2007年01月15日

受験生とまりも

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

そろそろ 大学センター試験 の季節。

そして 高校受験や、 中学受験 も始まる受験シーズンの到来です。

去年の今ごろは、まりもも大学受験をひかえて

色々大変な頃でした。

さんざんすったもんだしたあげくに

受験校をひとつに絞ったのが年末のことで

こうと決めたら、てこでも動かないまりもは、受験するのもたった一校!!

センター試験のこの時期はもう心配を通り越して

運を天に任せるような気持ちでした^^;



それから一年、

幸い志望校に合格しましたけれど

今度は、まりもが受験生を送る立場になったのです。


というのも、大学まで片道2時間かかるまりもは

実習が増えてくるこれからのことを考えると

往復4時間の通学は厳しく、ひとり暮らしをすることに決め

そのために今アルバイトをふたつ掛け持ちしています。

ひとつはコーヒーショップで、もうひとつは個別塾の先生。

そして、その個別塾でまりもが担当する子が

高校受験と大学受験をひかえているのです。



もともと子供と接するのが大好きなまりもは、自分の進路も

子供と関わる仕事 と決めて、その方向で勉強をしているため

この先生のアルバイトは、大変ながらも、とても楽しく続けてきました。


現在担当している子供たちは中一から高三まで全部で8人

そのうち中三と高三が半分の4人だそうです。


中一担当の時は、まりもにとっても、ホッと癒しの時間^^

まだ慣れない部活動でヘトヘトになった男の子なんて

部活動の大変さと、楽しさを、まりもに話したあげく

いざ授業になると、眠くて問題を解きながらあやうくウトウト。。

飽きないように、誘導しながらも

『○○君、これ以上もう解けないかな?』 とまりもが聞くと

『もう、だめぽ。。』 と言うらしい(笑)

それを起こし、起こし最後まで引っ張っていくらしいのですが

何とも可愛くてたまらないそうです。

同じく中一の女の子も、旅行のお土産をくれたり

『先生、先生』 とまとわりついて、

もう可愛いの〜〜 とまりも^^


一方、高三の子となるとまりもの一級下なだけ。

早生まれのまりもとは、同じ歳の18歳かもしれません。

それで教えていいものだろうかと、最初は私も心配したのですが

まりも曰く

『たしかに難しい問題なんか出てくると苦労するけれど
 自分もついこのあいだまでやっていたこことだから、解らないことも
 その子の立場になりやすいし、
 センターの時の諸注意なんか、リアルタイムに近く教えてあがられるから
 良い面もあるんだよ』


とのこと。なるほど。。と納得してしまいました。


さて、そんな生徒の中にひとり、中三の男の子がいます。

塾から帰ってきたまりもの話に、たびたびでてきた男の子。

ちょうど中三の、それも男の子となれば

かなり難しいお年頃、反抗期や受験のストレスも重なって

とても扱いにくい年頃です。

案の定、最初のまりもの感想は最悪!だったそうな^^;

『へ〜 とか ふ〜ん』 とかいう調子。

勉強はけっこうできるのに、気分にむらがあって

少しも集中しないのに、勉強とは関係ない質問はてんこ盛り。

この子を担当してきた日は、いつも

『あ〜疲れた、ほんとうに難しい子なんだから。。』 とぼやくまりも。

『でも、スマイリーのひとつ下だから、扱いは慣れたものでしょう』

というと

『スマより、ぜったい大人っぽいもの、だから難しいんでしょ!』

確かにわかりやすくて、子供っぽいスマイリーでした(笑)

そんな状態が続いていたのですが

日がたつにつれて、だんだんお互いに打ち解けてきたのか

まりもからも楽しい話が聞けるようになってきました。

『このあいだ、出した宿題をやってきたんだけど
 その一番後ろにクイズが書いてあったのよ
 どうしても答えがわからなかったから
 もうどうしてもわからないよ〜って言ったら
 へ〜先生真剣に考えてくれたんだ! て喜んでた^^』


どうやら、宿題の最後に書かれていたクイズはこんな感じらしい。

馬と馬が愛を語る場所はどこでしょう?

