2007年11月25日

小春日和

こんにちは天然主婦ゆる子です。

先週半ばは身を切るような寒さの日もあり

秋が急に冬になってしまったような感じがしました。

今年は灯油代が目を疑う阿ような金額、

一昨年からみるとおよそ2倍ほど。

節約、節約と思いつつも

これは我慢できないと、ついにストーブもつけました。


これで紅葉も一気に進むだろうなぁと思っていたら

また昨日くらいから寒さがゆるみ

今日はぽかぽかと暖かくちょうど小春日和の一日でした。


そんな小春の一日

まりもの成人式の写真の前撮りをしてきました。


525.jpg



最近は式の当日よりも、こうやって成人式前に

写真だけ撮ってしまうほうが多いようで

早めだと撮影料金も少し割引になるし

何より混雑しないので、

丁寧にゆっくり撮ってもらえるのがメリットです。

以前から予約をしていたので、お天気や風邪をひかないようにとか

色々心配だったのですが

体調も万全、お天気もおだやかな晴れ、

ほんとうにいい一日になりました。

朝9時に私の運転で美容院に送り、まりもだけ置いて一度引き返し

今度はダディさんも一緒に11時に迎えに行き

12時から写真スタジオで撮影。

町の写真館いいな〜と思っていたのですが

着物一式のレンタルから着付けやこまごまとした面倒まで

いっさいおまかせした仲良しの美容師さんが

懇意のカメラマンの方を格安でと紹介してくださり、

たまにはそれもいいだろうと

記念に親子三人の写真まで撮ってきました。

(スマは部活、男の子はいいのです^^;)


そうそう、ダディさんと二人のショットもサービス

「年頃のお嬢さんとのツーショット、そうそうできませんよ」

そう言いながら、笑うカメラマンさん。

雑談をしながら、まりものいいところをぐいぐい引き出して

惜しげもなくシャッターを切っていく様子はさすがという感じ

不思議なもので、どちらかというとシャイなまりもも

ついのせられて可愛い笑顔になったり、

凛とした大人の顔を見せたり・・

みている私たちまで楽しくなりました。


時おり、

「お父さん、お母さんに感謝だよね」 とか

「二十年間ここまで無事に育ってほんとうによかったね」 とか

かけてくださる言葉を聞きながら

その都度まりもの姿をみては、

ああ、ほんとうに大きくなったものだと

もうじき大人の仲間入りだねと、感慨深いものがありました。


帰り道、近所の氏神様によって

親子三人で手を合わせてきました。

526.jpg


きっと成人式当日は、一日中友達と行動することになるだろうから

こんな一日が、きっといい思い出になりそうです。

小春日和の一日、きっとずっと忘れないでしょう。







posted by ゆる子 at 17:36| Comment(16) | TrackBack(0) | まりも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

野菊ふたたび

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

きのうの朝、

子供たちを送り出してから洗濯物を干していると

とぅるるる〜 とぅるるる〜 と電話の音

朝の7時過ぎなので、てっきり じいじ だわ!と思って出ると・・・

うん?この出だし、いつかどこかで・・


そう、ちょうど去年の今ごろも同じような記事を書いていたんです。

電話のむこうは、お隣のおばさん、

庭にたくさん咲いた野菊をあげたいから取りに来れない?

そんな電話でした。


この「秋の香り」という記事、日付をみたら

ええっ?今日じゃないの!

それも菊をいただいたのが昨日の朝っていうから

なんと菊をいただいたのも、ちょうど一年前の同じ日。

今書きながら調べていて、ちょっとびっくりしています。


おばさんが、この日と決めているわけでもあるまいし、

たぶん偶然の一致、

ちょうどいちばん見事に咲く時期だからでしょうが

一日も違わずに、同じことをしていることに気づき

正直言って、驚いています。

わぁ、今忙しいんだけどな・・

そう思ってしまったのも一緒、あまり成長の見られない自分が

ちょっと恥ずかしくもなりました^^;


