですけどね・・・。

日記をつけるって良いですね・・・。
お父さんの嬉しい・寂しい気持ち分かりますよね・・。
なんか読んでいて、ジーンときちゃいました。
Posted by カカシ at 2007年03月23日 08:05
■のんのんさん、おはようございます^^

のんのんさんのところは、お墓が近いんですよね、
おばーちゃんが、お墓へ行くお話も
のんのんさんのところでよく読ませていただきましたものね^^
そこでご先祖様と心を通わせたり、
おばーちゃんからも色々報告があるのかもしれませんね、
なんだか微笑ましくていいなぁ

あの時の雪はとっても印象深くて
私もよく憶えているのですが
やっぱりこうやって書いてあるとなおさら
その時の切ない気持ちがよみがえってきます。
でも、当時はほんとうにメモみたいな走り書きだったんですよ^^;

この桜は、陽光桜 という種類です、ぽってりして可愛いな〜と思ったら
なんていう桜かしらと思ったら、ちゃんと名札がついていました^^
少しピンクが濃い目で、愛らしい様子です。
Posted by ゆる子 at 2007年03月23日 08:05
■yukoさん、おはようございます^^

ああ、yukoさんこそ元気でしたか?
じゅんさんのところでコメントを読んでいたから
少しゆっくりされたほうがいいなぁと
かえってメールもしませんでしたけど、心配していました。
元気そうでよかったです^^

じいじは元気にしています。
お墓参りの日も私たちと時間差で
お経を聞きにお寺さんまででかけていました。夜は一緒にご飯にしました。
私もね、桜の舞い散る頃が大好きです。
一年に一度のこの季節を待ち焦がれているたくさんの人たちがいるってことが
なんだか嬉しいです。

深川不動尊参道の「ふじや」さん、
残念ながら知らないんですよ。。
門前仲町ですよね、yukoさんに案内してもらわなくちゃ^^
お線香は私も好きですよ
朝お仏壇の前でお線香をあげてお参りしたあと
お線香の香りを楽しみながら
しばらくぼーっとお線香の煙を見ているときもあります、
すーっとまっすぐ立ち上ったり、ゆらゆらしたり
不思議と心がおだやかになります^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月23日 08:21
■カカシさん、おはようございます^^

カカシさんもお墓参り行かれたんですか
近くでいいですね、女性陣三人で仲良くいいなぁ^^

お正月の帰省のときはまずお墓参り!って書かれたましたものね、
それから東京タワーだったような^^
そういえば、スマのお友達の家が五反田で大きなお寺さんなのですが
まさかそこではないですよね!?ちょっとどっきりです^^;
うちの実家のお墓も実は東京タワーが見えるところなんですよ
五反田、高輪、六本木あたりお寺さんも多いですものね。
お正月に、カカシさんや、さくらちゃんたちに会えるのを
お父様も楽しみにしていらしゃるかもしれませんね。。

あの頃に書いたものはほんの走り書きなのですが
ちょっと恥ずかしくて読めないものなんかもあります(笑)
でもこの時の父の背中から感じられた寂しさは忘れられません。
今は一緒にいられることに感謝です^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月23日 08:44
ゆる子さん こんにちは

桜ですね〜まだまだ遠いです。
せっかく気温が8℃予想なのに、雪がまたふってきました。

ぐっとくるお話ですね。
こういうとき、日記を書いていると思い出せますね。
思い返すと、私も結婚の準備をした時期が雪の季節でしたよ。
母と食器棚買いに行きました。
何年か一人暮らしはしていたので、「なにもいらないよ」と断っていたのですが、
「"片親だから手ぶらできた"とは言われたくない」と言って見に歩きました。
いくら、生活を共にしていなかったとはいえ、どんな気持ちだったのかな...と、ゆる子さんの記事を見て考えました。

そんな時から、早11年
実は今日は結婚記念日です。
まぁ、家でぎゃぁぎゃぁ言いながらですが^^;
静かなレストランで...ってのは、また今度ってことで。
Posted by ake at 2007年03月23日 14:22
またいいお話・・・・
最近忙しくてバタバタの毎日で余裕がなかったのですが、なんだかホッと出来ました(*^_^*)
ありがとうございます。

ゆる子さんは、お若い頃からしっかりして
らっしゃったんですね〜。
そんな思いでお嫁に行かれたなんて・・・
私なんて、最近ですよ。
自分が幸せになる事が、みんなの幸せだと
気付いたのは・・・
やっと、少しだけ大人になってきているようです^_^;
Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年03月23日 17:44
ゆる子さん、こんばんは。

父方は奄美大島の人ですが、母方は神戸の人。
どちらも祖母は元気なんですが、残念なことに
祖父は亡くなってしまいました。

父方・母方共に長らく墓参りに行ってません。
私の大きらいな細木○子さんが聞いたら
大激怒かもしれません(笑)

