2006年12月04日

りんごのふるさと


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

先週の金曜日、仕事から帰ってくると玄関に じゃ〜ん と大きなダンボール

津軽のじゅんさんから、

あまい、あま〜い りんご が届いていました^^

じゅんさんのところは、津軽のりんご農園!


りんご〜のふるさとは〜北国の〜はて〜〜♪

今日は、真っ白に雪化粧した岩木山が見えるはず。



じゅんさんにおことわりして、お借りした写真です^^
撮影 じゅんさん

214.jpg


9月には、こんなに大事に育てられていた、りんごが

今、我が家にあるんです!


箱を開けたとたん、ふわ〜っと甘い香りが

玄関いっぱいに広がりました^^

じゅんさん、ほんとうにありがとうございました!


217.jpg
ぴっかぴかの、りんご。 ひとつだけ葉っぱもついてました^^


さてさて、子供たちや、ダディさんが帰ってくるなり

『どうよ、どうよ、じゅんさんからりんごいただいちゃったんだから!!』

もう自分で育てて収穫したかのごとく、自慢しまくり

『ありがた〜く、いただくのだよ!』

と、うやうやしく皮をむいて、みんなの前に。

まず最初にいただいたのが、青りんご。


う〜ん、香りが高くて甘くてみずみずしい!!

ここまでにするには、毎日の丹精と、自然まかせの天候をみながらの

大変な日々があるのだろうな〜と思いました。


もともとりんご大好き娘のまりもは、もう幸せ一杯の笑みだったのですが

スマイリーもひとくち食べるなり

『うめえっ! まじ、うめえよ〜』 と連呼。

ほんとうにスーパーで買ってくるりんごとは、ちょっと違います。

さっそくもう一個、赤いりんごを!

いや〜売れまくり^^


そして、荷物を受け取ってくれたじいじはもちろんのこと

翌日には、お隣の 野菊のおばさん にもおすそわけしました。

みんなもちろん、りんごみたいな笑顔になりました^^



そして、昨日の日曜日の朝のこと、

ゆる子の街では、ゴミゼロ運動だったのですが

そこでご近所の、スマイリーの同級生のお母さんと立ち話になりました。

『ゆる子さんのところの、お父さんお元気でいいね〜』

その時、じいじも竹ぼうき持ってお掃除中^^

そして、このママさんのところも、ご主人のご両親と同居なのです。

『うん、ありがたいよ。。
 でも、まりちゃんのところも、おじいちゃんとおばあちゃん
 いつもスーパーでみかけるよ、お元気じゃない!』


足腰は弱っているとはいえ、

ゆっくり歩くおじいちゃんとおばあちゃんの姿は、ちょくちょくみかけていました。

そう言ったら、まりちゃんママ

『それがね、二人ともころんじゃって。。』

びっくりして、きいたところでは

まず、おじいちゃんが、家の中で転んで肋骨を骨折してしまったらしいのです

そして、その数日後、今度はおばあちゃんが

庭の小石につまずいて転び、骨には異常がないものの

打ち身がひどくて動けなくなり、

今おむつで起き上がることもできない状態だそう。。

まりちゃんママが孤軍奮闘しているらしいのです。


ゆる子の住むご近所は、一戸建ての古くからの家が多く

お年よりも多くて、どの家も介護問題とは切っても切れない状態です。

実際ゆる子も、去年まではダディさんのお母さんの介護が続いていました。

まりちゃんママも、それを知っているから

『でも、ゆる子さんも、頑張っていたものね。。』

そんなこと言ってくれたのですが、彼女は今回ふたりいっぺんに倒れてしまって

その大変さは、想像をはるかに超えているはずです。

『自分のからだも気をつけてね』 としか言えず家に戻ってきたら

玄関よこに置いてあったりんごの箱から、

ふんわりと甘い香りがしました。


そうだ、まりちゃんママに持っていってあげよう!

この優しい香りで、少しでも癒されてくれれば。。

おばあちゃん達にも食べてもらえるし。

そう思って、じゅんさんからのりんごを袋につめて持っていくと

『ありがとう!』 と、とってもうれしそうな笑顔になってくれました。

つかの間でも、ほっと一息入れられたらいいのだけど。。

じゅんさんのブログでほぼ毎日、

いや必ず毎日会うことが出来る、愛犬レスキューも、

きっと応援していると思います^^

お母さんがいないと (お母さんって、じゅんさんのお母さんのことです)

