2008年03月18日

春うらら

こんにちは天然主婦ゆる子です。

更新をさぼってるうちに、三月も半ばをすぎました。

まりもの長い春休みもだいぶすぎましたが

この春は受験生をかかえていたこともあり

どこにも旅行もせずに過していたまりも、

あいかわらずバイトの日々です。

554.jpg


そんな合い間をぬって、最近精を出していたのが

彼女がみつけてきたボランティア。

二十歳をすぎた今も、

高校時代のボートのように打ち込むものがみつからず

何か模索し続けているまりも。

まりもが何かをみつけようと悩む姿を見るのは

親としてもちょっとつらいものもありますが

もう大人になっているんだと割り切って

なんとかなるさと思っています。

そんなわけで、春休みの最近は

自分でみつけてきたボランティアに時間をさき

今日もそのことで、とある高校まで出かけていきました。

553.jpg


ボランティアという言葉には色々な解釈があるけれど

それはその仕事をする時々の気持ちも反映されているのだと思います

以前まりもが読んでいた本、

私も気になって読んだ「流学日記」という本に

ボランティアとは、誰かのためにするのではなく

自分自身のためにやらせてもらっている、

ある意味自己満足もあるけれど、そこから見出すものもある

迷っていたことに気づくきっかけになることもあると。

うろおぼえですが書かれていたような気がします。

まさに彼女が今そんな状態かと思います。

求めているものに答えをだすきっかけになるかならないか、

それはわからないし、彼女の苦肉の策かもしれないけれど

それで誰かの役に立ち、もしかしたら探し物がみつかるかもと

彼女自身そこに救いをもとめて、でかけているのだと思います。

だから私は見守るしかできません。

助けを求めてきたら、もちろん親としての手助けはするでしょうが

娘の問題をすべて私が肩代わりできるわけもなく

それに私自身まだ日々は迷いの中です

一緒に悩んでいく姿を見せるしかできないと思います。


e735.jpg


先日、新宿御苑に花に会いに行きました。

久しぶりに会いたいなぁとの友達の誘いに、

ホイホイとばかり、喜びいさんででかけていきました。

この友達とは、もう30年来のつきあい

専門学校時代からのの仲良し4人組のひとりです。


花をみながら、ゆっくり歩きながらいっぱい話をしました。

彼女は私と同じひとり娘で、

高齢になった両親を見舞いに週末は実家へ帰る生活です

今の生活は自転車操業、いっぱいいっぱいなんだと話します。

去年はお父さまの病気があったりで大変だったとのこと

私は自分の生活に追われひとつも知らずにいました。

やっと落ち着いたから話ができた様子、

いちばん大変なときに、なんの力にもなれなかったね、

でもまたこうして会いたいって、声をかけてくれて嬉しいよ

また泊まりにおいで、

ふとんと美味しい料理くらいなら用意するからさ。


こんどは梅、こっちには桜・・

前回は私の説明不足でしたが、今回は正真正銘の桜

今咲くのは寒桜といい、もう少ししてからソメイヨシノが開きます。

園内の地図を広げてあちこち歩きました。



花々を堪能した帰りに、思い切りヘルシーなカレーを食べ

その店で目玉となっている野菜ジュースを飲みました。

私は血液循環をよくし、肩こりを改善するというジュース。


e734.jpg



恐る恐る飲んだけど、これが美味しいの!

にんじん、かぼちゃ、ごま、りんご、レモン♪

じゅわっとからだに沁みるようで、健康になった気がします。


e733.jpg



友達は黄色ジャンボなるジュース、

味見したけど、

ピーマンの香りが気になるものの、なかなか美味でした。


帰りがけに、

まりもちゃんの成人式に何もお祝いできなかったからと言って

娘に、桜の模様が描かれた可愛い缶に入った、

紅茶をいただきました。

紅茶の中にはほんのりやさしい香りのする、桜が開きます


555.jpg










posted by ゆる子 at 16:55| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

これがほんとの家庭教師?

こんにちは天然主婦ゆる子です。

早くも弥生三月ですね、

桃の節句も終わり、まだ寒い日もあるものの

春の日ざしが日に日に強くなっています。

先日ダディさんが仕事で行けなかった伯父の四十九日に

私が代わりにでかけた小田原も、梅が満開

551.jpg


河津桜も咲き

菜の花も黄色の絨毯を広げ、ひと足早い春一杯でした。

こんな可愛いつるし雛も見てきました。


552.jpg


さて天然家はといいますと

まりもは春休みになって、ますますアルバイトに励んでいます。

そしてスマイリーの高校二年生も残すところあとわずかとなり

部活も最後の大会を終えればあとは受験生ブルースの始まりです^^


スマイリーは理系志望です。

もうそろそろ受験に向けての勉強も本格化してくる頃なのですが

理数と社会はまずまずの成績なのと

もともと好きだということもあり、まずはよしとしするのですが

残るは英語と国語。

それで大の苦手だった英語は、

さすがにこれじゃまずいだろうということになって

現在英語だけは塾に通っているのですが、

最後に残ったのが国語です。

現国、古典いずれもあちゃ〜な成績をとってきます。

ことに長文読解は物語文はなんとかこなすものの

論説文となるとまったくお手上げみたい^^;


今回初トライしたセンター試験の模試も

国語がめちゃくちゃでした(泣)

はてさてどうしたものか・・


ここがだめだった、ここがぜんぜんわからないとぼやくスマに

まりもがひと言アドバイス、

それがなかなか的確な助言だったようで

スマも、そっか〜と納得。


その時気づいたのです、

そうだ、うちには専門家がいたじゃないか!

二年前にセンター試験を受けたばかり

そして現役の塾講師。

おまけにまりもの一番得意科目は国語ときてる♪

おおおっ、まりも先生。


そこでまりもと、スマイリーふたりに相談をもちかけました。

週一くらいでまりもがスマの国語家庭教師になること。

しかしこの相談を持ちかける前に

私もしばし考えました。

とかく姉弟といえば、お互いに素直に聞ける話も聞けなくなるもの

教えるほうも、教えられるほうも

身内と思うと甘えもでれば、いい加減にもなることもあるだろう・・


ところが試しに相談したところ

どちらもいいじゃないという返答

もちろんなぁなぁにならぬように、心ばかりのアルバイト料も

まりもに払うことにしました。


週末に一時間、もう3回目くらいになりますが

なんとか順調に授業も進んでいるようです。

時々まりもが

「ちゃんと宿題やってる?」

「はい、やってますっ」 とスマ。

なんだかやけに殊勝な返事^^;


きけば先生の授業はとてもわかりやすいとのこと。

この辺は、ありのまま素直に認めるスマです。

勉強方もアドバイスしてくれれば自力でもどんどん取り組めるはず

これはけっこうよかったかもしれません。


こんなお手軽家庭教師、まぁいつまで続くは定かではないものの

今のところは順調というところです。



来年の今ごろはどうしているのだろうな〜

もちろんもう高校生、

自分の進路は自分でしっかり決めていってほしいと思いますが

それでも心配なのが親と言うもの

あまり気をもませられるのは勘弁してほしいなぁというところです。

しっかり頑張ってくだされ。

まりも先生もよろしく♪


で、まず頑張るのは目の前の期末試験

そして次にひかえるのは、いよいよ部活最後の大会です!






posted by ゆる子 at 19:16| Comment(18) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。