524.jpg



さて、そのあふれんばかりの野菊の花。

ただ今年はひとつだけ変わったことがありました。

去年は、私がパジャマを着替える間もないくらいに

すぐに外へ出て、花を自らの手で手折ってくれたおばさん、

今年は、お嫁さんが花切りバサミで

きれいに切ってくれました。

「いくらでもいいのよ、好きなだけ持って行ってね」

優しい笑顔でそう言ってくださるのは、おばさんと一緒だけど

おばさんは、それを縁側に座ってにこにこと見ているだけ、

そう、今年の夏にすっかり腰を痛めてしまって

今は歩くことができなくなってしまったのです。


それでも秋口からやっと起き上がることができるようになり

今はこうして縁側に座ることもできるようになったとのこと、

少しは元気が出たみたいで、ちょっとほっとしました。


さっそくたっぷりの花束、

今年も父のところにある母のお仏壇と、うちのお仏壇と、

リビングにわけていけました。

家中に秋の香り、とくにお日さまの光がさしこんで

ぽかぽかしてくると、ふわっと香ってきます。

ああ、一年たったのだな・・そう思いました。

来年の今ごろも、また同じような記事を書いているのかしら、

それは誰にもわからない。

だけど、おばさんにはまだ元気でいてほしいな、

買ってきた菊の花よりも

元気に、みごとに咲く野菊を見ながらそう思うのでした。



523.jpg













posted by ゆる子 at 13:34| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

三丁目の夕日

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

ちょうど一週間前の先週の土曜日

初日のロードショーで

「オールウェイズ 続三丁目の夕日」を観てきました。

ふふっ、先日はレディースデイで1000円、

そして今回はダディさんと一緒にみてきたので

夫婦どちらかが50歳以上だと使える「夫婦50割引」で

やはりお一人様、1000円なりでした^^


521.jpg



実はこの日の前日に、テレビの金曜ロードショーで

前作の三丁目の夕日を放送していたのですが

たまたま帰りが早かったダディさんも一緒に見ていたのです。


ちょうどこの映画の時代背景が、私の生まれた時、

そしてダディさんが小学校にあがったばかりの頃で

あちらこちらに、懐かしさがいっぱいなのです。

少年達の姿が、幼かったダディさんと重なったり

薬師丸ひろ子演じる、優しくてあったかいお母さんの姿に、

なき母を重ねてみたり・・

買い物籠をさげた母が

夕暮れになっても夢中になって遊ぶ私たちに

「もう帰ってらっしゃい、ご飯よ〜」 とかける

そんな声まで聞こえてきそうな気がします。


見終わってから、ダディさん

「明日の初日のロードショー、見に行ってみようか」 とのお誘い。

「うん、行ってみよう」

もちろん私も即答。



520.jpg



それをすかさずきいていた子がいました(笑)

そう、スマイリー。

フーテンの寅さんや、オールウェイズなんかが好きな面白い子^^

いつもならよほど美味しいものでもご馳走すると言わないかぎり

もう親と一緒にでかけることもなくなっていたのですが

珍しく、僕も観たいから行きたいんだけど・・とのこと。


まりもは、ちょうど友達と一緒に小旅行中だったので

それなら行こうかと、部活帰りに合流しました。

親子一緒に映画を観るなんて何年ぶりだろう・・

いや、ドラえもんだって、ハリーポッターだって

私が連れていっただけ、

ダディさんも一緒にとなると

それこそ10年ぶりくらいかもしれません。


笑って泣いて、温かな気持ちになって帰る道すがら

三人で並んで歩きながら

なんだか三丁目の夕日みたいだね、ってふざけて言ったら。

うん、ほんとうにそうだね、とスマイリー

こんな両親のもとに生まれてほんとうに良かったでしょ、

ますます図に乗って言うと

うん、そう思うよ。

冗談半分で言った言葉だったのに

高校生にもなった、ダディさんより背の高くなったスマの口から、

何のためらいもなくそう言われたことは

なんだか照れくさいような、でもとても嬉しいことでもありました。



519.jpg



これからどんどん離れていく子たちだけど

小さな頃を思い出させてくれたひととき

ぽっとあったかい気持ちになれました。

まりもとも、最近たくさん話をします、

喧嘩ばかりだった高校生の頃もあったけれど

まだ甘ったれの顔も時々は覗かせながらも、

だんだん大人になりつつあるまりもと話すことは

とても楽しいと思うこの頃です。

母も娘も成長しました^^


帰りがけ、ちょっと遅い晩御飯で寄った店で

もちろんたっぷり食べてくれたスマです。

最近はお弁当箱の大きさにもこだわります(笑)

あきれるほどお腹がすくみたい。

まだもう少し大きくなってほしいので、少々燃費が悪いのですが

もうちょっと食費につぎこまざるをえないのでしょうね・・

あと一ヶ月で17歳です^^











posted by ゆる子 at 15:43| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

手を合わせる

こんにちは天然主婦ゆる子です。

全国的に冷え込んできたでしょうか、

北海道では、雪が降ったとか・・

私のいるあたりは、ちょうど中間地点

縦に長い日本です、北と南の便りは違うけど

違うからこそ楽しいのですね^^


518.jpg




そういえば、夜明けの時間も遅くなってきました、

我が家は子ども達が早いので、たいがい私も5時には起きるのですが

もうすっかり暗くなってしまって、起きるのがつらい^^;

