2006年02月03日

ゆる子自己紹介 お別れ

今日は、節分。明日は立春。

昼間はぽかぽかと春を感じる空気がいっぱいでした

なんだかこのところ節分に

恵方巻きという太巻き寿司を食べると

福がくるということらしく

スーパーでも、コンビニでも恵方巻き、恵方巻きと

宣伝しています。

みんなと同じことをするのが

あまり好きではないゆる子も

こと、福がくるとか、お金持ちになるとかいう

縁起物にはめっぽう弱い

とはいっても、やはりわが天然家では、ちょっとひねりを入れて

手巻き寿司にしちゃいました(笑)

これって効き目ないのかな。。。

とにかく恵方に向かってだまって、パクリとやってみます

ところで、今年の恵方はみなさん知ってますよね

南南東ですよ^^


さてさて、天然家の歴史の続きは

三世帯同居が始まって5年目の冬、ダディさんのお父さんが腰が痛いということで

病院に行った事から始まります

しっぷをもらって、お母さんの看護疲れだろうと思って、体を休めたのですが

、一向に良くならず

3月に違う病院にかかったところ、すでに末期の肺癌という宣告

誰もが信じられない気持ちでいっぱいでした。

お母さんには知らせずにいましたが

隠し通せるはずもなく

それから二ヵ月後、お母さんのことを最後まで心配しながら

お父さんとのお別れになってしまいました

お母さんを残して先に自分がいってしまうわけにはいかない

というのがお父さんの口癖だったので

どんなにかお母さんのことが心残りだったことでしょう

これからは、ゆる子が中心で介護をしていくから大丈夫

そうは言ってみても

お父さんにしてみれば、心配ばかりがつのり

正直いってゆる子もまだ小さな子供をみながらの看護に不安は増すばかりでした

それでも、やるしかない

優しいダディさんの大切なお母さんなのだから

できるだけ頑張ってみよう

そう決心しました

この5年の間には、ゆる子のおばあちゃんも亡くなり、

大切な家族との辛い別れが続きました。
posted by ゆる子 at 16:24| Comment(1) | ゆる子、天然家のこれまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆる子と言う響きからして、マイペースで、ご家族を愛していられる。そう感じます。

大切なお母さんの看護がんばってください。
Posted by あっキーン at 2006年02月04日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。