2008年09月15日

ゆれる気持ち

こんにちは天然主婦ゆる子です、お元気ですか?

昨日は十五夜、

前日の待宵月は、きれいに空にぽっかりと浮かんでいましたが

昨日は曇りがちだったので、どうだろうな・・と思っていたら

雲の切れ間から、まあるいお月さまが顔をだしてくれました^^

772.jpg



さて久々の我が家はといいますと

まりもは9月いっぱい大学が休みで卒論のテーマ決めと

来年の教員採用試験のための準備、

そしてバイト、バイト^^;

あいまの友達と旅行に行ったり、食事に行ったり。

お小遣いはもういっさい渡していないので

やりくり頑張っているなあと思います。


いっぽうスマイリーの方は、

夏休みのあいだの勉強はうまくいったのか、いってないのか

私のほうは、さっぱり把握していないのですが

やたら最近、焦るなあ〜 焦るよ!と連発してるところをみると

だいぶお尻に火がついてきたのかなと思います。

夢と現実のあいだで、

だんだん現実のきびしさを実感してきたのでしょうか。


そんな中、つい一週間ほどまえのこと

学校から帰るなり

「お母さん、推薦申し込んできたから」

と、びっくりするような事後報告。

えっ?なんで?スマは受験って決めていたじゃない・・


よく訊けば、指定校推薦の出せる評定、

思いがけないレベルの学校に足りていたとのこと。

外から受けたらぜったい受からないもの

だめもとで出してもいいじゃないか。

スマの言葉が、私には安易な選択、

言い換えれば逃げにも感じてしまったのです。

最初から推薦をめざしていたのなら、それは喜ばしい話だけれど

ずっと受験すると頑張ってきた姿勢をここにきて

急に変えようとすることに、カチンときてしまい

スマの話もろくに聞かないまま、叱ってしまいました。


結論から言うと、

評定は足りていたものの、実は一学期の期末で

高校三年間で、ただ一回だけ古文の再試を受けたスマ。

このたった一度の再試が、条件を満たしておらず

結局推薦はとれずじまいでした。


担任の先生からも電話があり

実はスマの学科に出した生徒はほかにはいなくて

再試さえなければ、ほぼ推薦は決まっていたこともきき

本人もショックなようなのでと連絡がありました。


そしてスマの気持ちをきくと

この10月からダディさんが職場が変わることも

少なからず考えてのことだったようなのです。


実はダディさんの勤める会社が本社を売却して

社員も、あちこちへ出向するケースがでてきました。

ダディさんも年齢的には、じゅうぶん該当するわけで

案の定出向が言い渡されました。

もちろん請われてのことで

忙しいながらも、やりがいのある仕事らしく

心機一転でスタートをきることになったのですが

そんな事情をきいていたスマイリー。

自分の受験であまり親に負担はかけたくない

志望校は下げたくないけれど、

受験料、押さえ校への入学金、

そして希望する大学が全滅だったときの浪人・・・

あれこれ考えたら、

ここで思いがけない大学への推薦がとれたなら

両親の負担も減ると

気持ちがゆれてしまったようなのです。


774.jpg


そんな気持ちも察せず、ただ逃げているように解釈してしまったこと

それから親の事情でよけいな心配をさせてしまったことを

後になって後悔しました。


なので、会社こそ変わるけれど、

大学進学を心配するようなことはないことをきちんと伝えました。

ここで推薦がとれなかったのも

きっと、ちゃんと受験しなさいとの何かの意味があってのことだよ

そう話し合って、スマも気持ちをもとにもどし

わかった、頑張るよと言ってくれました。


私たちが思う以上のプレッシャーがあるのだと思います、

ましてこうと決めたら一歩も引かないまりもと違い

優しい分、どうも甘いところのあるスマ。

ここで気持ちをぎゅっと引き締めて

精一杯のことをしてほしいと思います。

精一杯やった結果がだめだだったら、それは仕方ないこと、

お父さんも、お母さんも心配させてごめんね、

でもあなたも頑張ってね、そう伝えました。


昨日から文化祭で、その準備からかかわってるスマ

スマの学校は高三は自由参加なのですが

今まで野球部の秋の大会と重なり、

まともに文化祭にかかわれなかったので

高校最後の文化祭くらい、思い切り参加したかったというスマ。

推薦のことでは、学年を問わず色々な先生から心配してもらい

励ましてもらったスマイリー。

いつもの笑顔ももどりました。

