2007年01月12日

大相撲 初場所

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

大相撲初場所 も中盤戦にさしかかりました。

相撲大好きのダディさんと、じいじは相撲談議にいつも花がさくのですが

ゆる子は、正直言ってあまり詳しくはありません^^;


そんなゆる子とダディさんは、仲良しのお友達ご夫婦と

このあいだの日曜日、大相撲の 初場所初日 にでかけてきました^^

このご夫婦とは、子供の構成も近い仲良し。

子供が小さな頃は、料理を持ち寄って夕飯を食べたり、

近場のスキー場に一緒にでかけたりしていたのですが

子供たちも大きくなって、そろそろ子連れは卒業ということで

一昨年の暮れから年に2回のペースで、一緒にでかけています。

持ち回りで企画して、

日ごろのご褒美にちょっとだけ贅沢をしてしまおうということ^^


今回は相撲好きのダディさんの企画で、でかけたのは、東京の 両国国技館

チケットも意外と簡単にとれますし(ダディさんが取ったのは初日2日前)

お土産もない一番安い椅子席なら、映画2回見るくらいで

朝から相撲を見たり、

国技館内の1Fにある「相撲博物館」の見学したりできるのですから

東京にいらした折に場所があれば、足を運んでみるのも楽しいものです。


さて、今回は相撲に詳しくないゆる子の記事ですから

相撲の取り組みのことは、あちらへおいておいて

その雰囲気や国技館の中の様子などをお伝えしようと思います^^



ゆる子たち一行が国技館に着いたのは午後3時前。(朝から開場しています)

両国の駅を降り立つと、すぐに国技館が見え、

賑やかなのぼりが、もう相撲気分を盛り上げてくれます。

235.jpg

人波もにぎやかに、あちらこちらに見習い力士さんらしい姿もちらほら。

チケット切りもお相撲さんです^^


館内に入ると通路は土俵と客席を囲むようにぐるっと一周していて

どのドアから入れば自分の席かちょっと迷ってしまいそう。。

東の一番、二番というように、ドアにも書かれていますが

いったん席をみつけてから、立ち歩く時は

土俵の 房の色 で見つけるのが一番早いことを発見しました^^

237.jpg

ゆる子たちが座ったのが、青いふさの方角の一階上方の

一番安いお土産なし桝席です。

場内に入ると、テレビで見るよりずっと明るくて広く

中央の土俵がふわっと照らし出されて、それはそれはきれいです。

239.jpg


この日は大入りの 満員御礼 の垂れ幕がさがり

240.jpg


なんと初日の札止めは、

横綱貴乃花が現役引退した2003年以来4年ぶりのことらしいです。

さっそく一緒にいったママが

『ゆるちゃん、お土産見に行こう!』というので

土俵入りまで時間があるし、お土産売り場へいそいそと。。

途中に お茶屋さん の一角があり、

236.jpg

お土産とお弁当がどっさり入ったお茶屋さんを通してのチケットの方は

こちらの入り口から入って、座席まで案内されていきます(お高いです^^;)

ママは一番末っ子のチビさん(4年生)にお土産を買って

職場にもお菓子を買っていました。

ゆる子は以前にも来たことがあるので、

今回買ったのはこの場所でしか買えない 平成十九年初場所の絵番付 ^^

247.jpg
クリックすると大きくなります^^


幕内力士の化粧回し姿と出身地所属部屋、そして行司、呼び出しの方も描かれています。

缶ビールと焼き鳥も買ってお父さんたちのところへ^^

そうこうするうちに、幕内力士の土俵入り です。

241.jpg

続いて横綱 朝青龍 土俵入り

244.jpg


今回相撲観戦にでかけて一番思ったことは

相撲という競技そのものの持つ 様式美 ということでした。

この幕内土俵入りから始まって、横綱土俵入り

呼び出しや行司の立ち居振る舞い

また、一戦一戦の前に行われるしきたりのひとつひとつが

みごとに美しいのです。

相撲には、それほど興味のなかったゆる子なのですが

今回あらためて、この国技のもつ美しさに不思議なほど心惹かれました。


そんな話をダディさんとしていたら

翌日読売新聞の四季というコラムに

長谷川櫂さんのこんな記事が掲載されていました。


日本文化の最大の特徴は何でも単純化すること。余計なものを次々に捨て去って、最後には美しい丸や四角が残る。
その二つを、しっかり搗(つ)き固めた大地の上に重ねたのが相撲の土俵。そこが八百万(やおよろず)の神々も照覧する勝負の舞台となる。

