2008年02月24日

熱い想い

こんにちは天然主婦ゆる子です。

昨日の関東地方は、春一番が吹いて大荒れ

乾燥しているうえの強風だったため、黄砂のような

砂埃が舞い上がり、電車もあちこちで止まったり大騒ぎでした。

そういう今日も、まだ強い北風がうなっています。

北国の方も、また大雪、大荒れのようで

被害がなければと思っています。



さて、そんな強風のなか、私はといいますと

かねてからお手伝いをしてきた幼稚園の55周年の

記念式典に参加してきました。


550.jpg


参加と言ってもこちらが主催者側

お客様をお呼びして、万事滞りなく済むように

目配り、気配りの役目。

それでも懐かしい方々にもお目にかかれ

みな笑顔で会が過せたようで、

忙しい仕事の合い間をみながら、ボランティアで通ったこの一年近く

暑い夏の日も一日頑張って作業した甲斐があったね、

やってよかったねと、

無事終えたときは、ほっと嬉しさがこみあげてきました。


年誌に寄稿していただいた、スマイリーの担任だった先生も

遠くから今回かけつけてくださり

小さかったスマの思い出話もできました。


不思議なことに、この先生はスマが幼稚園に入った年少の時の

わずか三ヶ月ばかりのおつきあい。

というのも、入園してすぐに先生のおめでたがわかり

その産休中にご主人の転勤が決まって、

それっきりのお別れになっていたのです。

ところがたった三ヶ月しか担任されていなかったスマなのですが

それからなんと15年近くもたつ今も

なぜかその先生にだけ年賀状を出し続けているのです。


まりもの乗る幼稚園バスに乗りたくて

年少から幼稚園に通いたいと言い出したスマイリー、

なのに、通いだして三日とたたないうちに

「もうぼく、バスいいや」

おいおい、もういいやって、あなた何てことを^^;

そう言ったかと思ったら、もうバスの時間にメソメソし始めました。

大泣きこそしないけれど、グズグズメソメソ・・・

そんなスマをやさしくいつも気にかけてくださったのが

この先生だったのです。

ちょうどその頃の写真を見ると、

なんとも情けない顔をして、

先生の膝にのっているスマが満載です(笑)


そんなままの姿のスマが記憶に焼きついている先生は

「スマ君、今は野球やっているんですよねぇ、
 う〜ん。想像つかないなぁ・・
 でも子供ってそうやってどんどん変わってくんですよね
 今度ぜひ写真を送ってくれるように伝えてくださいね」

しばし思い出話に花が咲きました。

まりもの担任だった先生も、

まりものことを鮮明に憶えていてくださり、びっくり。

先生って、

こうやって何人もの子供たちを憶えていてくれるんだなぁと

なんともありがたくなりました。


できあがった記念誌も、

55年の歴史を振り返る素晴らしいものとなり取材や原稿集めから

携わったので、感慨もひとしお。


548.jpg


私立でも公立でもない

地元の人たちの熱い想いでできた出資立幼稚園。

全国でもこうしたケースはきわめて稀とのこと

近所の魚屋のおじさんが、あるいは地元の子供好きの地主さんが

また自分の子達が通えるような幼稚園をぜひも作りたいと思う

そんなひとりひとりの少しずつの出資で

小さくても熱い力が集まってできた55年前。


オルガンがない、ましてピアノなんて。。といえば

ドーンと現物でピアノを寄付してくださる方もいたそうです。

先生方も薄給にも甘んじ、ボーナスはお餅で支給ということも

何度もあったとのこと。


それでも子供たちのためにという心意気で

スタート時の4人の先生方、誰もシャンと背筋がのびて

みなとても美しいのです。


549.jpg



そんな歴史をひもとくことができ

私とまりもと、スマイリー三人を育ててくれた

この園の55年にかかわれたことを心からうれしく思いました。









posted by ゆる子 at 14:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

三年目

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

しばらく更新をさぼってしまいましたが、

どうも、まりもの二十歳の誕生日を迎えたら

なんとなくひとくぎりがついてしまったような気がしています。


546.jpg



さて、このブログも書き始めてはや三年目に突入しているわけですが

実に我が家のいろんなことを書いてきました。

特に子ども達のことは、

まりもちゃん、スマ君と、親戚の子でも見守るように

いつも気にかけてくださり

ほんとうに嬉しく、ありがたいなぁと思ってきました。

そんな子ども達も、もうすっかり手が離れ

ここに子どもの成長を記す機会もすっかり少なくなってきたこの頃

かといって、大切なここを閉じてしまうという気持ちにも

なかなかならないのですが

今までのスローがさらにゆっくりになると思います。

短期の仕事で、

すっかり怠けぐせがついてしまったのかもしれませんね、

更新がなくても元気でいますので、どうぞ安心してください^^


みなさんのところへは、今までどおり、おじゃましますし

もちろん更新もします♪

ただいま子育て真っ最中のお母さん方や

弟や妹のような方たちまで

ほんとうにここにいると、励まされ、元気がでました。


誰かが少しでも元気になってくれれば

そんな気持ちで始めたここでしたが

振り返ってみれば、

むしろ、私がたくさんの元気をもらっていたのだと思います。

これからもバッチリ元気をいただきますので

どうぞよろしく^^


さて来週の月、火の二日間、また超短期の仕事が入りました。

そういえば、年末から出費続きの我が家なんです。

まずは新年早々まりもとスマイリーの授業料ダブル、

それから次に車検
(この時スノータイヤがもうアウトで臨時出費)