ほんとうに悲しい顔になってしまう、レスキュー

会ってみたいかたは、じゅんさん のところへいってみてくだい^^



りんごが届いてからというもの、つい口をついてでる歌が名曲

 『津軽のふるさと』


りんご〜のふるさとは〜

        北国の〜はて〜〜♪



そんな母を見ながら、子供たち

『お母さんの思考回路って、ほんとわかりやすいよね^^;』 

ですとさ。。(笑)



posted by ゆる子 at 15:50| Comment(18) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^

怪我されてるお2人が
早く良くなってくれれば良いんですけども・・・。

りんごもしかして
おすそ分けで無くなったんじゃないですか?
もう少し多めに送れば良かったですね^^;
Posted by じゅん at 2006年12月04日 20:03
■じゅんさん、こんばんは^^

心配いただいてありがとうございます
大丈夫ですよ、じゅんさん
たっくさんありましたもの^^

まりちゃんちは、ちょっと多めにしましたが
じいじも、野菊のおばさんも
若くないので、たくさんはいりません(笑)
美味しいりんごを味わうために
我が家の分は、しかっり確保してあります^^
子供からもおこられちゃいますからねぇ

このあたりは、お年寄りが多いので
みんな他人事じゃありません。
うちも、今はじいじが元気にしてくれていますが
いつどうしても、おかしくないですもの。。
みんな元気なら何よりなんですけどねぇ
Posted by ゆる子 at 2006年12月04日 20:58
りんご本当に美味しそうですね!
羨ましいです*
わたしは青りんごの方が食べてみたいです^^
見ただけでみずみずしさが伝わってきそうです☆
ゆる子さんはスマイリーさんみたいに分かりやすいのですね^^
Posted by hope at 2006年12月04日 21:58
こんばんは、ゆる子さん^^
おお!津軽でたわわに実ったりんごが、はるばるゆる子さんの元に届いたんですね。
赤と黄色のりんごがかわいいです♪しかも黄色は葉っぱつきだぁ。
葉っぱがついてるとなぜか嬉しいです。

まりちゃんママ。。大変そうですね。
ゆる子さんからのりんごが、まりちゃんママのひとときの癒しになってるといいですね。
じゅんさんのりんごがいろいろな人のりんごのような笑顔をひきだすなんて
りんごの力は偉大です(*^^)v
Posted by ゆゆ at 2006年12月04日 22:01
このゆる子さんの記事、昨夜病院のコンピューターで読んでいたら、いきなり純さんのりんごがでてきてびっくり。皆にみせびらかしましたよ!ナース達に大好評でした。食べたわけでもないのにキャーキャー盛り上がりました。あの純さんのちょっと愉快なお母様が育てたりんごだと思うと感無量ですね。まりちゃんママが喜んでくれてよかった。純さんの温かい人柄がこうして日本中に広がるんですね。ブログってそういう意味ですごいなと思います。

まりちゃんママ、私がお手伝いに行ってあげたい。ふたりの介護をお一人でというのははちょっと無理ですよ。心配です。力になれないのがとても悔しいです。
Posted by yuko at 2006年12月04日 23:16
■hopeちゃん、こんばんは^^

ほんとうに、美味しいりんごです^^
やっぱり直接送ってくださるから
新鮮さがちがうのかな〜
とってもみずみずしくて、甘いんですよ〜

そうね、青りんごの方がめずらしいかもしれませんね。
スマイリーもこのりんごが一番気に入ったみたいですよ^^

スマイリーみたいに分かりやすい^^;
あらら〜 hopeちゃんにばれちゃた!
というか、このいあいだ言ったのをよく覚えていてくれて。。
そのとおり、よく似てるんでしょうね、残念ながら^^;
Posted by ゆる子 at 2006年12月04日 23:33
本当に美味しいですよね〜じゅんさんのりんごは!!
私もお友達とおばあちゃん達におすそ分けしましたよ!
まりちゃんママもこの甘い香りで癒されてもらいたいですね〜!
うちもこの間お義父さんが怪我しましたが・・
その1ヶ月前に同居している主人の弟(義弟)が立とうと思ったら・・
足がギクってなって足の小指を骨折したりと・・カカシ家も災難続きですよ〜〜。
(昨年の12月31日にお義母さんが肩を骨折しましたし・・)
来年はいい事があればいいな〜〜!
Posted by カカシ at 2006年12月04日 23:35
■ゆゆさん、こんばんは^^

ほんとうにブログで見ていたりんごが
我が家に今あるのが、不思議でなりません。
じゅんさんの好意で送ってくださったみごとなりんごですが
丹精された愛情が感じられるからなおさら感謝です^^