    方形に 円美しや 初土俵    松平吉生(まつひら よしお)



242.jpg


まさに、私が感じた美しさとは、このことだと思いました。

ゆる子も、そんな日本人の受け継いできた伝統に

やっと気づくお年頃になったということでしょうか(笑)


さて、みごとな土俵入りのあとは、中入り後の取り組みの前に

少し時間があります。

ここで、また相撲好きのママが

『ゆるちゃん、今のうちに花道見に行ってみようよ!』 

と言ってきました^^;


どらどら、とお付き合いしてまずは、ぐるっと回って 西の花道 へ

しかしながら今は警備が厳しく、花道付近でちょっとでも立ち止まっていると

警備のお姉さん?おばさん?に、『はい、立ち止まらないでくださ〜い』

と、注意されます。

一昔前のように、お相撲さんの背中をバンバンたたいたりすることは

間違ってもできそうにありません。

それでも、めげないママはなんとか立ち止まろうとするのだけれど

キラ〜ン! とにらまれます。

そんな中、悠然と立ちどまるおじさんひとり。

『すいません、ここで立ち止まらないでください』

案の定お姉さんに注意されるのですが、ひとつもあわてず

『いいの、いいの、先生待ってるんだから。』

お姉さん 『??? は? せんせいですか??』

『そ、せんせい』 

結局この後どうしたのか追い払われた私たちは知らないのですが

『そっか〜 私たちもあの手でいこうか。。』

ママはこんなこと口走りながらあきらめずに、

今度は東の花道へと走りました^^;

こちらも同じく、お姉さん方がしっかりガードしていると思ったら

何やら話しながら消えていきました。

なんと幸運にも警備の交代時間となったようなのです。チャンス到来!

それいけ! と二人で花道の横の階段へ。。

覗き込むと、中入り後の力士さんが気合を入れながら出番を待っているところ

行司さんも先頭で今や遅しと出番待ち。


失礼して、はいパチリ^^

243.jpg


さあ、いよいよ取り組みが始まるということで、席へ戻りました。

中入り後の取り組みは、やはり知った四股名が次々と登場するため

もう、あっという間に取り組みが進み

最後の横綱の取り組みまでは、いっきでした。

245.jpg
横綱に力水をつける琴欧州関

東の横綱朝青龍 は、ふてぶてしいほどの強さの中に

ホットな優しさが満ちているステキなお相撲さんで、大好きなのですが

やはり、せめてもう一人横綱が欲しいものです。

相撲も外人勢の力強さに後押しされて、一時よりは活気がでてきたようですが

日本のお相撲さんにも、もうちょと頑張って欲しいと思いますね。。



とはいえ、あちこちから声援やヤジが飛び、

熱い闘いに大きなどよめきや拍手がわきあがる

活気の中にも華やかな、お正月の初場所。

観戦を終え、出入り口近くで唄われる 相撲甚句 に送られて外に出たら

今度は強い北風にのって、「櫓太鼓」の小気味よい音がが聞こえてきました。

見上げると強風に揺れそうな、たか〜い櫓の上で

太鼓を叩いているのが見えます

『わ〜 ほんとうに叩いているよ!』

おじさん、おばさんが4人、子供みたいにはしゃいだ冬の夕暮れ。

そして、熱々の、 ちゃんこ を食べて帰りました^^




posted by ゆる子 at 11:52| Comment(18) | TrackBack(1) | 下町めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^

いや〜相撲を見てきたなんて
羨ましいです!
国技館でプロレスは何度か見てますけど
相撲とは違うからなぁ。

相撲はスポーツとか格闘技とは
またちょっと違いますよね。
僕も伝統芸能として見てる部分があります。

簡単にチケットが取れるというのも
ちょっと寂しいですけど
生で見るには今がチャンスなんでしょうね^^
Posted by じゅん at 2007年01月12日 17:48
■じゅんさん、こんばんは^^

お相撲好きなら、もっとうれしいのでしょうけど
ちょっと猫に小判だったかもしれません。。
でも雰囲気はじゅうぶん楽しんでこれました^^

そうか、国技館ではプロレスとかもやるんですね!
同じ国技館でも、相撲とプロレスじゃ
またぜんぜん違った雰囲気なのでしょうね。
今回は、どういうわけか
見ているうちに急に、相撲ってきれいだな〜と
引き込まれてしまって。。
ひとつひとつの所作が見事に形になっているみたいな。。
不思議でしたね^^