あとは最後まで、きっちり走っていこうね。


今回のことがあった時

頭ごなしにしかってしまった私からのごめんねの気持ちで

スマにこれいい曲だよとすすめた

アンジェラ・アキの「手紙」〜拝啓 十五の君へ〜

スマも気に入ってくれました。


忘れてしまった子どもだった頃の気持ち

今はまだわからない大人の気持ち。

互いが、少し歩み寄ると、きっと道はまた開けてくると思います。

私も少し遠い昔を想い、忘れてしまった気持ちがよみがえり

そんなことを思った秋の日でした。

ダディさんも10月からは新しい職場へ

まりもも後期のスタート

そしてスマはいよいよ追い込み

もちろん私も仕事に励みます。


775.jpg


北海道のakeさんから届けていただいた、

ぷりぷりのジューシーなとうきびを

口いっっぱいにほおばり、しあわせ気分の天然家です。

akeさん、ありがとう^^


すっかりわがままをしていましたが、今回からコメントをあけました、
更新はますますゆっくりになるかもしれませんが
みなさんと、少しずつ言葉を交わしていけたらと思っています^^

                       ゆる子










posted by ゆる子 at 07:55| Comment(12) | TrackBack(0) | スマイリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>互いが、少し歩み寄ると

これは、心の距離だから本当に難しいですね。
上からすぐ物を言う人は大嫌いだったのに、今じゃその人種になりつつある自分がいます。
大きくても小さくても、人格があること。
もちろんすべてではないですが、ふと自分の感覚の型にはめこもうとしちゃう、だめな自分がいます。
自分だって完璧じゃないのにね。
自分の気持ちをきちんと理解してもらえるという、信頼関係のある親子になりたいですけど、「あんにゃろ〜っ!」と追い掛け回しているようじゃ、無理かもしれないと、反省です。

まりもちゃんもスマくんも、立派に成長してってますね。
大学受験は経験無いので、どんなプレッシャーがあるのか想像もつきませんけど、これからがんばって乗り切っていかなきゃですね。
ご家族みなさんそれぞれに、がんばりどころのある時期に、ちょっとエネレルギー補給してもらえたようで、うれしいです。
Posted by ake at 2008年09月15日 23:55
■akeさん、おはよう^^
>上からすぐ物を言う人は大嫌いだったのに、今じゃその人種になりつつある自分がいます・・

母親なんて、みんなそんなところがあるのじゃないかなあ、
私もまったく同じです。
きっとよかれの気持ち、我が子にしっかりしてほしい
困るのはあなた、という気持ちだと思うんです。
もちろんそれは愛情あってこそなんだけど
それでつい心をとりこぼしてる時があって
あとから、ああ、言っちゃった・・ってこともあります。
ただ、まだ小さなうちは
きっちり教えていかなければいけないこともあるよね、
スマくらいの年齢の子と、むらさき君たちとはやはり違ってあたりまえだと思います。
「あんにゃろ〜っ!」って時もあるにちがいない(笑)
ゆずちゃんでも早いかもしれないね・・
思春期を迎える頃から、少し距離をもって
親も冷静になれるといいのだけど、
どうだろう、私もまりもとはずいぶん色々ありました^^;
きっと後から、ああ・・ってわかること。

ただ忘れてる気持ちを少し思い出してみることも
時には必要かなって、今回も思いました。
そんな意味であえて書きました。
少しでもエネルギー補給になったらよかった^^
それこそね、私もakeさんの頃のような
子育て真っ最中の気持ち
忘れてることもあるんですよ、
そんな日々から、エネルギーもらってることいっぱいあります、
私こそありがとう^^
Posted by ゆる子 at 2008年09月16日 06:49
受験って焦りますよね〜
(焦っていない息子がうちにいますが・・・苦笑)
お互いが気を使ってのやり取りだったのでしょうが、親の立場からすると私もゆる子さんのように言っていたでしょうね〜。
でも本当にスマ君は優しいですね・・・色んな事を考えられる素敵な青年!
受験で色々考えたり悩んだりするかもしれないけど、またそれも勉強だと思って頑張ってもらいたいですね!
Posted by カカシ at 2008年09月16日 08:08
スマくん ほんと優しいなぁ
事情を気遣うことが できるなんて。。。
男の子って あとで 分かる事多いですね。