葉っぱ、うれしいよね〜 ゆゆさんもなの^^
どういうわけだか、葉っぱがついてるだけで
特別な果物にみえませんか?
なぜか蜜柑でも葉つきは喜んでしまう私です♪

そういえば、ゆゆさんも引っ越して一番に買ってきたのがりんごだったのよね^^
キッチンバサミでこまったっけね(笑)
あのまあるくて、赤いりんごを見ると
なぜかホッとしますね。。
ほんと、りんごの力は偉大です^^
Posted by ゆる子 at 2006年12月04日 23:46
■yukoさん、こんばんは^^

びっくりさせてごめんなさい!
そして、わたしばっかり喜んでしまって。
でもじゅんさんは、きっと遠く日本を離れているyukoさんにこそ
いの一番にりんごを送りたかったと思います。
ただ、こういう生ものって検疫とか厳しいのでしょうね。
でもyukoさんは、じゅんさんのアメリカのお姉さんだから、
そんなじゅんの気持ちはとっくに知ってたんですよね^^
ナースさんたち盛り上がってくれて、よかった〜
じゅんさんも言ってるように
今度日本へ里帰りする時は、ぜったいこの季節に来てくださいね^^

まりちゃんママは、ほんとうに大変だと思います。
もともと、人一倍頑張り屋さんなので
無理しすぎないかと心配しています。
yukoさんが、助っ人にきてくれれば百人力なだけどな〜
私も母のときのことが参考になるかもしれないので
また声をかけてみます。


Posted by ゆる子 at 2006年12月05日 00:02
■カカシさん、こんばんは^^

はい!美味しいですよね〜
なんか近所で買ってきたりんごとは、やっぱり一味違いますね^^
ほんとうに、ありがたいことだと感謝です!

カカシさんのところも色々大変だったのですね。。
お母さん大晦日に骨折ですか!!
大掃除かなんかかしら。。
それは大変でしたね〜
実は、うちのお母さんも元旦に転んで
大たい骨骨折、救急車を呼んだことがあります^^;
さすがに、近所でサイレンとめてくれました。
我が家も、まだじいじがいるし。
カカシ家もご両親一緒だし。。
来年も、無病息災お願いしましょうね^^
Posted by ゆる子 at 2006年12月05日 00:16
こんにちわ(^^ゞ

画像見てるだけで香りと味が充満して(笑)
市場を通してスーパーで売られてる物とは違って
格別ですよね!
家族の笑顔が浮かびますよ〜

サニーも妻の姉が釧路にいて
いつも旬の魚を送って頂きましたが
サンマにしろイカにしろ鮭にしろ味は格別でしたよ
今は他界してしまって送って貰うことはできませんが
現場の行き先で季節の物を頂くと地方の香りと
人の温かさをかんじます。

怪我をされたかたにも早く完治して欲しいです。
Posted by サニー at 2006年12月05日 11:00
こんにちは!
カニに続いて、今度はリンゴなんですね!!(リンゴ大好き!笑)
なんだか、津軽のリンゴと聞いただけで美味しそうです☆
リンゴって、香りもいいですよね〜♪
じゅんさんの住んでおられるところ素敵ですね。
寒いのは苦手ですが、行ってみたいです。
大事に育てたリンゴを送ってくださるなんて、いい方ですねぇ。
甘い香りがこちらまで届きそうです!
やっぱり、スーパーのとは違うんですね!
いいなぁ。
たくさん届いたから、色んな方に幸せが配られたんですね。
あ〜、うちが近所だったらなぁ(笑)
ところで、お年寄りはほんの少しのことでも転びますよね(あれ?私もかも・笑)
肋骨を骨折だなんて(泣)
転び方によっては、痛みが一生残ったり、歩けなくなることもあるから心配ですね。
介護は本当に言葉に出せないくらい大変でしょうね。
それなのに、いきなり二人も。
まりちゃんのママさんというお名前だけで親近感があるので心配です。
リンゴの優しい香りや、ゆる子さんの心遣いはとても有り難いと思われたでしょうね。
ところで、愛犬レスキュー!
私、大ファンです(笑)
コメントは残したことないのですが、時々のぞかせてもらってます☆
Posted by まりりん at 2006年12月05日 12:36
ゆる子さん

こんばんは

どんな芳香剤も真似できない、いい香りが我家も続いています。

やはり"じゅんさん母"を思っていただきますね♪
じゅんさんぬきで、語るのもヘンですが^^
物言わぬ"いきもの"育てるのは、どんなに苦労することか...
雨の日も、風の日も。

まりちゃんママさん、いっぺんにですね。
ふとしたことで、お年よりは骨折しちゃうし、寝たきりのきっかけになるわけですから...
病院に働いていた頃は、昨日と今日が別人になっちゃう人、たくさん見てきました。
快方に向かうこと、心から願ってます。