相撲も人気は下火なのでしょうけど
たまにこうやって味わってみるのも
いいものです^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月12日 18:59
ゆるこさんこんばんは

お相撲見たんですね。

私は秋場所(九州場所)見に行きましたけど・・・何にも分かりませんでした。
日ごろからみてないのもありますけど、力士の顔がみんな同じに見えるんです(笑)

もしかしたらテレビにゆる子さんたち御一行が映っていたかもしれませんね。

まだまだ寒いので天然家の皆様、風邪など引かないでくださいね
Posted by れいさん at 2007年01月12日 19:10
■れいさん、こんばんは^^

は〜い、見てきました!
れいさんも、九州場所見たことがあるのですかぁ。。
やっぱりパパさんが好きなのですか?
はははっ^^ 
れいさんの気持ちよっくわかりますよ。
お相撲さんって誰も同じに見えたりしますよね!

テレビはちょうど斜め後ろで撮っていたので
おそらく無理だと思います^^;
どちらかというと横綱の後ろ姿を見るような席だったのでねぇ

れいさんのところも、これからは雪が降ったりするのでしょう。
仕事も忙しいでしょうから
れいさんこそ、風邪などひきませんように^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月12日 21:02
ゆる子さん、こんばんは^^

両国国技館。賑やかそうですね^^
相撲は私もあまり詳しくないですが
うちの父がスキで一緒によく見てました。
一度は私も相撲を見に行ってみたいです。

きっとゆる子さん達がいった日も
父はTVで見ていたんだろうなぁ。
そう考えるととても不思議で嬉しいです^^

出番待ちをしている力士さんと行司さんとお付の人。
こんなふうに待ってるんですね。
裏舞台を覗いてるみたいでドキドキです。
近くで見ると迫力が違うんだろうなぁ。
見習いの力士さんを街で見かけたことがありますが
やっぱりすごく大きくて驚いたのを覚えてます。

写真がとても綺麗ですね^^
実際に見るともっときれいなんだろうなぁ。
相撲を見てると戦っている迫力ももちろんですが
立ち振る舞いが美しくて、ついつい見ちゃいます。
さすが日本の国技って感じがしますね。


熱々のちゃんこ。美味しそうです^^
相撲観戦の後にぴったりですね。
Posted by ゆゆ at 2007年01月12日 21:58
近くで見ると、迫力あるんでしょうね〜!
相撲って、すご〜くお高いと思っていましたが
映画2回観るくらいで観れるんですね・・・
それに、他の席はお土産なんてあるんですか?
どんなお土産なんでしょう?
なんだか、へぇ〜!の連続でした^_^;
Posted by 幸せおまけ箱 at 2007年01月12日 22:13
私はまだナマの相撲を見たことないですね〜!
小さい頃は愛子様のように・・相撲好きな女の子でして・・(苦笑)
テレビで相撲見た後に・・・
夜遅くまで起きていて、父と相撲ダイジェストを見ていたくらいなんですが・・・
若乃花・貴乃花あたりから、全然見なくなりました。
でも国技館で見ると迫力あって良いのでしょうね〜!
それと案外お手ごろ価格で入れるのですね〜!
Posted by カカシ at 2007年01月12日 23:08
ああ、ゆる子さん。
今のところ、横綱はひとりでOK牧場なんです!
朝青龍だけで私は大満足。
朝青龍の精神力と並ぶものを持った力士は、今はいないと思います。ダディさんとじいじのご意見は?

たくさんの写真、雰囲気が伝わってきて嬉しかったです。私も詳しくはないのですけど、お相撲大好きです。仕事場で暇な時に相撲サイトを見ていると、同僚のナースからのコメントが口惜しい。私がゆる子さんのこのページを興奮しながら読んでいると、なんと肥満児フェチのアダルトサイトを見ているんだと勘違いした子がいました。その後「来週シフトを交替して」とか頼んできたけど、やだよ。

ゆる子さんと私とでは東京内での行動が似ていますね。国技館とか門前仲町とか隅田川とか。いつか一緒に遊びに行きませんか?? 
Posted by yuko at 2007年01月13日 06:05
国技館・・・これも道の世界です。
札幌場所もあるようですが(ってそんな程度...)
昔よりも、市内でもちょっと行きづらい場所でやるんで...
昔は中心部に近かったので、幟も力士さん(有名じゃない人ね)も見かけたことはあったんですが...。

