2006年10月22日

色バトンみたいな、祖母の思いで


こんにちは、天然主婦ゆる子です。

さて、今月の始め頃、まりりんさんのブログから

かってにいただきま〜す、ってもらってきた 色バトン

すっかり遅くなりましたが、ちょっぴり私流に変えて

書いてみようかと思いました。

だからバトンのようで、バトンじゃない。。我が儘をお許しください^^;




それでは、はじめま〜す!

好きな色は?

好きな色か〜
なんでしょう(笑)
この色が好きって色は正直言ってないんですよね^^;
身につけるもの、まわりに置くものをみても
あまりポリシーが感じられない。
その時々のこれだっ!て色を選んでしまっているんです。

夕焼けの茜色、すいこまれそうな海の青、
朝顔のむらさき、アジアンタムのうす緑

こんな色も、大好きなのですが色と定義していいかどうか。。

やっぱり答えになってないな〜(笑)


嫌いな色は?

嫌いってわけではないのですが、見ていてちょっとつまらないのは
やはり、黒 や 灰色 や こげ茶。
でも、不思議不思議、着ている服にはこんな色けっこうあります。

ふんわり柔らかな、 グレーのセーター なんて大好き^^
 も奥が深いと思うしね。。

ただ年齢を重ねるにつれ、
きれいな色も身につけるようにしていくといいのでしょうね。。
気持ちも明るくなるかも^^



携帯の色は何色?

シルバー
もう使い始めて4年目の年季が入った貴重品です(笑)



ところで、さっき書いた茜色で思ったのですが
日本古来の伝統色って素晴らしいと思うのですよね〜

よく聞くところで
亜麻色(あまいろ)琥珀色(こはくいろ)抹茶色(まっちゃいろ)
浅葱色(あさぎいろ)瑠璃色(るりいろ)茜色(あかねいろ)


興味があったので調べてみたら251くらいあるみたいです。

せっかくの色バトンなので
ここから、日本の伝統色 シリーズです。

ちなみに、日本の伝統色は こちら で見ることができます。


あなたの心の色は

水色かな。。

色んなものを映して、色の変わる水の色です^^

子供たちにも選んでもらったら、菜の花色でした。
菜の花色っていうと、優しげですが
なんか 黄色い イメージだそうで。。(笑)
まりりんさんが、選んでくださった オレンジ とも通じるところがありますね^^


回してくれた人の心の色は?

桜色^^

まりりんさんの好きな色が白
そして、お友達が選んだまりりんさんのイメージが赤
なので、中をとって、桜色

いつもふゎっと華やかなところもぴったりだと思うのですが^^


この後に、バトンを送る項目があるのですが
今回は勝手にここを割愛して、
ちょうど、秋のこの季節の色にまつわる思い出をひとつ。。


日本の伝統色といって、思い出すものに着物があります。

ちょうど、週末に虫干しをしました。

私は和服はいっさい着ないのですが

母と祖母が好きだったので、思い出したときに虫干しだけしています。

180.jpg
親戚のお姉さんからいただいた、お下がりの銘仙の着物と三尺。
まりもにも、着せました^^



ゆる子がずっと子供の頃一緒に住んでいた母方の祖母は

明治生まれの リサイクル名人

派手になってしまったり、擦り切れた着物は

こんな秋の爽やかなお日様のもと

みんなほどいて、洗い張り をします。

様々な大きさに切られた、色とりどりの端布(ハギレ)は

縁側から庭へ斜めに立てかけた張り板に、

糊をつけて、手際よく貼り付けられていきます。

張り板とは、ちょうど滑り台くらいの幅で、長さが2,3メートルくらいの木の板。

実際この張り板を滑り台にして、遊んだりしたものです^^

すっかり渇いたハギレは、ピンと生まれ変わって

色々なものに、変身していきます。

あるものは、ゆる子のお手玉に、

また、あるものはパッチワークのようにつなげられて敷布団に変身。

なかでも子供心に一番すごいな〜と思ったのは

綿入れ丹前 に生まれ変わった時です。

綿入れ丹前とは
寒い風土で考え出された「綿入丹前」は普通の丹前の中に木綿わたを入れて仕立て、風呂上りには浴衣代わりとして、寝る時は毛布代わりにと大変便利な寝具です。