それから追い討ちをかけるように、

洗面台の温水シャワーつきノズルが壊れ・・
(17年たってるのでね^^;)

面白いようにお金が出て行きました(泣)

そのうえ、つい昨日

私の引き落とし専用の銀行口座から

保険料が引き落とせない旨通知がありました。

ふだんのお給料は違う口座なので、

こちらへは適宜入金しておかなければいけないのですが

ついつい忘れがちで、残金がなくなっていたようです^^;


ああ・・また振り込まねば・・

早く来月からの仕事が始まらないかなぁ。

今年ほど仕事再開がまたれる年はありません。

元気でがんばらなくちゃ。

547.jpg

このところ寒さが厳しくなっています、

みなさんも風邪などひかれませんように

元気でお過ごしください^^















posted by ゆる子 at 17:14| Comment(14) | TrackBack(0) | ゆる子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

二十歳

こんにちは天然主婦ゆる子です。

昨日で仕事が終わり、ほっとひといきつきました。

すっかりひさびさの更新です。

一昨日は東京でも雪が降りましたが

この日も早朝から出勤、

それでも白く雪化粧した街もなかなかいいもので

通勤も苦になりませんでした。

入力の仕事も、最初こそあたふたしたものの

このそそっかしい私にしては、まずまず無事に済ませることもでき

最後は入学手続きの手伝いの仕事、

合格証を渡しておめでとうございますという、役得もあり

嬉しそうな笑顔に、思わずうるっとしそうな

ゆる子おばさんなのでした^^



昨日は立春、もう暦のうえでは春なのですね・・

気温こそ低いですが

やはり日ざしには春の気配が感じられるようになりました。

そんな今日は、まりもの二十歳の誕生日。

早いもので、晴れて大人の仲間入り、

幸多き、20代の幕開けとなってくれればと思います。


20年まえの今日、この世に生まれ出てくれたまりも。

昨日はちょうど初めての一歳の誕生日に作った

記念紙を開いていました。
(スマイリーにはありません、ほんと手抜きでスマん、スマ^^;)


544.jpg


好きなものの第三位に入っている白いご飯、


543.jpg


これが今でも一番好きなまりも

食事の時も、まず一番に箸をつけるのがご飯で

それを味わってから、おかずにうつります、

真っ白なご飯さえあれば幸せな子

ほんとうに三つ子の魂百までとはよく言ったものだと思います(笑)


それでも健やかにここまで成長してくれたことに感謝、

最近は母娘の会話も楽しくなり、

やさしい気づかいもしてくれたりするようになりました。

一昨日の雪の早朝出勤のときも、

ちょうど一日模試でお弁当持参のスマイリー、

お母さん忙しいだろうから、私がお弁当作っておくから大丈夫と

自分から声をかけてくれました。

ぶつかってばかりだった高校時代が懐かしくもあり

また大人になったなぁと実感する時でもあります。


今日は新しく始める大学のゼミの初顔合わせとかで

親しい友達は違うゼミのため、女子の知り合いは皆無とのこと

それでも自分がとりたかったゼミだからと決めたこと

新しい出会いも期待しつつ、

ちょっと緊張しているようでもありました。

これからもたくさんの出会いを積み重ね

すてきな大人の女性になっていってくれればと思います。



初めての子育て中に書いていたノートから

ちょうどまりもが2ヶ月の時に作った詩を転記して

まりもの二十歳の記念にしたいと思います。




545.jpg



生きている 生きている 生きている
息をし まばたきをし お乳をのみ
生きている


まぶたに浮かぶ うすむらさきの細い血管
小さな肩が 愛らしいほほの曲線が
呼吸のたびに ふっふっふっと規則的に上下する


どこから来たの?
ふと そう問いかけたくなる


この世に生まれ出てまだ二ヶ月
なのに必死に生きている
小さな指で私の胸にしがみつく
これからどんな人生を生きていくのだろう


こうして私の腕でまどろんだ日々は
あなたの記憶から消えてゆくのだろうけれど
自分の幼かった日々と 母の姿を
この子と自分に重ねながら
小さな あたたかい重みをうでに抱きとめる


生きているって すごいことだ


            1988.4.8 10時53分 雪










posted by ゆる子 at 12:30| Comment(20) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。