祖母が大好きで、毎度TV見て興奮してましたが、亡くなってからは見なくなりました。
若貴が横綱になったころかな...。
あまりにも、興奮するので「血圧・・・」とこっちの方が心配だったのを覚えてます。

雰囲気を味わってみたいです。
札幌のとは、まるで違うでしょうから。
国技なのに、雰囲気も知りません。

日本人の横綱が存在するようになるといいですね。

最後の"ちゃんこ"気になります^^
札幌にも一応ちゃんこの店はありますが、そちらに比べたら、極少なんでしょうね。
Posted by ake at 2007年01月13日 08:07
■ゆゆさん、おはようございます^^

はい、この日は大入り満員で、とても賑やかでしたよ!
ゆゆさんのお父さまは相撲がお好きなんですか^^
お父さんの隣でチョコンと一緒にお相撲見ていたのね。。
ゆゆさんの、ちょっとした話から思うのだけれど
きっとお父さまは、ゆゆさんのこと、とっても可愛がっていたのだろうな。。と
そしてゆゆさんも、そんなお父さまが大好きなのかなって^^

出番待ちの場面は、幸運にも見られたのですが
これから勝負に向かう気合みたいなものが感じられました。

写真は皆さんにもお見せしたかったので
たくさん入れちゃいました^^;
すごい望遠めいっぱいなのでちょっと荒いですね。。
実際に見て思ったのは、ふわ〜っと明るい感じでした。
華やかで、活気があって、古めかしくて(笑)
伝統の良さを感じました^^
ちゃんこは、色々な味付けがあるみたいですよ
この日は塩ちゃんこでしたけど
寒がりのゆゆさんも、ポカポカになれるから一度食べてみて♪

Posted by ゆる子 at 2007年01月13日 08:40
■幸せおまけ箱さん、おはようございます^^

私がいたところはけっこう離れていたのですが
近くで見たらすごい迫力だと思います。
砂被りという、土俵に一番近いところでは
きっとすごい迫力でしょう。
ただ、ここは飲食禁止なので
私のような通じゃない人は後ろでワイワイしていたほうがいいかも^^

2階の椅子席の一番安いところなら
わりと手軽に見られる金額です。いい取り組みが近づくと
たいがい一階に下りて立ち見していますけどね^^
お土産つきは、けっこういっぱいありますよ!
以前お土産つきで見たことがありましたけど
お弁当、そら豆、焼き鳥、お煎餅、チョコレート、甘栗、あんみつ、
お酒にお相撲さんの絵柄つきコップ、食器、バスタオル。。
お菓子も、タオルも、食器もお相撲さんに因んだものになっています。
ふぅ〜 でしょ^^;

Posted by ゆる子 at 2007年01月13日 08:51
■カカシさん、おはようございます^^

カカシさんは、愛子さまだったのですか!
相撲ダイジェストまで見るとなると
これは、かなりなものでしょう。
女の子が相撲に夢中ってところが、
なんとも可愛らしくて、微笑ましいな^^

この時に一緒に行ったママが、やはり
娘時代にずいぶんお相撲に入れ込んでいたみたいなんです。
ご贔屓の力士さんとかいると、
やはり夢中になるのでしょうね!
うちは祖母が熱烈なファンで、テレビの画面をなでていたのを憶えています(笑)

やはりナマで見るのはいいものですよ
かつてのお相撲好き少女としては、
帰省のおり、一度足を運んでみてはどうでしょう^^
日にちがギリギリかな。。
Posted by ゆる子 at 2007年01月13日 09:03
■yukoさん、おはようございます^^

えっ?OK牧場なんですか?
ああ、確かに今無理やり横綱を作っても
朝青龍に対して、見劣りしてしまうのかもしれませんね。。
なにせ、朝青龍の強さと精神力は並大抵じゃないですものね!
朝青龍に対抗できる力士のいない現実が悲しいです。
ダディさんに聞いたら、うんちく長すぎて^^;
結局yukoさんと同じような結論ですが
そのうちダディさんのブログになんたら書くと思います。

はははっ^^
やはりアメリカで相撲を知らない人が見たら
ふんどしいっちょのおでぶさんが、異様に見えるのかもしれませんね。。
yukoさんとんだ災難でしたけど、しっかりお返ししてOK牧場ですね^^;
写真は、なかなか国技館まで足を運べない方にも
お見せしたくて、思いっきりたくさん入れちゃいました。