今はすっかり影を潜めてしまった、寝具ですが

北海道出身の祖母や両親にとって、この綿入れ丹前は必需品。

実家では、この丹前をかけて寝るのがあたりまえでした。

寒い夜も、本を読むのに手を出しても袖から出せるので

うでが冷えないという、すぐれものなのですよ^^


この丹前をハギレを集めて祖母がきれいに仕立てていきます。

父のものは、父らしいこげ茶や藍色を集め。

母のものは、母らしくえんじや海老茶

そして、ゆる子の綿入れ丹前は、桃色や茜色の花柄などの明るい色を集めて

仕立ててくれます。

色とりどりの布を器用につなげて、丹前をしたて

真綿を敷いて、ふかふかの軽い綿入れ丹前ができあがってくるのを

じっと見ているのは心躍る時間でした。

寒い夜に布団に入って本を読むときに、いつも思い出すのが

祖母の綿入れ丹前なんです。

そして、穏やかな秋の陽に華やかに並んだ、色様々なハギレ のこと。

丁寧に生きていた時代だったのだな。。と思います^^




posted by ゆる子 at 17:58| Comment(18) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^

丹前は母が着て寝てます。
温かくて良いのですが
動きにくいので僕は持って無いですけど
かなり熱くなりますよね^^

今でも、冬になれば着なくても良いから
布団と一緒に掛けろと母に言われますども^^;

風邪をひいた時はさすがに聞き入れますけど
重いんですよね。
でも、熱さが半端じゃないので
ほんとに優れものですよねぇ。

このバトン、貰って帰ります。
簡単そうで難しいバトンのような・・・^^
Posted by じゅん at 2006年10月22日 19:06
■じゅんさん、こんばんは^^

わ〜 かの有名なお母さまが着てるんですか!!
うれしいなっ^^
私も今となっては郷愁と言うか
祖母が作らなくなってからは
父も着なくなってしまいました。
まだ探せば売っているのでしょうが
我が家では、丹前は祖母が仕立てるものと決まってしまって
祖母亡き後は、衰退の一途です^^;

確かにじゅんさんが言うように
ちょっと熱いというか
うっとおしいと思うときもありました(笑)
でも、なくなるととても寂しいんですよ〜

風邪をひいたら、丹前!!
お母さんの言うこと、聞いてくださいね^^

ちなみに、私が割愛してしまった最後の項目は
次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい。
(赤、青、オレンジ、ピンク、黒、白)です。
いつでも、じゅんさんの気の向いたときに
じゅんさんの好きなようにしてくださいね^^

私が思うじゅんさんの色は
やはり、白!
純白の白、津軽の雪の白で〜す^^


Posted by ゆる子 at 2006年10月22日 20:38
こんばんは
丹前。。。懐かしいです
むか〜し うちにもありました
昔の人は 物を大切にし ゆる子さんのおしゃるように リサイクル名人ですね
昔模様の 品々 古風でしゃれてると思います
ゆる子さん おばあ様に いろいろ作ってもらえて 自慢だったのでは^^ 
そして おばあ様の あったかさを感じます

Posted by のんのん at 2006年10月22日 21:57
着物をリサイクルされるなんて
とっても素敵ですね〜!
いいですよね、着物って。
自分でリサイクル出来たらいいですよね!
売ってあるのって、とっても高くて
素敵だと思っても手がでないんですよね・・・^_^;
Posted by 幸せおまけ箱 at 2006年10月22日 23:05
■のんのんさん、おはようございます^^

丹前、のんのんさんのところもありましたか!
むか〜しですよね^^
我が家も、おばあちゃんが作らなくなって
すっかり遠い存在になってしまいました。
父はなかなか手放せなくて
ずいぶんボロボロになるまで
かけて寝ていたのですが
さすがに限界ということで、泣く泣く使用中止^^;

おばあちゃんの手はまさに魔法の手
運針なんかも
ミシンのように正確で早い早いっ^^
少し習っておけばよかったものを
見て楽しむ専門でした〜(笑)
そうそう、しゃれた配色のお手玉は
ちょっと自慢というか、大事な愛用品でした。。
人形の洋服や布団も手作りしてくれて
今思えば、おばあちゃんの愛情たっぷりだったのですね^^
Posted by ゆる子 at 2006年10月23日 06:13
■幸せおまけ箱さん、おはようございます^^