まりもが降参宣言すると、うれしそうに

『ホストクラブでした〜』

??な顔のまりもに向かって

『だって、ホース トーク ラブ でしょ!』


なるほど! ホストクラブだ(笑)

いたずらっぽく笑って答えを教えてくれたらしいのです^^


こうやって、だんだん気心がわかってきた彼も

もうじき受験本番。

手のかかる子ほど可愛いの言葉どおり、

まりもも気が気ではないらしいのです。



そして、まりもにとって一番つらいのが、

この子達とお別れしなくてはならないということ。

もともと、この塾はまりもが高校受験のときにお世話になった塾で

教えてもらった先生とも今は同僚の先輩後輩としてのお付き合いも始まり

楽しくてしょうがないらしいのです。

まして、情がわいてしまった生徒達との別れ。

受験を済ませて送り出せる生徒はまだしも、これからも担当して欲しいとう

他の生徒も置いていくようなことになってしまうのです。

一人暮らしのために頑張ってきたバイトが、

今度は一人暮らしのために、辛いお別れの場になってしまったまりも。

一時は、真剣にこのまま4時間通学で乗り切って

バイトを続けようかと思い直すところまできたこともありましたし

正直言って、まりもがこのまま手元に残ってくれるなら

ゆる子にとっても、何より嬉しいのです。

でもでも、せっかくの貴重な大学生活の4年間。

何のために一年間アルバイト三昧の日々を過してきたのか

そして通学に4時間かけて、バイトに明け暮れるだけの4年間でいいのかと

最初の目的に立ち返れば、おのずと答えはでてくるはずです。

まりもも、よくよく迷ったあげく

やはりここは辛いけれど、

お別れをして次へステップアップする時かもしれないと思ったようです。

部屋もめぼしいところを自分で見てきたところなので

どうやら、このひとり暮らしが覆ることはないでしょう。。


さあ、いよいよ受験シーズンの始まり。

まりもたち先生も気が気ではないシーズンですが

受験生を最後まで見送って、まりもも春には出発です。

受験生の皆さん、風邪などひかぬよう気をつけて

全力を出し切ってくださいね!




posted by ゆる子 at 18:30| Comment(18) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆる子さん こんばんは

"人を教える"という仕事
とても大変なことを、若いまりもちゃんがしているということは、スゴイと思います。
教えられることもたくさんあるでしょうね。
苦労もあるでしょうね。
恐れ多くて、私にはできませ〜ん!

母も着付けやそれにかかわることを教えていますが、教えることは楽しいとのことです。
どうやら、私にはそのDNAは引き継がれていないようですが...。

まずは、生徒さんたちを送り出しに専念ですね^^
やっとコミュニケーションがとれてきた子との別れは寂しいでしょうが...。
まりもちゃんと生徒さんに、幸あれ!です^^
Posted by ake at 2007年01月15日 21:10
こんばんは〜
受験生にとっては 大変な時期ですね
その子たちを 教えていた まりもさんも 同じ気持ちで ドキドキでしょう。。。

自分が 大変だったけど 一生懸命やってきたことは よい出会いだったり 学びだったり。。。
何かに 一生懸命って いいですね〜
どの生徒さんも いい結果が 出ますように

そして まりもさんの出発に 拍手^^
Posted by のんのん at 2007年01月15日 21:46
そうですね〜受験の季節!
まりもさんはとても素敵な先生ですね!だから生徒さんも打ち解けてくれたのでしょ!
生徒さんも、まりも先生とこれで終わりだと思うと寂しく思っていることでしょうね〜。
うちのランも勉強見てもらいたいわ〜!

一人の生活って大変だけど(私も経験しました)本当に親の有難みが解るので、絶対したほうがいいですよね!
頑張ってね!まりもさん!
Posted by カカシ at 2007年01月15日 22:29
まりもちゃんはほんとうに
子どもを教えるのが好きなんだね。

人を教える、ましてや
反抗期真っ只中の中高生を教えるなんて
並大抵のことではないでしょうね。
とても根気がいるんだと思います。
私じゃできないわ〜
すぐキレそう。

しかも大学受験生を教えれるなんて。
このアルバイトでまりもちゃん自身
とても成長したことと思います。
人を教えるって自分も教えられること
多いですもんね。

Posted by あげは at 2007年01月15日 23:49
おはようございます。

まりもチャン、先生をしてるんですね。
とても大変なお仕事です。
ものすごい責任ですもの。
子供好き、というだけでは勤まらないと
思います。

一人暮らしをするんですね。
ゆる子サン、寂しくなりますね。
離れてはじめて分かる、親のありがたみ。
どんなに疲れてても、体調悪くても、
ご飯の用意・洗濯・掃除を自分でしないと
いけない辛さ・・・
何事も経験ですね。

まりもチャン、頑張れっ!!
って遠い広島から応援してます♪


Posted by みぃ at 2007年01月16日 10:11
まりもちゃん、いい先生になりそうですね(^^)