推薦のほうは 残念だったけど
初めから決めてたように 受験への道の再出発ですね。
ぜひぜひ 頑張って欲しいです^^

>ましてこうと決めたら一歩も引かないまりもと違い
優しい分、どうも甘いところのあるスマ。

我が家の 2人も 似た感じかもしれません。
姉 弟 だと そんな感じになるのかな??。。。
Posted by 優 at 2008年09月16日 10:38
■カカシさん、こんばんは^^
ずっとコメントとじていてごめんなさい、
またこうしておしゃべりしてくださり、うれしいです。

私が焦ってもしかたないのだけど、スマが焦る様子をみると
ついつられてしまって^^;
とはいえ、最後の文化祭には行かなくちゃなんて言ってるくらいだし
もう自分のことは自分で決める年頃なのでね、放置します(笑)
ラン君も受験でしたね、早いものだなあ・・
高校受験は、まだ親子で学校見学に行ったりするのでしょう?
学校決めにも親の関わりもまだまだあると思います。
でもまだ9月、まりもが高校受験のとき
最終的に本命志望校決めたのは、なんと12月後半でした。
じっくり、ゆっくりラン君も走り出すと思います^^

スマイリーは、優しいのだけど、ここ一番に弱いというか、どうもプレッシャーに弱い。
ただ今回はスマの心情を察してあげられなかったなあと反省しました。
そしてそんなふうに親のことを考えられ年頃になっていたんですよね。
悩んだり考えたりすることはけしてマイナスじゃない、
はてさて、どうなることやらの受験ですが
私は美味しいものでも作って、気長に待つことにします、
ラン君もがんばれ^^
Posted by ゆる子 at 2008年09月16日 20:01
■優さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます、
ずっと開店休業していてごめんなさい。

優しさからいったら、だんぜんまさや君だな^^
ただ今回は、私も話をよくきかず頭ごなしに
今さら何言ってるのって・・
後からわかり、ほんとうに悪いことしちゃったなって思いました。
17年も毎日見てきてるのに、なかなかそういう気持ちに気づいてやれないんです^^;
優さんなら、きっと落ち着いて話をきくんだろうなあ。

もしかしてと、期待してしまった気持ちを切り換えるのはちょっと時間がいりましたが、
もともと選んでいたはずの道、また勉強気合いをいれ始めました。

まさや君もお仕事がきまって
いよいよ来年は優さんの手元を離れてしまうのですね。
お姉ちゃんのいる弟はどうしても優しいぶん、気弱なところもあるかもですが
まさや君も、これから巣立って、きっとどんどんたくましくなった姿見せてくれるんでしょうね
まりんちゃんに続き、まさや君
優さんもさびしいけれど、うんと楽しみでもあるよね^^
Posted by ゆる子 at 2008年09月16日 20:19
お元気ですか?
うちは、今年もおだんごを作り、ぽん助は大好きなあんこで食べました。

私が受験の時も、国鉄が民営化になるときで、社員だった父が、継続して雇用されるか、給与は…と揺れている時でした。
スマくんの気持ち、よーくわかると共に、
今は、親としての気持ちもわかるようになったなぁ…と思いながら、
読ませていただきました。
Posted by ぽっっぽ at 2008年09月18日 22:39
■ぽっっぽさん、おはよう
ありがとう、元気にしてます^^
ぽっっぽさんも元気?
うっき〜ちゃんも、もうじき7ヶ月なんですね、
びっくりだな。
お月見だんごいいなあ♪
だめかと思ったお月さま、ちゃんと見えましたね、
ぽん助君は、あんこか〜
私もあんこがいいです(笑)