昔の人は、無駄にすることってがないですよね
まして明治生まれの祖母は
徹底していました^^;
お米一粒だって、捨てたりせず
お釜にへばりついたお米も水でふやかして
最後まで食べます!
いやはや、びっくりですが
そうやって生きていた時代から教えられることって
たくさんありそうです。
今の自分を振り返ると、おばあちゃんから叱られそうで。。^^;

着物って、見ているだけで楽しいですよね。
柄とか色合いとか、すごいな〜と思います。
虫干ししながら、母や祖母のこと思い出しました。
なかなか手がでませんね〜
実際買っても着ないだろうし^^
Posted by ゆる子 at 2006年10月23日 06:22
今日も素敵な日記どうもありがとうございました。昨夜一睡も出来ないまま仕事に行ったので随分荒んだ心で家に戻ったのですが、ゆる子さんのお話を読んで癒されました。ゆる子さんは、桔梗の色。

私の祖母も端布を使ってお手玉やお人形の寝具を作ってくれたことを思い出しました。どこにいっちゃったのかなあ。ゆる子さんはお祖母様の作って下さったものまだお手元にありますか?

ゆる子さんと一緒に丹前を縫う会を作ったら楽しいでしょうね。お嬢さんのまりもさんに丹前の縫い方教えてあげて下さいね。
Posted by Yuko at 2006年10月23日 10:23
こんにちは!
おぉっ!私の名前が!(笑)
色バトン、やってくださってありがとうございます☆
しかも、いいお話に変身していて嬉しいです☆☆☆
好きな色の夕焼けの茜色や、すいこまれそうな海の青などなど、ゆる子さんらしくて素敵です。
自然の色っていいですよね〜。
私も白が好きとか言いながら、黒い服なんかたくさん持ってます(笑)
携帯を4年目も使われてるってスゴイですよね!
私のは故障すると買い替えるんですが、だいたい1年かなぁ。
ゆる子さんは物を大事に使われるから見習わなくちゃ!!
ところで、日本古来の伝統色が251色もあるとは知りませんでした!!
日本人だからか、なぜか落ち着く色ですよね〜。
不思議です☆
瑠璃色の瑠璃とか、茜色の茜とか名前の人もいますよねっ。
ゆる子さんの心の色、まりもちゃんたちが言われるように菜の花色って、すっごい分かります!!
私は、たんぽぽと迷ったんですよ(笑)
でも、もう少し明るくしたくて、柔らかいオレンジって、記事には書きました!
私の心の色が桜色っていいです〜!(笑)
めちゃ嬉しいです☆
桜色が似合うように頑張るぞっ!
ところで、なかなか着る機会はないのですが、私、着物が大好きなんですよ!
着物のリサイクルも素敵ですねぇ!
私なんて、巾着にするくらいしか思い付きませんでした。
綿入れ丹前って初めて聞きましたが、丹前の中に木綿わたを入れてあるんですね〜。
これは、暖かそう!!
こちらでは見ないなぁ。
冬に欲しいかも。
手縫いで仕立てていくんですよね?
スゴイなぁ。
うちは祖父母ともに私が物心つく頃には居なかったので、こういうの見たかったなぁって思います。
本当に丁寧に生きていた時代ですね。
使い捨ての現在に反省です。
Posted by まりりん at 2006年10月23日 17:35
■Yukoさん、こんばんは^^

お仕事お疲れさまでした^^
Yukoさんの仕事はとっても細かい心遣いがいる
大変な仕事なんですよね。。
でもYukoさんに、癒されて回復していく人も
たくさんいることでしょうね!