私も塾業界でお仕事をしていますが、
アルバイトの講師がとても熱心にていねいに教えていることがあるとききくことがあります。

時には学習障害の子に自作で教材をつくってきたりして。

たかがアルバイト、されどアルバイト。

私も家庭教師をしましたが、
思い入れによって、こちらのほうが
思わぬ成長をしました。

まりもちゃん、頑張ってくださいね!
それから、体にも気をつけて。

ゆる子さんも
いいお嬢さんで鼻がたかいですね〜(^^)
Posted by ぽっっぽ at 2007年01月16日 13:52
■akeさん、こんばんは^^

ほんとうに勉強になったみたいです。
私も高校を出たばかりのものが
人に教えるなんてことをいきなりしてもいいのだろうかと
最初は心配したのですが
生徒さんには好かれているようなのでホッとしました。
面白いもので、自分の不得手だった教科の方が
わからない子の立場にたちやすくて教えやすいみたいですよ。

お母さまは、着付けを教えていらっしゃるのでしたね^^
教えたことを飲み込んで進歩してくれた時は
きっと、とっても嬉しいし達成感もあるのでしょうね。

まだ、後ろ髪をひかれる思いを断ち切れていない様子ですが
今は受験生をきちんと送り出さないとね!
今日もこれから出かけるところです^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月16日 17:33
■のんのんさん、こんばんは^^

ほんとうに受験シーズンがやってきて
送られる立場から、送る側になったまりもですが
自分も初めてのことで、ドキドキでしょうね。

アルバイトはまったく違う
生徒に教えるということと、コーヒーショップでの接客で
色々なことを学んだみたいです。
何しろ、家にいるときは何でも私まかせなのでね^^;
どちらのアルバイト先も人間関係に恵まれ、
それだけに去りがたい気持ちが大きくなっているようですが
今はとにかく子供たちが無事試験を終えることを
祈るのみです^^

まりんちゃんも、もうじき出発ですよね!
いい門出になりますように^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月16日 17:44
■カカシさん、こんばんは^^

一年前は、まりもが受験生だったのですが
ついこのあいだのことのようです。
考えてみれば、受験って何でこんな寒い時期なんでしょう。
風邪はひかないか、インフルエンザにならないかとヒヤヒヤでした^^;

ラン君もじきに高校受験がやってきますよね。
近かったら出張先生でもよかったけれど
佐賀はさすがに遠いです(笑)

カカシさんも、一人暮らし経験ありなんですか!
まりもは、一見しっかりしているのだけれど実は甘ったれなんです^^;
一人で暮して初めてわかることも多いのでしょうね。
どんな成長をしてくれるのかなぁ^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月16日 17:57
■あげはさん、こんばんは^^

まりもが、今回二つのまったく違う職種のアルバイトをしてみて
つくづく向き不向きってあるのだろうな〜と
傍から見ていても思いました^^;

ゆっくり丁寧なまりもは、塾の先生の時は
きっと根気よく生徒の立場になれるのだろうけれど
接客そのものが嫌いなわけではないにしても
手際のよさと速さが要求されるコーヒーショップの方は
どうもぶきっちょで向いていないみたいです(笑)
優しい先輩に救われてどうにかこなしていますけど^^;

いずれにしても、こうやって働いてお金をいただくという経験で
思うようにならないことや、働くことの大変さを知り
社会勉強していくのでしょうね^^

Posted by ゆる子 at 2007年01月16日 18:11
■みぃさん、こんばんは^^

先生といっても、個別塾の新米先生ですよ^^;
ただ、将来はもしかしたら、
ほんとうに小学校の先生になるかもしれないので
その時のためには勉強になるでしょうね。
でも、今は小学校も大変みたいだから
責任ある、それこそ子供が好きなだけでは
勤まらない仕事だと思っています。
耐えられるかなぁ。。

一人暮らしは、まりもにとってもいい経験になりそう^^
なんだかんだ言って、甘えん坊なですよ。
今はスマイリーの方が手際よく料理も作ったりするので
ここでお姉ちゃん名誉挽回で
しっかりやってほしいものです!
みぃさんのお料理パワーを送ってくださいね^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月16日 18:27
■ぽっっぽさん、こんばんは^^

ぽっっぽさんは、塾業界でしたか^^
私も最初はついこのあいだ高校を出たばかりの子が
決して安くはない塾代を払って来ている
人様のお子さんの勉強をみてもいいものだろうかと心配していました。

でも、確かに手馴れてマンネリになっている先生よりは
案外一生懸命下準備したりしているのかもしれません。
何でも初々しい気持ちで取り組むと成長できるのでしょうね^^