父方の祖父については以前、こちらで語らせて
頂いたのですが、母方の祖父も面白い人でした。
小学生の孫へのお土産に、裸の女の人を模した
形の耳かきを買ってきたり、紙製の使い捨ての
パンツ(香り付の下着)を買ってきたり・・・
ラーメンを作って、出来上がってからお酒の燗を
つけるので、祖父のラーメンはいつも伸びてました(笑)

なので、祖父たちの話はよく私の話の中に
出てくるんです。
いわゆる『変な人達』なんですよね・・(^_^;

忘れない、忘れられない。
最高の供養だと、勝手に決め付けてるので
まぁ、良いかな・・・と。

日記と呼べなくても、それを取ってあることが
スゴイですよ!
私なんて、去年の手帳すら残ってない。
スグ捨てちゃうんです。
取っとくことができないんです・・・




Posted by みぃ at 2007年03月23日 21:17
21年前のお彼岸は大雪だったんですね。

ゆる子さんはやさしい人ですねえ。
21年前の日記ににじみ出ています。
お父さんもうれしさあり、さびしさあり、
複雑な気持ちだったとは思いますが、
実際にゆる子さんがこうして
幸せに暮らしていることが
何よりの親孝行ですね。

私にはこんなやさしい文章書けないわ。
なんか必ず笑いをとりたくなるというか。
うらやましいわ。
Posted by あげは at 2007年03月24日 00:09
■akeさん、おはようございます^^

いよいよ開き始めましたよ!
とはいっても、いっきにパーッと開く感じじゃないんですよね。
やはり寒かった冬を越えた花の方が
勢いがあるように思うのは気のせいかしら。
でもやはり桜は心にしみる花ですね。

そうそう、結婚記念日おめでとうございます^^
春の弥生のこの季節、いいですねぇ
とはいえ、結婚準備はまだ深い雪の頃だったのでしょう。
お母さまもお父さま亡き後一生懸命子育てしながら働いてこられて
それを支えてくれた長女のakeさんの結婚には
特別の思い入れがあったのではないでしょうか。
嬉しくて、寂しくてかな。
子供を思う親心って、ほんとうにありがたいものですね。

こうして3人のママになって幸せな姿を見せることが
お母さまにとっても、何より嬉しいことだと思いますよ。
無口だけど優しいパパさんと、どうぞこれからもお幸せに^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月24日 08:45
■幸せおまけ箱さん、おはようございます^^

幸せおまけ箱さん、忙しそうですが大丈夫ですか?
この季節は色々せわしなく、心落ち着かない時かもしれませんね。
疲れが出ないように、気をつけてください^^

私もね、決してしっかりしていたというわけではないのですよ。
母が元気でいてくれた頃は、甘えたい放題でした。
母を亡くして、しっかりしなくちゃと思い始めたのですが
それでも、まだ父に甘えていたのでしょう。
結婚を機に父と祖母をいったん置いてでなければならないことになった時
初めて自分の立場を自覚したようなものです。

親にとっては、子供の幸せが一番望むことなんですよね。
幸せおまけ箱さんも、安吉さんとお嬢さんと
幸せをいっぱい振りまいているじゃないですか。
安吉さんのカレンダー今も目の前ですよ^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月24日 08:53
■みぃさん、おはようございます^^

お母さま方のお爺様も、楽しい方だったのですね
みぃさんのお話聞いただけで
孫をびっくりさせようと、ニコニコしている様子や
伸びてしまったラーメン食べながら
美味しいお酒を召し上がっていたお爺様の様子が
目に浮かびます^^
お二人とも、亡くなられてしまったけれど
こうして、みぃさんの思い出にしっかり生きているってことは
お幸せですね^^

みぃさんに言われて思ったけれど
私も北海道の祖父母のお墓は、もうずっと行っていないんですよ。
父はこちらにきて、お墓を作ったので
北海道の本家のお墓はとんとご無沙汰です。
やはり心で思うとき、懐かしく話をするとき
そんなことが、一番大切なのでしょう。

忘れない、忘れられない、いい言葉ですね^^

取っておけない人は、片付け上手さんなんですよ、みぃさん^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月24日 09:03
■あげはさん、おはようございます^^

そう、ちょうどお彼岸の頃
お彼岸開けの日曜日だったと思います^^
優しいだなんて、ただのわがまま娘でした(笑)
ただ、母を亡くしてからは少なからず自覚ができたようで
そんな寂しいときに二人きりにするのは
父にも祖母にも申し訳なくて、この身がふたつになるのなら。。
と健気に思ったりしたものです^^
なんとか皆が一緒に過せる家ができたことは
私たちにとっても念願だったので
少しは親孝行できていると思うと、ほっとします。

優しい文章だなんて言ってくださると、うれしいけれど
ほんとうのところ、かなりすっとぼけていて、うっかりだし
家族にも迷惑かけまくり
相変わらず、わがままオバサンしています(笑)
あげはさんの方がよっぽどしっかりものだと思います。
そして、そんなあげはさんの、楽しい話も大好きですよ^^
Posted by ゆる子 at 2007年03月24日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36573950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。