門前仲町ではyukoさんのことダディさんと話していました。
何しろ下町の情緒が好きなんですよ^^
こちらにいらしたら、ぜひぜひ誘ってください。
私の知らない下町をyukoさんの方が知ってそうです^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月13日 09:30
■akeさん、おはようございます^^

国技館って響きが、グッときますよね^^
ところで、札幌場所もあるんですか!!
ちょうどこのあいだも、北ではメジャーな場所がないよね。。と話していたところです。
ドームもできたのだから札幌場所とかあればいいのに
ただローテーションとか、言うにいわれぬ諸般の事情ってのがあるのでしょうね。。

akeさんのお婆ちゃまの興奮すごくわかります!
私の祖母も大鵬の大ファンで、その次が北の湖
もう土俵にあがった時からテレビの画面をナデナデ、
取り組みになると、テーブルがズンズン押されてしまって^^;
ほんとうにすごい興奮ぶりでした(笑)

日本人横綱いてほしいですね。。
今はその器の人材がいないのかなぁ
若い子でガッツのあるのをみつけてこないと^^

ちゃんこは、今度あらためて書こうかな〜と思っています。
この時は塩ちゃんこで、量は確かにあまり多くなかった。
北海道はやっぱり鮭とか入りそうね^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月13日 09:49
おはようございます。

生相撲!
良いなぁ、羨ましい!!
死ぬまでに1度、国技館で生相撲を
見たいものです(大袈裟な・・・)
やはり横綱は東西揃ってないとね。
日本人力士よ、頑張ってくれたまへ。
私が今までで1番好きだった力士は
『千代の富士』『貴闘力』と・・・あと・・・
あぁ!ど忘れ!!
もう一人、素敵な力士が居たのに・・・(泣)

相撲見てちゃんこを食べる。
最高の贅沢♪
日本人ならではの1日でしたね。


Posted by みぃ at 2007年01月13日 10:08
■みぃさん、こんにちは^^

そんな〜 いくらなんでもオーバーな^^
でもあそこに行ってみたいな〜と
叶えたい願いがあるほうが
なんとなくお楽しみでいいかもしれませんよ。
私もね、本場の宝塚って一度見てみたいのよね
東京にもあるけれど、興味はあれどこちらも経験なし
それならせっかくだから本場がいいもんね^^
それと流氷も見てみたい、寒いだろうけれど。。
ああ、いつ叶うことやら。。

『千代の富士』のファンでしたか〜
九重親方はこの日審判で来ていましたよ!
一緒のママがやはり現役時代ファンで
写真とって、とって!!と大騒ぎでした(笑)
遠くで横顔しか撮れませんでしたけど^^;

外は寒かったけれどちゃんこ食べて、相撲三昧な一日
ほんとうにありがたいことです^^
Posted by ゆる子 at 2007年01月13日 13:21
3年前に行きましたよ。座敷席で、お土産もいっぱいありました。お弁当は勿論。お酒も飲み放題。でも、お付の方にご祝儀のしきたりもあり
ました。今も、お土産のお茶碗使っています。

歌舞伎も相撲も久しく行っていませんが
良いものですね。

それはそうと、ゆるチャンの写真の腕前
なかなかのもんです。
Posted by タラ at 2007年01月14日 01:08
■タラちゃん、こんにちは^^

ああ! タラちゃんも行かれたのですか^^
おお、豪華に楽しんでこられたのですね!
我が家も自前じゃきついのですが
ダディさんを可愛がってくださった方のご縁で
以前に何度かお土産つき行ったことがあります。
昨年亡くなられて、もう恩恵にあずかれなくなってしまったのですが
すごい量ですよね、お土産^^;
でも食器は素敵なものも多くて
私も大切に使っています。

歌舞伎は未経験なんですけれど
これまた美しいのでしょうね。。
今は解説付きもあるとか、一度行って見たいです^^

写真はおほめいただきとっても嬉しいですが
賢い今時のカメラが勝手に撮ってくれますから
私の腕前かどうか、怪しいものなんです^^;
Posted by ゆる子 at 2007年01月14日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 両国国技館両国国技館(りょうごくこくぎかん)は、東京都墨田区横網(よこあみ。相撲に関わりの深い土地柄「横綱」と誤読される事がある)にある大相撲の興行のための施設。また、ボクシング、プロレスなどの格闘技..
Weblog: 大相撲情報局
Tracked: 2007-08-01 05:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。