2006年03月19日

足柄山の熊ちゃん


はじめて、遊びにきてくださった方のための天然主婦ゆる子
波乱万丈のこれまで




こんにちは、ゆる子です。

昨日は息子スマイリーの学校の

学年合同懇親会にでかけてきました。

スマイリーの学校は中高一貫の男子校なので

中学校を卒業するとはいえメンバーの顔ぶれも変わらず、

卒業式も簡素なものになりますので

母達にとっては、昨日の懇親会が

一応中学校の区切りみたいなものになります。

『思い出のスライドショー』があったのですが

中一の頃の顔はみな幼くて可愛かったのに

年々たくましい顔つきに変わっていくのが手にとるように分かって

中学時代の男の子の成長の早さには驚かされます。

スマイリーもこの3年間にゆる子の背をはるかに超え

良い友達関係も育っているようです。

これから始まる高校生活の3年間も

素敵な思い出でたくさんにして欲しいな〜と思っています。

それはそうと、昨日は立食形式のバイキングだったのですが

デザートのケーキが出たとたん

母達の長蛇の列であっという間に売り切れ。

ゆる子は出遅れてケーキにありつけませんでした(涙)

代わりのアイスクリームを食べながら

女心を虜にするケーキの魔力にびっくりしたゆる子です^^




さてさて、今日は『母の絵手紙』第二弾。

ダディさんのお母さんアヤ子さんの描いた

可愛い熊さんの紹介です。

『足がら山のチビちゃんガンバッテ』


08.jpg



母はいつも少女のようなところがあり

可愛らしいものに囲まれた生活が大好きで

入院中もぬいぐるみなんかをとても喜んでくれました。

この絵手紙もそのぬいぐるみの中のひとつをモデルにして

『足柄山の熊さんよ!』

なんて言いながら描いていました。

神奈川県の足柄山の近くで生まれた母は

その後小田原に引越しをしたのですが

生まれ故郷をこよなく愛し

ことあるごとに、ふるさとのみかん山のことや

金時神社に孫達を連れていきたわ〜などと

楽しそうに話していました。

病気をした後も箱根までは旅行に連れていってあげられたのですが

足柄までとなるとなかなか遠くて

母の願いをかなえてあげることができなかったのが心残りです。

母からたびたび聞かされた金太郎さんのふるさと

こんどはダディさんと二人ででかけてみようかと思っています。














posted by ゆる子 at 08:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 母の絵手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女の人っていくつになってもケーキは好きですよね。私はあんまり甘いのは苦手ですが、タルトなんかのフルーツがたくさんのっているのが大好きです。
スマイリー君は今度高校生なんですね。高校の3年間って長いようで短い、いい友達に恵まれると良いですね。
ゆる子さんのお母様は熊をピンクで描くなんてなんてラブリーな方ですね。かわいいですね。絵ってその人の人柄が出ますよね。私も姑と仲良くしたいのですが小姑(旦那の実の兄の嫁さん)がとっても意地悪で私にだけ意地悪するんです。誰もいないときに隠れて・・・。私の子供の悪口言われたり・・・。泣いて旦那に言った事もありますが旦那は信じてくれましたが他の人は見たことがないので信じられないと言ってはなしにもならない状況が続いています・・・。私はどうしていいのか悩んでいますがどうにもならない状況が結婚して7年続いています。。。
暗い話になりました、ゆる子さんのお母さんの話また楽しみにしています。
Posted by reiko at 2006年03月19日 15:48
reikoさん、こんばんは。
旦那様のご実家との事情はゆる子はよくわかりませんが、
reikoさんの辛い気持ちはほんとうによくわかります。
とっても理不尽なことですね。
でもご主人が理解しくれていることが
reikoさんにとっても一番の救いだと思います。
誰とでも上手に付き合っていかれれば何よりですが、そんなあたりまえの気持ちが通じない人がいます。
ご主人が理解してくださるのも、きっとreikoさんの頑張りを見ていてのことでしょう。
思ったとおりにいかないのが人生。
そうであれば、reikoさんの大切な家族がまず幸せであることが一番大事なことですよ。
努力してもかなわないことであれば
開き直ってしまうのも手です。
お母さんは笑顔笑顔!
いつかは道が開けることもありますから
今は自分の家族を大切にして
日々を楽しんでくださいね。


Posted by ゆる子 at 2006年03月19日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15060973

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。