ぽっっぽさんも、ちょうどそんな頃だったのね、
半分子ども、半分大人の年頃だから
自分なりにも色々考えるのでしょうね。
そして自分も大人になって、親になって
ああそうだったのかってわかることがあります。
ただそこで、子供の頃の自分の気持ちを
置き忘れてしまってることもある。
今回も少し大人目線でものを言いすぎたかな、
気持ちをくんでやれずごめんねと思いました。
そして自分がスマの年頃だった頃のことなど思い出してみました。
そんな時に、この「手紙」〜拝啓 十五の君へを聴いて
なんか胸にすっとはいってきたの。
この歳になっても、子どもがこんなに大きくなっても
まだ親として子どもに育ててもらってる気がします^^
ぽん助君たちも、まだまだこれから
いっぱい悩んで、そして楽しんでくださいね^^
Posted by ゆる子 at 2008年09月20日 07:14
ゆる子さん、こんばんは(*^^*)
コメント欄が復活していて嬉しいです。

スマイリーさんやまりもさん
色々あったのですね。

わたしは今お母さんに言われて
将来どうしようかなと考えはじめるように
なりました。

あ、
アンジェラアキさんの曲
今から聴いてみます♪
力もらえますよね*
彼女のピアノの音色もきれいですし
落ち着きます*

そして、北海道のとうもろこしすごくおいしそうです。この間BBQをして、しょうゆを塗って
焼きトウモロコシをいただきました☆
それを思い出し・・、また食べたくなりました(^^♪

また、遊びに来ます*
Posted by hope at 2008年09月21日 19:21
■hopeちゃん、おはよう^^
お返事遅くなってごめんね、
コメントも閉じっぱなしでしたが
また少しずつだけど、お話していきたいと思っています。
いつも、やさしい言葉をありがとう^^

ちょうどhopeちゃんも、
これからの進路を考えていくころででしょうか、
やりたいことが
hopeちゃんの歳で、しっかり決まるということも
なかなか難しいでしょうし
気持ちも色々変わるものだと思うけれど
今年はボランティアのお仕事もしたろうし
お母さまともよく話し合って
少しずつこれからのことを考えていくことは大切ですよね^^

〜拝啓 十五の君へ、きいてくださったかな・・
このあいだもテレビで取り上げられていて
ぜひ今の自分から、未来の自分へ手紙を書いてほしいとアンジェラアキさんが言ってました、
たった二ヶ月先の自分へでもいいらしいの
そうすると、
なんだ、あの時はこんなことで迷っていたのか、悩んでいたのかって
少しでも前へ進む力になるみたいです。
またうんと未来の大人になった自分が読めば
まだキラキラしたピュアな自分を思い出すきっかけになるかもしれないものね^^

トウモロコシ美味しそうでしょう♪
hopeちゃんも食べましたか、
北海道では、トウモロコシのことをトウキビって言うのよ^^
うちの子達も大好きです、
いよいよ味覚の秋ね、hopeちゃんもいっぱい食べて
元気で過してください^^
Posted by ゆる子 at 2008年09月23日 08:50
ゆる子ねーさん、こんにちは^^

いろいろ気遣うことができるってスマ君優しいな^^
スマくんのそういう優しさ、いつも素敵だなって思います。
受験生ってだけで、本人も周りもピリピリしちゃいますね。
お互いを気遣ってのケンカも、
春がくればそれもまたいい思い出になりそうです^^
文化祭が終ったら本格的に受験勉強がはじまるのかな?
スマくん、がんばってね!

とうきび、おいしそう〜♪
白いとうきびってはじめてみました。
実がぷりぷりしてそうで、どれもとってもおいしそうです^^
Posted by ゆゆ at 2008年09月25日 09:57
ゆゆちゃん、すっかり、すっかりお返事がおくれました、
ほんとうにごめんね。
どうもシーサーの不具合なのか
サイドバーのコメントや、コメント数に
くださったコメントが反映されないことがあります、
時々見てはいたのだけどね・・

スマも色々迷いながらも頑張っています、
もともとお気楽極楽のスマなので
そんなことまで考えているなんて
正直言って、思っていませんでした、
知らぬ間に少し大人になっていたんだって
嬉しかったり、自分が恥ずかしかったりね^^;
まだこれからが追い込み、
暢気なところもあるので、こちらも焦らずにすみますが
これから風邪のシーズン、
風邪引きやすい子だから、それだけは心配です、
まぁなるようになるさかな^^

白いトウキビ北海道生まれのゆゆちゃんも知りませんでしたか・・
新しい品種なんだろね
とってもみずみずしくて甘くて美味しかったです、
こんどみつけたらトライしてみてね♪
Posted by ゆる子 at 2008年10月06日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106577199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。