Yukoさんもおばあさまから、色々作っていただいたんですね^^
私も祖母の手作りは、まだちょっとなら残っていますが
丹前も、お手玉も、使い込んだものほど
もう手元にありません^^;

丹前を縫う会!いいですね〜 楽しそう^^
でも、仕立て方はぜんぜんわからないんですよ。。
一から勉強しないと(笑)
毎日ドタバタ生活に追われていますけれど
チクチク丹前を仕立てるような、
そんなゆったりとした時間が持てたら素敵ですね♪

私は桔梗の色ですか? とってもうれしいです〜
実は7月30日に祖母の好きな花、
白百合と桔梗のことを書いているんですよ!
なんてうれしい偶然なんでしょう、ありがとう^^


Posted by ゆる子 at 2006年10月23日 18:37
■まりりんさん、こんばんは^^

色バトン、すっかり遅くなってしまってごめんなさい!
おまけにヘンシ〜ンなんてね^^;
まりりんさんだから、OKしてくれるかなって
勝手にやっちゃいました(笑)

それにしても、自然が作り出す色にはかないませんよね
花の色ひとつ見ても
どうしてこんな色になるのだろうと思うくらい
素晴らしい色がある。
デザインや絵画を描く人も、
みんな自然をお手本にするらしいですよ^^
日本古来の伝統色もみんな自然からとったのが
名前からもよくわかりますよね。

たんぽぽ、オレンジ、桜、菜の花も
考えてみれば、どれも自然の花や果物の色ですものね^^

おばあちゃんの手縫いはすごかったです!
チクチク運針は、魔法みたい。
昔の人はなんでも手作りしたのですものね
丹前は冬場の読書に最適ですよ^^
でも今は昔と違って、夜も部屋の中は暖かいから
あまり必要じゃなくなっているのでしょうね。

着物は大事にしたい日本の粋ですよね。
まりりんさんも好きだなんてうれしいな!
機会があったら、私も母の着物着てみたいと思いました^^
Posted by ゆる子 at 2006年10月23日 19:02
丹前懐かしいです。
短いのも丹前でいいんでしたか?
部屋着の上から着ていたことも、ありました。
紫色の!でも、日本の伝統色ではきちんと名前があるのだと思うけれど。
この伝統色は、仕事柄見本帳がありますが、すべてに日本の名前がついていること。
これ、日本人なのに名前を知らなすぎだな〜と、いつも思ってしまいます。
いい、色たちなんですよね。
和んだり、刺激的だったり...VIVA にっぽん!です^^

私も、服は黒系が多いです。
スマートに見せたいからσ(^_^;)
あと、カーキも多いんですよね。
いろんな色が着こなせれば、いいんだけどいつも持っているものにあわせやすく無難になってしまいます。
Posted by ake at 2006年10月23日 21:11
■akeさん、こんばんは^^

丹前はちょっと長めのものかもしれません。
短いのは、『ちゃんちゃんこ』の方が近いかも^^
でも、長いか短いかで、まったく一緒よ!
もちろん、綿入れのちゃんちゃんこも
おばあちゃんの手作りで、私も着ていました^^
綿は素朴な暖かさがあるのよね〜
ぬくもりって感じかな。。

色見本帳をお仕事で使ってるのですか^^
見ていると楽しいよね〜
私も出版社の時は使ってたのですが
そういわれてみれば、日本の名前がついていたような。。
うろ覚えなので
akeさんに言われて、そうか〜と思い出したようなものですが
やはり伝統の呼び名って素敵ですね!
VIVA にっぽんね!^^

黒やカーキも、きっと奥が深いのだと思います。
オシャレも気を抜かず、頑張れたらいいのだけど
忙しい朝は、あるものでホイッとね
反省です(笑)
Posted by ゆる子 at 2006年10月23日 23:49
無駄なものなんて、何もない。リサイクル素晴らしいですね♪ 僕のイメージは、ゆる子さんは限りなく白に近い、緑色。優しく自然のイメージ。目にも優しく(^-^)
Posted by うっち〜 at 2006年10月24日 22:58
7月30日のお祖母様のお話読ませていただきました。涙がでました。私近頃本当に荒んでいるので、こういうものを読むと心が休まり思いっきり泣く事ができます。そしてそのあとはすっきり。ありがとう。桔梗は全く偶然だったのですよ!私も嬉しい!
Posted by Yuko at 2006年10月25日 01:35
■うっち〜さん、おはようございます^^

昔の人、特に家を切り盛りしていた女性は
私の祖母だけでなく、
リサイクルの達人だったのだと思いますよ^^
一応私も、家庭を切り盛りしているのですが
祖母たちの足元にも及ばないと思います。
おばあちゃんが、こんな私を見て
『あんなに色々教えたのにね〜』
と、嘆いているかも。。反省です^^;