でもそんな私と夫の寝室は三階の東向き、

お日さまがでると、きら〜っと朝陽が差し込んできます。

そしてなんとなく、そんな朝陽に手を合わせたくなります。

お日さま、いつもありがとう、

今日も一日平穏に暮せますように! そう祈ります。


別に太陽信仰を持ってるわけじゃないのよ(笑)

手を合わせるということ、

きっとこれは祖母から教えられたこと。



祖母は夫を早くに亡くし、

養女である母のことを女手一つで慈しんで育て上げました。

北海道で農業指導員をしていた祖父のことがほこりであり、

心から愛していたのでしょう。

祖母の昔語りで聞く祖父は私にとっては宮沢賢治のような人

その祖父が、亡くなるときに祖母に言ったそうです。

なんでもいい、神仏に手を合わせて生きていってほしいと、

いつも見守っているからと。


それ以来祖母は夫のいいつけどおり

毎朝お仏壇に向かって手を合わせてきました。

母が仕事で忙しく、祖母に育てられてきた私ですが

いつも朝はお仏壇の前で手を合わせてから、朝ごはんにするよう

小さな頃から祖母に言われていました。

そして通った学校がカトリックのミッションスクール。

ここで過した12年間の月日も

少なからず私に影響を与えてきたのだと思いますが

祖母にとっては、

手を合わせる相手は仏様であろうが、マリア様であろうが

それは、それほど大事なことではなかったようです。


日々に感謝して手を合わせるということの大切さ

それは祖母の姿を通して教えられたことだったのです。


今も毎朝ご先祖様や、母や祖母たちに手を合わせるのが日課です。

ここで気持ちの整理をつけたり、泣きついてみたり

自分のいいかげんさを悔いたり、気持ちを立て直したり。。

その度に、いつも見守られている自分を感じて、

心がおだやかになっていく、慰めてくれるよな〜なんて

思うこの頃です。

それだけ歳をとったということかなぁ^^


つい先日の朝焼け、

517.jpg


早起きもこういう情景が見えるから嬉しいものです。


とりあえず、スマのお弁当もほっぽりなげて

屋上にあがって写真を撮る自分も暢気だな〜と思いつつ^^;





posted by ゆる子 at 13:55| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

こんにちは、天然主婦ゆる子です。

実は書こうかどうか、かなり迷ったのですが

やはり色んな人が読んでいてくださるからこそ

ここへ書いておこうと思いました。



今週の月曜日に、

まりもの幼稚園からの同級生の命がなくなりました。

出勤した職場で最初にきき、日曜日の朝に

自らの命を絶ってしまったとのこと

今集中治療室にいるとのこと

そしてその月曜、職場にいるうちに訃報となりました。


年明けには成人式を迎え

奇しくも彼女が命を絶ったその日は

まりもと一緒に、

美容院に成人式の打ち合わせにでかけていた日でした。

台風一過の秋晴れの朝、いったい何があったのでしょう。

幼かった頃の笑顔が浮かんできます

ご両親の途方に暮れた様子も想われ、胸が痛みます。


たった一つしかない命

どんなにか辛いことがあったのかもしれないけれど

その瞬間に、

あなたを産み落としてくれたお母さんのことを

途方に暮れ、悲しみに暮れる家族のことを思い出してほしかった。


孤立無援と思えるような気持ちのときも

勇気をもって誰かに伝えてくれれば

どこかに道は見えてくるはずなんです。

この広い世界のどこかで、

あなたのことを必要としている人がいるはずなんです。


凍ってしまった心は、甦らせることはできても

なくしてしまった命は甦らない

そのことに気づいてほしい。


そしてずっと後になってから

ああ、生きていてよかった

あの時はなんであれほど辛かったのだろうと

きっと思える日がやってくるはずです。


そしてお父さんや、お母さんにもお願いです。

あなたのことは、この命にかえてもいいほど大事なのだと

機会があるごとに、伝えてほしい。

子どもは親に心配をかけたくないからと

親を悲しませたくないからと、話してくれないこともあるでしょう。


それより悲しいのは、あなたの命がなくなることだよと

どうぞ伝えてください。

それより悲しいことなど、ほかにないと話してあげてください。


516.jpg


ちょっと書くのに勇気がいりましたが

なくなってしまった命を思い

ここに書きました。

今回は、コメントもしにくいだろうし

私も返事が書きにくいので、

コメント欄は閉じさせていただきました。


みなさんのところも、すっかりご無沙汰でごめんなさい

週末ゆっくり遊びに行きますね^^














posted by ゆる子 at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。