少しはゆる子さんの低い鼻が高くなってくれるといいのですけれど
家にいる時のまりもは、まだまだ課題満載です^^;
喧嘩相手がいなくなって、お互いに寂しいかもしれません(笑)
Posted by ゆる子 at 2007年01月16日 18:38
まりもちゃんって、とってもいい先生なんでしょうね(*^_^*)
私も、中学生の時に大好きだった塾の先生思い出しました。
女の先生で、可愛くて、優しくて、教え方がとても
分かりやすくて・・・ひっぱりだこでした(^^♪
きっと、まりもちゃんもそんな感じなんでしょうね(*^_^*)
Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年01月16日 20:20
こんばんは^^

まりもちゃんは毎日貴重な体験を
重ねてたんですね^^
良いバイトを選んだな〜と思います。
「出会い」に比重を置ければ
もっとこのバイトが楽しくなるのかも
しれないですね。
かなり難しいかもしれないですけど。

教えるというよりも
いかにやる気を出させるかが
鍵なのでこれからも頑張って欲しいです^^

レスキューも応援してますよ〜(多分)^^;
Posted by じゅん at 2007年01月16日 21:03

まりもちゃん、いい先生だったんですね^^
人に教えるって大変なことです。
真面目すぎてもダメだし、
優しすぎてもダメだと思うし…。
まりもちゃんには先生の才能がありそうです。

かわいがっていた生徒さん達と別れるのは辛いですね。
生徒さん達もまりもちゃんと別れるのが寂しいはずです。
一人暮らしのためにはじめたバイトが
一人暮らしをするためにやめないといけないなんて
当初の予定通りだけど、ちょっと割り切れないです。

ゆる子さんも寂しくなりますね。
まりもちゃんの大きなステップアップだけど
いつまでもまりもちゃんは、
まりもちゃんのままですから。。
私も両親と離れて
はじめて愛情の大きさをしりました。

まりもちゃんのキラキラ輝く未来を
私も応援してます♪
まりもちゃん、がんばって!!
Posted by ゆゆ at 2007年01月16日 21:21
■幸せおまけ箱さん、おはようございます^^

幸せおまけ箱さんにも、そんな思い出の先生が
いらっしゃるのですね^^
まりもが、そんな先生みたいだったら嬉しいです。
歳が近い分お姉さんのように慕ってくれる
女の子もいるみたいで
まりもにしても、妹がいないので可愛くてしかたないみたいです。
幸せおまけ箱さんの大好きだった先生みたいに
思い出してくれたら嬉しいですね^^

そういえば、私も小学校の頃に大好きな女の先生がいて
美人で優しくて憧れたことがりました。
懐かしいな〜 手紙の返事もらっただけで
宝物みたいに大事にして。。可愛かったです^^;
Posted by ゆる子 at 2007年01月17日 09:12
■じゅんさん、おはようございます^^

あああ、じゅんさんの言うとおりなんです!
実は昨日も塾から帰って
また、ふ〜っとため息。
昨日は朝にコーヒーショップの方でも
ちょっと色々あって、ますます迷いが強くなったようです。

ここのふたつのアルバイト先で、できあがってきた人間関係が
良いものであればあるほど迷い悩む。
この身が二つあれば。。というのがまりもの正直な気持ちでしょう。

ただ、私たち両親はアドバイスはしても、
決断するのは、まりも自身にゆだねるつもりです。
彼女がどんな決断をするかは、わかりませんが
出した答えは尊重してあげたいと思っています^^
レスキューに相談にのってもらおうかな〜

Posted by ゆる子 at 2007年01月17日 09:21
■ゆゆさん、おはようございます^^

学校時代から友だちにもよく勉強を聞かれていたみたいです。
根気よく、丁寧なところがいいのかも^^
その代わり、スピード勝負のコーヒーショップは毎度パニックみたいですよ(笑)

正直言って、まりも自身まだ迷っています。
ギリギリあと一年なら、こちらで過せそうだと。
ただこの一年間、目的のためとはいえバイトの日々で
部活もサークルもろくに参加できずにきました。
それを楽しみにして頑張った部分もあるので、複雑な心境のようです。

ゆゆさんも、ご両親の手元から飛び立ってきたのですね。
子供はいつかは巣立つものだし
また、そうあってほしいとは思っていても、いざ手放す時は寂しいものです。
でもそうやって、お互いの存在の大切さを知るのですね^^
ゆゆさんのように感性豊かな素敵な女性になってくれたらうれしいです^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月17日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。