ゆる子さんも、経験者として痛み、辛さもご存知でしょうから、話し相手になったりこれからも支えていっていくんでしょうね。
経験無しの私には、エラそうなことはいえませんが、分かち合えると違いますよね^^
Posted by ake at 2006年12月05日 18:11
■サニーさん、こんばんは^^

いい香りがサニーさんまで届きましたか〜
果汁がジュワっとみずみずしいんですよ^^
毎朝、毎晩食べてます!
息子も自分で包丁とりだして、むいてますもん。
食べたいとなれば、できるってことですね^^

釧路ですか^^
新鮮な魚介類の宝庫なんでしょうね!
美味しさの中に、送ってくださった方の愛情も
感じられるのがまた格別なんですよね。。
地方地方の自慢の味ってあるのでしょうけど
今は農業も、漁業もそれだけで生活を支えていくのは
大変だという話も聞きます。
そういう方たちがいてくださって
私たちも美味しいものが食べられるんですよね。
感謝していただきたいです^^
Posted by ゆる子 at 2006年12月05日 18:47
■まりりんさん、こんばんは^^

味覚の季節、実りの季節の到来です!
まりりんさんも好きですか〜
りんごは、可愛くて美味しいものね^^

じゅんさんのいる、津軽は
ほんとうにきれいなところですよ。
岩木山を望む風景は絶品^^
ただやっぱり雪は大変なんでしょうね。。
ほんとうに、丹精して作ってる様子も
いつもブログを通して聞いているからこそ
また美味しさが増すのだと思います^^
まりりんさんも、近かったら
さっそく運んでるとこだけとこなんだけど、残念^^;

まりちゃんママ、そうか〜 まりちゃんつながりですね^^
からだのお世話だけでなく
ご両親も動けないイライラもあるみたいなので
そちらのケアもしなければならないし。
みんなが元気で過せれば何よりなんだけど
そうもいかないのがつらいことですね。
私もできるだけの力になれればと思っています。

動物大好きなまりりんさんのことだから
レスキューに会いにいってるのではと、思っていました、やっぱりね^^
Posted by ゆる子 at 2006年12月05日 19:14
■akeさん、こんばんは^^

ほんとうに、なんていい香りなんでしょうね。。
ふふっ^^
じゅんさん飛ばしてお母さんねっ!
わかります。風の強い夜に見回りしていたのもお母さん。
じゅんさんのブログを通してお母さんが丹精されているのを知っているからこそ
ほんとうにありがたくて、ますます美味しいのでしょうね。
からだをいとって、お元気で過ごされるといいですね^^

誰もがさけて通れない老いという問題
私も母を通して、色々考えました。
そしていつも思ったのは、お世話をしている自分よりも
なおいっそう世話をされている人はつらいだろうということ。
明るいのが一番の持ち味の母でさえ
『あなたたたちに、面倒をかけるばかりで申し訳ない、
もう死んじゃった方がいいね。。』
と、何度か言ったことがありました。
私がそう思わせてしまったのかもしれませんが
介護って、ほんとうに深い問題です。
akeさんの言うとおり、まりちゃんママの話相手になりましょう。
それだけでも、気持ちが楽になるかもしれませんものね^^
Posted by ゆる子 at 2006年12月05日 19:32
ゆる子さんって、本当に素敵な方ですね〜!
いつもブログ読んでて思っていましたが・・・
いつも温かい気持ちにさせてもらっています(*^_^*)
世界中の人が、ゆる子さんのような人だったら
どんなにいい世界になるんだろうって
思ってしまいました(^_^)v
じゅんさん、ゆる子さんからの温かい気持ちで
少しでも救われたのではないでしょうか。
Posted by 幸せおまけ箱 at 2006年12月05日 20:08
■ 幸せおまけ箱さん、おはようございます^^

もう、そんなにほめられると照れてしまいます^^;
でも、ありがとうございます!
ほめてくだだるって、いくつになってもうれしいものですよね^^
でもね、そんなに素敵なとこばかりじゃないんですよ^^;
子供には小言がうるさいし、大雑把だし。。
ええかっこしいのところもあるし。。
世界中が私だったら、ゆるゆるで
みんな大混乱です(笑)
まあ、私はともかくとして
確かにじゅんさんからのりんごで
まりちゃんママもきっと、いやされ
一時でも救われた思いだったのではないかと思います。
丹精され、大事に育てられたりんごの力ですね^^


Posted by ゆる子 at 2006年12月06日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3 ペットボトルの材料が臭いをシャットするんです
Excerpt: ―このパック袋は特殊な加工がしてあるのですか? Oさん 二層構造になっているん...
Weblog: 介護保険・介護用品の基礎情報ならおまかせ
Tracked: 2006-12-20 12:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。