限りなく白に近い、緑色ですか^^
優しく自然なイメージって、まさに
私の憧れのイメージじゃないですかぁ
うれしすぎっ!!
そんな女性になれるように、がんばろっと^^
うっち〜さんは、優しく光るシルバーかな。。♪

Posted by ゆる子 at 2006年10月25日 06:33
■Yukoさん、おはようございます^^

祖母の記事、読んでくださったんですか〜
うれしいな^^
Yukoさんのコメントで、私も読み返してみましたが
祖母との思い出は私の中で大切な宝物になっているのですね。。
あらためて思いました。

Yukoさんは患者さんのつらさや、ストレスを
心いっぱい受け止めてあげているのじゃないですか?
心が荒むっていうけれど
ほんとうに、それほど大変なお仕事なんだと思います。
そんなYukoさんを、少しでも元気にできたのなら
よかった^^

桔梗は、素敵な偶然ですよね!
ほんとうにびっくりで、うれしかったです^^
きっと祖母に教えられた大事なことのエキスが
ちょっとは残っているのかな?
Yukoさんは、患者さんを元気づける
やさしい秋桜(コスモス)色^^
Posted by ゆる子 at 2006年10月25日 06:51
ゆる子さんは、上品で、深遠な感じのお色が好きなんですね、そう思いました(^v^)。

それから、私も黒とかグレーとか、
やっぱり、面白くないなぁ〜と思います(笑)。

でもやっぱり、ゆる子さんといっしょで、
グレーのふわふわのモヘアのセーター(スーパーで\1000♪)は気に入ってよく着ています♪

あと、お子さんたちが選んだ菜の花色。

やっぱり、ゆる子さんって、とっても明るい人なんだな〜って思いました(^v^)!

私は、オレンジで選ばせてもらいましたが、

厳密に言うと、やっぱり、黄色のイメージもあります(笑)!
それと、ピンクのイメージも少しあります♪
そんなのも混ざったオレンジのイメージです♪


それから、綿入れ丹前のお話!

私も子供の頃、着ていましたよ〜!
「綿入れ」って呼んでたのか、
「丹前」って呼んでいたのか、
いまだに、なんて呼んでいたっけなぁ・・・?と時々思い出しては悩んでいます(笑)。

大阪から埼玉に引っ越したときに、
友達が、「はんてん」と呼んでいて、
それから、前呼んでいた呼び方と明らかに違っていて、それから忘れちゃったんですよね・・・。

でも、こないだ、スーパーに「綿入れ」って書いて売ってあって、うん?これかな?と思っていたところなんです(^v^)。
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2007年01月08日 23:30
■たんぽぽのわた毛さん、こんにちは^^

こちらの記事も読んでくださってありがとう!
上品で、深遠な感じですか〜
そういえば、すいこまれそうな海の青とかそうかもしれませんね^^
ふわふわのモヘアのセーターはお買い得でしたね!
私も1000円なら、飛びついちゃう♪
ふわふわ〜は、気持ちがよくてね^^

私の色は、やっぱり黄色系なんでしょう笑)
ピンクも優しくて嬉しいです。。
そんなイメージ通り癒し系のお母さんならいいのだけれど
いつもというわけにはね^^;

綿入れ丹前、たんぽぽのわた毛さんも着ていたのですか?
うれしいな(⌒-⌒)


そういえば、「綿入れ」という呼び方はけっこう聞くことがありますね^^
私の祖母や両親は北海道出身だからかどうかわかりませんが
丈の短い寒いときにはおるものが、『ちゃんちゃんこ』
丈が長くて寝るときにかけるものを『丹前』と呼んでいました^^
各地方によって色々な呼び名があれど
やはり昔ながらの使い心地のよさゆえ、あちらこちらにあるのでしょうね。。
そういえば、スマイリーがこのあいだ自分で1000円の綿入れを買ってきて
勉強の時にはおっています(笑)
お姉ちゃんいわく、『似合いすぎて怖い』だそうです^^;
Posted by ゆる子 at 2007年01月09日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。